全てのジャンル
円~





お供え

ご親族や親交のあった故人へのご供養に、
心を表すお供え物を。

贈る相手から選ぶ

  • ご親族には
    お供えとしてよく選ばれるお菓子は、故人が好きだったものを用意するとよいでしょう。和菓子や洋菓子いずれでも構いません。日持ちのする缶詰の詰め合わせも同様に喜ばれます。
  • ご友人には
    弔意を表す供花は、家族が花瓶を用意しなければならないので、籠花やアレンジメントが好まれます。ろうそくは線香ほど種類がありませんが、普段使うことのない絵ろうそくや和ろうそくで遺族の心を癒しましょう。
  • 上司や目上の方には
    線香の煙は極楽浄土への道しるべと言われており、香りはご遺族様の心も落ち着かせる効果も期待できます。果物をお供え物として持参する場合は、かごに盛られているものを選びましょう。
  • 同僚には
    生花はすぐに傷みお手入れが大変なので、プリザーブドフラワーを供える人が増えているようです。水やりが不要な上枯れないので喜ばれますよ。日持ちのするジュースやお茶の詰め合わせもよく選ばれています。

予算から選ぶ

お供えの相場は、3,000円~5,000円が一般的です。特に親しい間柄ですと、10,000円程度を包まれる方もいらっしゃるようです。

ランキング

法事・法要、お供えで今選ばれているギフトはこれ!ランキング結果から、喜んでもらえるプレゼントを選びましょう。

ROOMユーザが選ぶお供え

楽天ROOMのユーザが選ぶお供えはこれ!みんなのおすすめから素敵な贈り物を見つけよう。

マナー・ガイド

■お供えとは?

お供えとは、故人の冥福を祈って霊前にお供えする、食べ物、お花、線香などのことです。

■お供えはいつ届ける?

お供えを持参する場合は、当日受付にてお渡しください。お通夜、葬儀に出席できない場合、注文して店舗や業者に届けてもらうこともあります。お通夜にお供えするものは、当日の午前中で、葬儀のお供えするものは、前日中に届けましょう。

■お供えは何を贈る?

お供えの定番は、食べてしまえば場所をとらない和菓子(詰め合わせ)や 乾物・粉類などの食品や、 消耗品の線香や タオル、 供花の胡蝶蘭や 百合などです。
お供えを用意するとき、いくつか考えいれないといけないことがあります。まず、お供えは持ち運ぶものなため、重いものやかさばるものは避けましょう。また、最後に出席者に分け合って持って帰ることもあるので、食べ物、飲み物を贈る場合は、日持ちのするもの、小分けに包装されているものがおすすめです。
また、宗教によってお供え物も異なります。仏式ではお供えとして生花や 果物、 お菓子など、 神式では、魚(海の幸)、野菜(山の幸)、お菓子、 果物、 乾物などが使われます。 キリスト教でしたら、カトリックの場合は祭壇へ一切供物を供えませんが、プロテスタントの場合は生花のみ供えられます。

■お供えのタブーとは?

お酒を飲まない人にとっては、アルコール類は嬉しくないものであるため、選ぶ際に気をつけましょう。また、仏教では肉や魚などの殺生を連想させるもの、バラなどの棘がある植物などは、NGとされているため贈らないようにしましょう。

■お供えの予算はどれぐらい?

お供えを贈るときの相場は、3,000円~5,000円程度が一般的です。

ギフト関連の注目企画はこちら

ギフトの贈り方について

よくある質問・FAQ

楽天市場でギフトを買うときの
「よくある質問」をチェック!

メッセージ文例

贈るシーン別に、
メッセージ文例をご案内します。

のし・水引・表書きガイド

熨斗(のし)の選び方について、
わかりやすくご説明します。

送付先リスト活用ガイド

送付先リストを活用して、
ギフト管理を簡単に!

その他のギフト企画

社会的責任[CSR]