全てのジャンル

おせち料理には
一つひとつに意味がある

お正月に食べるおせち料理。縁起物だということは知っていても、意味を詳しく知らない方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おせち料理の由来や詰める中身について深掘りしてみましょう。今まで知らなかったおせち料理の意味を理解すると、食べるときの意識も変わりますよ。

そもそも“おせち”って何?

おせちとは、弥生時代ごろに中国から伝来された、季節の節目を祝う「節」文化に由来するとされています。おせちは漢字で「御節」と表記し、平安時代ごろには、五節句(1/1、3/3、5/5、7/7、9/9)の日に「御節供(おせちく)」と呼ばれる特別な料理が神様に供えられていました。

元来の御節供の中身は、その土地で作られていた食物でした。その後、時代の移り変わりとともに少しずつ変化し、人々の暮らしが豊かになるにつれ、山の幸や海の幸をふんだんに盛り込んだ立派なごちそうに変化しました。

江戸時代には、現代のような「1年で一番大切な節目の日」=「お正月」に食べるごちそうとして確立されたと言われています。

また、お正月の三が日におせち料理を食べるのは、かまどの神様に休んでもらうという意味合いや、普段から忙しく家事をしている主婦に、年始の三日程度は休息をとってもらうという意味合いもあります。三日食べることが出来るよう、痛みにくく長持ちするように調理方法や味つけにも工夫されています。

おせち料理を重箱に詰める意味

おせち料理は、なぜ立派な重箱に詰められるのでしょうか。実は、おせちを重箱に入れるのは「めでたいことを重ねる」という意味で、縁起を担いでいるとされています。

重箱の段数は、本来は五段でした。しかし時代の流れによって変化し、今では二段・三段・四段のおせちも多く出回っています。

なお、重箱の段は上から「一の重(いちのじゅう)」「二の重(にのじゅう)」「三の重(さんのじゅう)」「与の重(よのじゅう)」「五の重(ごのじゅう)」と呼びます。「四」という数字は、縁起が悪いため忌み嫌われており、使用されません。

“一の重”に詰めるおせち料理と意味

一の重は、一番上に来る段なので、お祝いにふさわしい祝い肴と、
お酒のつまみになる口取り(くちとり)を詰めます。

◇一の重に詰めるおせち料理


・数の子
数の子はニシンの腹子のことです。卵の数が多いことから、子孫繁栄を願います。

・田作り(ごまめ)
原料のカタクチイワシが田畑の肥やしになり豊作になったことから、五穀豊穣を祈願します。「五万米」という漢字をあてることもあります。

・黒豆
黒は邪悪なものを遠ざける色です。また、「黒く日焼けするぐらいマメに働く」という意味もあり、勤勉さや健康を願う料理です。

・たたきごぼう
煮たごぼうをたたいて開き、開運を招く料理です。まっすぐに根を張るごぼうのように、細く長く幸が続くことを願います。また、健康や豊作の象徴でもあります。

・かまぼこ
かまぼこは「日の出」を象徴する食べ物。色の紅白や、鶴などをかたどった飾り切りでめでたさを表し、赤は魔除け、白は清浄の意味もあります。

・昆布巻き
「昆布(こぶ)」は「よろこぶ」という言葉にかかるとされ、縁起が良い食べ物です。また、「子生」と表記して子孫繁栄の意味もあります。

・伊達巻き
書物の巻き物に形が似ていることから、知識が増えることを願います。

・栗きんとん
「金団」という漢字表記から、金運を招くとともに、「勝ち栗」という言葉があるように勝負運を願います。

・錦玉子
黄身は金、白身は銀を表すとされる縁起物の料理です。二色(にしょく=にしき)であることから、「錦」という名前を冠したという説もあります。金銀の糸から錦の布を織れるという考え方により、「豪華」「宝」という意味も込められていると言われています。

・お多福豆
ソラマメの一種を煮た料理です。福をたくさん呼び込むとしてお祝いの席にも使われます。

“二の重”に詰めるおせち料理と意味

おせちの二の重には、縁起の良い海の幸や焼き物を詰めるのが特徴です。

◇二の重に詰めるおせち料理


・鯛(たい)の姿焼き
「めでたい」に通じるもので、七福神の恵比寿様が持っています。色も形も立派で味もよいため、祝い事には欠かせないお魚。

・鰤(ぶり)の照り焼き
「わかし→いなだ→わらさ→ぶり」と出世する魚である鰤を入れ、立身出世を願います。

・海老(えび)のつや煮
海老を茹でると背中の部分がくるりと丸くなることから、「腰が曲がるまで長生きするように」という長寿祈願の意味があります。

・鮑(あわび)
高級食材である鮑は15~20年もの寿命があるとされ、不老長寿を願う料理です。

・はまぐり
対の貝殻がぴたりときれいに合わさっていることから、夫婦円満や良縁を象徴します。ひな祭りのお吸い物にも用いられます。

・とこぶし
鮑に似た貝で、「フクダメ」という別名を持ちます。福が溜まるようにという願いを込めます。

“三の重”に詰めるおせち料理と意味

三の重には、山の幸を中心とした煮しめ(煮物)を詰め、 家族が仲良く結ばれるよう願います。

◇三の重に詰めるおせち料理


・蓮根
仏教では極楽浄土の池に蓮の花が咲いており、けがれのない植物とされます。また、穴がたくさんあり、将来の見通しがきくことを祈る意味もあります。

・里芋
種芋に子芋がたくさん成る様子から、子孫繁栄祈願につながるとされています。

・八つ頭
八つ頭(やつがしら)は里芋の仲間で、里芋と同じく子孫繁栄を願います。また、八つ頭という名前から、頭となって出世できるように祈願したり、「八」が末広がりなことから縁起も良いとされています。

・ごぼう
見た目そのままですが、しっかりと根を張り代々続いていくように、と祈願する料理です。

・くわい
大きな芽が出る=「芽出たい」、つまり「出世」に通じます。さらに、子株がたくさんつくため子孫繁栄の祈願にもつながります。

・手綱こんにゃく
手綱を締めて心を引き締め戦いに備えるという意味があります。また、手綱の結び目が良縁や家庭円満を祈願します。

・たけのこ
タケノコは生育スピードが速いことから、子どもの健やかな成長や家運の上昇、出世などを願います。

・筑前煮
上記に挙げた根菜類などを鶏肉や人参や他の具材と一緒に煮ているため、家族仲を結ぶ意味を持ちます。

“与の重”に詰めるおせち料理と意味

おせち料理の与の重には、
日持ちする酢の物などを詰めるのが一般的です。

◇与の重に詰めるおせち料理


・紅白なます
大根とにんじんと生魚の酢の物(=生酢)。水引(みずひき、ご祝儀の包む紙などにかける帯紐のこと)をかたどっており、お祝いや平安・平和の意味を持ちます。

・菊花かぶ
おめでたい菊の花の形に切ったかぶで、邪気払いや長寿祈願の意味を持ちます。

・小肌の粟漬け
出世魚の小肌(別名:コノシロ)を使うことで出世を願う料理。また、クチナシで黄色く染めた粟で五穀豊穣を祈願します。

・なまこの酢漬け
なまこを湯通しして酢に漬けたもので、形が俵に似ているため豊作を願います。

“五の重”に詰めるおせち料理と意味

五の重は、年神様から頂いた福を詰めるためや、将来の発展の余地を残す「控えの重」として、空にしておくという考え方があります。その他、各段に詰め切れなかった予備の料理を補充用に詰める、家族の好みの料理を詰めるという場合もあります。

家庭や地域差があるので、母親や祖母に家ごとのお作法を確認してみるといいでしょう。

おせち料理を詰めるときのポイント

ここまで五重の場合のおせち料理の詰め方と、それぞれの段・中身の役割、意味を解説してきました。

しかし、二段や三段・四段の場合は五段の場合と詰め方が異なります。また、地域や家庭によっても順番や内容が異なることがあるため、あくまでも参考までにご覧ください。

おせち料理で団らんのお正月をすごしましょう

遠い昔に中国から伝わったおせち料理は、今では日本ならではの文化として根づいています。一つひとつの意味を知ると、より一層おせちを作ったり食べたりするのが楽しみになるのではないでしょうか。

新しい年の始まりに、家族みんなでおせちを囲んで団らんの時間を過ごしながら、1年の幸せと健康を願いましょう。

最近では洋風や中華のおせち、「スイーツおせち」と呼ばれる甘いものだけを詰めたおせち料理なども販売されています。ときには趣向を変えて、お店が作った味を楽しんでみてはいかがでしょうか?

おすすめショップ

厳選ショップから選ぶ

厳選ショップ一覧を見る

キーワードから探す

おすすめのページ

リアルタイムランキング

※本企画に参加しているショップまたは指定商品で絞り込んだランキング情報です。

※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

※掲載されている商品内容および商品説明は、各出店店舗の責任によるものであり、楽天市場はその内容について何ら保証、推奨するものではありません。

最近チェックした商品

【楽天市場】おせち料理の意味|2021年のおせち特集
おせち選びのお手伝いをします!
おせち選びの
お手伝いをします
社会的責任[CSR]