全てのジャンル

れんこんのいわれ・おせちレシピ

おせちの中でも人気の高いれんこんのいわれ・意味についてを解説します。お正月にれんこんを食べる由来や起源をご存知ですか?さらに、おすすめのれんこんを使用したレシピも紹介中です。楽天市場のおせち特集ではあなたがお探しのおせちがきっと見つかります。

れんこんとは?

れんこん

れんこんは、ハスの地下茎が大きくなったものです。れんこんの断面は多数の穴がありますが、この穴から「未来が見通せる」、「将来の見通しが良くなるように」とという願いも込めて古くから縁起の良い食べものとされています。おせちでもお酢で味付けした酢れんこんや煮物にも使え、家庭で大活躍の一品です。

れんこんのいわれ・由来

れんこんのいわれ・由来れんこんはその穴から「未来が見通せる」、「将来の見通しが良くなるように」という願いも込めて古くからとても縁起の良い食材として古くから重宝されているものの一つです。

れんこんのおすすめレシピ

お正月には見た目も華やかな「花れんこん」も人気ですね!

料理レシピ

材料
  • れんこん3〜4cm×2個
  • 大匙2
  • 大匙2
  • 砂糖小匙2
  • 小匙1/3

作り方

  • iconれんこんは皮をむいて3〜4cmの厚さに切る。

    飾り切りしやすいように真っ直ぐな中心部分を使用します。
  • icon鍋にいれてひたひたに水をいれて火にかける。

    沸いたら弱火にし3〜4分煮る、裏がえして1〜2分煮て火を通す。
  • iconれんこんの穴と穴の間に切り込みを一本入れ、そこに向かって左右から切り込み、花形にしていく。
  • icon用途に合わせてスライスする。
  • icon甘酢レンコンにする場合は甘酢の材料とフライパンに入れてさっと加熱して冷ます。

おせち大集合

おせちが種類豊富に勢ぞろい!定番人気やランキング、口コミ高評価など、今年のとっておきがきっと見つかります。

  • 定番

    定番

    世代を超えて不動の人気

  • 老舗

    老舗

    老舗や有名店の厳選おせち

  • 百貨店

    百貨店

    百貨店・ホテル・料亭のおせち

  • 高評価

    高評価

    レビューや口コミを参考に

  • ランキング

    ランキング

    ショップ別人気ランキング

  • 海鮮

    海鮮

    カニやエビなど海の幸を一緒に

  • 洋風・中華

    洋風・中華

    洋風・中華で一味違う新年を

  • 解凍不要

    解凍不要

    冷蔵・チルドのおせち

  • キャラクター

    キャラクター

    子供も一緒に楽しめる

  • ご当地

    ご当地

    地域別のおせちが満載

  • 特典付き

    特典付き

    おまけ付きや割引など

  • お試し

    お試し

    事前にお試し

予算から探す

おせち料理を予算別で探したい方に。10,000円以下から20,001円以上まで価格別でご紹介します。

  • 10,000
    以下

  • 10,001円~
    15,000

  • 15,001円~
    20,000

  • 20,001
    以上

人数から探す

おせち料理を人数別で探したい方に。少人数の1〜2人前から大人数の6人前以上まで人数別でご紹介します。

1~2人前

1~2人前

3~4人前

3~4人前

5~6人前

5~6人前

6人前以上

6人前以上

2019年 特選ショップ

おせち特集に力を入れている特選ショップのおせちをご紹介!

なぜ早期予約がお得なの?

おせちを通販で購入するご家庭が増えるにつれて、おせちの予約開始も年々早まっています。
楽天市場でも9月頭から予約を開始しており、早期予約をしてくださった方にお得な特典サービスが付いてくることも!
直前に購入すると人気のおせちが売り切れということもしばしば…欲しいおせちをお得に手に入れたい!と考えている方は早期での予約がオススメです。

開催中の注目キャンペーン

他にも見逃せない企画が満載!

リアルタイムでランキングをチェック

※ランキングデータ集計時点での販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

※掲載されている商品内容及び商品説明は、各出店店舗の責任によるものであり、楽天市場はその内容について何ら保証、推奨するものではありません。

クーポン
【楽天市場】れんこん(いわれ・意味・レシピ)|おせち年越し特集2019
社会的責任[CSR]