全てのジャンル

おせちのいわれ・選び方ガイド

おせちを探すなら楽天市場。人気のお節料理のお取り寄せや、一品一品のおめでたい由来や意味を分かりやすく解説します。家族構成や人数別、定番・老舗・キャラクターおせちまで幅広く探せます。手作りしたい方には人気のレシピも公開中です。

ショップのイチオシ

おせち料理とは?

おせち料理とは?

重箱に飾り保存がきくお正月の料理。これは、「神様をお迎えした新年に台所を騒がせてはならない」という考えによるものだそうです。普段忙しい女性が正月の三が日に休めるように、とも言われます。本来は「年迎え」の膳として大晦日に食べるものでしたが、現在ではほとんどの地方で元日以降に食べるのが普通。ただし、北海道など一部の地方には、かつての名残りで大晦日に食べる風習が残っているようです。地域による作り方やレシピの違いも面白いおせち料理ですが、最近では洋風や中華風のおせちにも人気が出ています。

伝統的なおせちの形式

  • 壱(一)の重「祝い肴(ざかな)」
    黒豆、数の子、ごまめなど。
  • 弐(二)の重「口取り」
    きんとんやかまぼこなど。
  • 参(三)の重「焼き物」
    海の幸中心の焼き物など。
  • 与(四)の重「煮物」
    山の幸が中心の煮物など。

伝統的なおせち料理の重詰めには五段重を使いますが、近年では三段重がよく利用されます。重箱に詰めるのは、めでたさを「重ねる」という意味で縁起をかついだもの。重箱は上から順に一の重、二の重、三の重、与の重、五の重と数えます。四段目が与の重(よのじゅう)と呼ばれるのは四(し)が死を連想させ縁起が悪いと考えられているためだとか。四段重が正式と言われる場合もありますが、これは控えの重(五の重)を省略した形だそうです。

おせち選びのコツとは?
失敗しないおせちの選び方をご紹介します!

おせち料理のいわれ

素材のいわれは江戸時代に作られたとも言われます。素材の名前や形から考えられ、江戸時代の町民のユーモアさが今のおせちに伝えられているようです。ここでは代表的な具材のいわれをご紹介します。

弐(二)の重「口取り」

関連記事

おせち料理にまつわるQ&A

おせち料理っていつ食べるの?

地域によって異なるようですが、おせちを食べ始めるパターンは大晦日と元旦の2パターンあると言われています。一般的な考え方としては、元旦から三が日に食べるのが主流ですが、大晦日に年越しそばもおせちも食べる地域もあり、家庭の出身地や土地によって違うようです。

気になる!年末年始は何するの?

年賀状を送る 72.1% 大掃除をする 67.0% おせち料理を食べる 61.4% 親戚・家族と集まる 50.5% 近くの神社に初詣に行く 40.6% おせち料理を作る 28.5%

実は「おせち」はまだあった?

お正月には沢山の料理が出ますが、実は「お屠蘇」、「お雑煮」、「お重料理」が「おせち」の定義にふくまれています。 年神様と一緒に食事をすることが目的のおせち料理。おいしいお重料理に合わせて、「祝い箸」や「お屠蘇」、「雑煮椀」などを揃えるとより素敵ですね!

リアルタイムで売れ筋をチェック!

【楽天市場】おせち選び方ガイド(いわれ・意味・レシピ)|おせち年越し特集2018
社会的責任[CSR]