全てのジャンル
円~





【女の子の赤ちゃんへの出産祝い】
喜ばれるプレゼントの選び方、人気ブランドを紹介

大切な人に出産祝いを贈りたくても、何を渡したら喜ばれるのかわからず、悩む人もいるのではないでしょうか。

そこで、本記事では出産祝いに向いている女の子向けのプレゼントを詳しく紹介していきます。出産祝いを贈る際のマナーについても解説しますので、女の子の赤ちゃんへ出産祝いを贈る方は、ぜひ参考にしてください。

出産祝いを贈る際のマナー(基本)

まずは、出産祝いを贈るときに気を付けるべきマナーについて、紹介していきます。

出産祝いを贈る時期

出産祝いを贈るのに適している時期は、赤ちゃんが産まれて1ヵ月以内です。もし、出産から数ヵ月経って知らせを受けたとしても、報告をもらった時点から1ヵ月以内に贈れば問題ありません。

なお、出産してから1週間以内はママの体調が安定していないうえ、出産届などの手続きで忙しいため、出産祝いを贈るのは避けるようにしましょう。

出産祝いの金額相場(予算)

出産祝いの金額相場は3,000円~50,000円と幅がありますが、赤ちゃんのパパ・ママとの関係性によって相場が異なります。関係性ごとの金額相場を以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

相手との関係性

金額の相場

  • 友人/知人

    3,000円~10,000円

  • 兄弟/姉妹

    5,000円~30,000円

  • 娘/息子

    30,000円~50,000円

  • 職場関係/知り合い

    3,000円~10,000円

  • 複数人(グループ)

    15,000円~50,000円

出産祝いは、受け取ったパパ・ママもお返しを考える必要があるので、上記の相場を基準にして高価すぎない出産祝いを選びましょう。

包装について

どれほど親しい間柄でも、出産祝いのプレゼントを包装せずに贈るのは失礼にあたります。例えば、現金や商品券であれば熨斗袋を使うようにしましょう。表書きとして贈り主の名前や「祝 ご出産」「御出産御祝」などと記入し贈ります。

贈るのは控えたい出産祝い

プレゼントの中には、出産祝いとして相応しくないものもあります。下記のプレゼントは出産祝いを贈るパパ・ママに悪い印象を与えてしまうこともあるため、出産祝いで贈るのは控えるようにしましょう。

・刃物

刃物は食材を切ることから、「縁を切る」と連想されしまうことがあります。おめでたいお祝いには適していないので避けましょう。また、赤ちゃんが刃物を触ってしまいケガをすることも考えられるので、出産祝いのプレゼントとしておすすめできません。

・ハンカチ

ハンカチは涙を拭くことから「別れ」をイメージさせてしまうため、出産祝いには向きません。もし贈る場合は、赤ちゃん用のバスタオルや、パパ・ママが使う用に高級タオルを贈ると良いでしょう。

・日本茶

日本茶は葬儀や法事などでも配られ、死を連想してしまう方もいます。そのため、お祝いごとには不向きなプレゼントですので、ノンカフェインの紅茶を贈ると良いでしょう。

・大型のプレゼント

ベビーベッドのような大型なものは、置き場所に困って迷惑になる可能性があります。また、既に購入している可能性もあるため、贈る相手から希望がない限りは贈らないほうが無難です。

・アルコールやカフェインが含まれた飲み物

女の子の赤ちゃんに限らず、赤ちゃんが産まれたママは飲み物に気を配るようになります。母乳で赤ちゃんを育てるママは、アルコールやカフェインを控えることもありますので、出産祝いとしてアルコール飲料やコーヒーなどは避けたほうが良いでしょう。

・縁起が悪い金額やお札の枚数

出産祝いのプレゼントとして現金や商品券を贈るケースもあります。現金や商品券を贈ること自体に問題はないのですが、贈る金額や枚数には注意しましょう。金額や枚数に共通するのですが、数字の4と9という数字は「死」や「苦」を連想してしまい、出産祝いなどのお祝い事には相応しくないとされています。

女の子への出産祝いの選び方

続いて、女の子向けの出産祝いを選ぶ方法について、紹介していきます。プレゼントの色やデザインに迷ったら、ぜひ下記のポイントを参考にして選んでみてください。

女の子向けの色

女の子へ贈る出産祝いとして人気の色は、ピンクや白です。その他にオレンジなどの中間色(パステルカラー)も選ばれることもあります。最近ではネイビーやグレーなどの暗い色を好むパパ・ママもいます。

一目で女の子用のプレゼントだとわかるものであれば、基本的にどのような色を選択しても喜ばれるでしょう。

人気のキャラクター/デザイン

女の子へ贈る出産祝いで定番のデザインは、フリルやレースが付いたものです。また、ドット柄や花柄、動物のイラストが描かれたデザインも人気です。ベビー服の好みはママの趣味が反映されやすいので、贈るベビー服のデザインに迷ったらママの服装をチェックしてみましょう。

お子様の人数(何番目)

出産祝いを贈るときは、産まれた赤ちゃんが何番目の子なのかを把握しておくのもポイントです。初めての赤ちゃんならベビー用品を贈れば問題ありませんが、2人目以降では一般的なベビー用品を既に持っている可能性があります。

また、2人目以降で初めて女の子の赤ちゃんが産まれたという場合は、女の子向けのベビー服などをプレゼントする方法もあります。

悩んだら、直接聞いてみるのも◎

初めての出産祝いで何を贈れば良いのかわからない、相手の欲しいものの見当がつかないという方は、直接パパ・ママに聞いてみると良いでしょう。出産祝いを贈るパパ・ママが本当に欲しいものを贈れ、相手にもお祝いの気持ちが伝わりやすいのでおすすめです。

ただし、欲しいものを聞かれても遠慮してしまうパパ・ママもいるため、できればいくつかの選択肢を用意して、その中からパパ・ママに選んでもらいましょう。

女の子へ贈る もらってうれしい出産祝いプレゼント8選

ここでは、出産祝いにピッタリなプレゼントを紹介していきます。出産祝いに何を贈るか悩んだときは、下記を参考にプレゼントを選んでみてください。

ギフトセット

出産祝いに何を贈るか迷った方は、ギフトセットを贈るのがおすすです。ギフトセットも種類が豊富で、スタイやバスタオルなど基本的なものが揃っているギフトセットや、カタログギフトタイプのものもあります。価格帯も幅がありますので、贈るパパ・ママとの関係性でギフトセットを選べる点も人気が高いポイントです。

オシャレ出産祝いに!人気ブランド7選を紹介

ここでは、オシャレな出産祝いを準備できるブランドを7つ紹介していきます。
オシャレ好きなパパ・ママに贈るのであれば、下記のブランドを選ぶのがおすすめです。

Ralph Lauren(ラルフローレン)

ラルフローレンは、イギリスのファッションをもとにしたデザインが特徴なブランドで、上品さとカジュアルさを併せ持っています。高級感のあるプレゼントを贈りたい、赤ちゃんの外出用の洋服をプレゼントしたい、という方に向いています。

miki HOUSE(ミキハウス)

ミキハウスは日本発のベビー服ブランドで、世界的にも有名です。独自の厳しい基準で全商品の安全性をチェックし、赤ちゃんにも安心して着せられる商品を提供しています。パパ・ママからも信頼のあるブランドなので、贈る側も安心してプレゼントを選べるでしょう。

MARLMARL(マールマール)

マールマールはオシャレさを重視するパパ・ママにとって、うれしいプレゼントが揃っています。最旬のベビー服やスタイを取り扱っているため、可愛い出産祝いを選ぶのにピッタリなブランドです。

kontex(コンテックス)

今治タオルも製造していることから、通常のバスタオルや赤ちゃんに着せることもできるフード付きバスタオルが人気です。独自の製法で作られたバスタオルは優しい肌触りですが、ふんわり軽くボリュームがあります。ギフトセットも豊富に扱っているので、お気に入りのプレゼントが見つかるでしょう。

Amorosa mamma(アモローサマンマ)

アモローサマンマはオーガニックコットンにこだわったブランドです。オーガニックコットンの色合いを活かし、自然な風合いに仕上げられたベビー服はアトピーやアレルギーなどの赤ちゃんでも安心して着ることができます。

e-baby(イーベビー)

流行のトレンドを取り入れ、良質な生地を使ったカジュアルブランドです。デイリーで着ても飽きないデザインで、オシャレなパパ・ママに贈ると喜ばれるブランドです。可愛いキャラクターをあしらったデザインもあり、女の子の赤ちゃんにピッタリです。

gelato pique(ジェラートピケ)

大人の部屋着として人気が高いジェラートピケですが、赤ちゃん用の洋服も販売しています。赤ちゃん用の部屋着には抗菌防臭加工が施されており、嫌な臭いから赤ちゃんを守ります。ジェラートピケを贈る場合、赤ちゃんの部屋着に加え、赤ちゃんと同じデザインの部屋着をパパ・ママに贈ると喜ばれます。

女の子の赤ちゃんには可愛らしいプレゼントを贈りましょう!

出産祝いは相手との関係性によって金額相場が変わるので、事前にチェックしておくことが大切です。また、女の子の赤ちゃんに贈るプレゼントはピンクや白、中間色(パステルカラー)の色を選び、女の子らしいプレゼントを選びましょう。

何を贈れば良いのか迷ってしまったら、相手に直接聞いても問題ありません。大切な方へすてきな出産祝いを用意し、祝福の気持ちを伝えましょう。

社会的責任[CSR]