おくりものナビについてお客様の声をお聞かせください

女性の還暦祝いにおすすめのプレゼント15選

母親や上司など身近な女性が60歳を迎えた際の還暦祝いには、何を贈ればよいのでしょうか。還暦祝いの由来をたどるとともに、女性への還暦祝いにおけるマナーや選び方、避けたい商品を解説します。さらに、後半では、女性への還暦祝いにおすすめの商品を紹介しますので、プレゼント選びの参考にしてください。

還暦祝いとは?

還暦祝いというのは、60歳(数え年で61歳)のお祝いのことをいいます。

「還暦」とは、十干十二支(じっかんじゅうにし)が一回りし、生まれた年の干支に戻る(赤ちゃんに戻る)ことを意味する「本卦還り(ほんけがえり)」のことです。昔は60歳まで生きると長生きと考えられていたので、長寿を祝うとともにこれからの健康を願うために、還暦祝いが行われてきました。

もともとは、魔除けの意味を持つ「赤」を取り入れた「赤いちゃんちゃんこ」を着てお祝いをしていましたが、現代では60歳でも元気な方が多く、人生の節目として祝うことが一般的になっています。

女性への還暦祝いのマナー

還暦祝いをする時期

還暦祝いは、満年齢で60歳(数え年で61歳)を迎えたときに行うことが一般的です。誕生日に祝うことが難しい場合は、お盆、年末年始、ゴールデンウィークなど家族や親戚が集まりやすいタイミングで行うと良いでしょう。

また、退職する女性には、退職祝いと兼ねて還暦祝いをすることもおすすめです。

還暦祝いは何をしてお祝いしたらよい?

還暦祝いには、何をすると喜んでもらえるのでしょうか。例を挙げてみます。

・贈り物をする

還暦を迎えた記念に、プレゼントを贈りましょう。名入れができるものや、高価で本人がなかなか買わないようなものを選んでみてはいかがでしょうか。後ほど、プレゼントの選び方について詳しく紹介します。

・本人を囲んで食事会を開く

大人数では集まりづらい世の中ですが、主役が好きな料理やケーキでお祝いしましょう。大切な家族や友人との食事会は、主役本人もきっと喜んでくれるはずです。

・記念撮影をする

主役を囲み、写真屋さんで記念撮影をしましょう。写真は形として残るので、思い出に刻まれる還暦祝いになるでしょう。

・一緒に旅行をする

母親や義母の還暦祝いには、旅行に連れて行くと喜ばれるのではないでしょうか。かつて親子で行った思い出の地や、今まで訪れたことのない名所を訪ねてみましょう。

還暦祝いをする時、服装はどうしたらよい?

暦祝いのときには、どのような服装で参加すればよいのでしょうか。主役と、お祝いをする参加者に分けて紹介します。

・還暦の女性(主役)

祝われる方は、ワンピースや、ブラウスにスカート、着物など、フォーマルな服装をするとよいでしょう。赤を取り入れた服装(スカーフなど)をすると、還暦らしさを感じられておすすめです。

また、赤いちゃんちゃんこを着る場合は、白や黒といったモノトーンの服装にすると赤がよく映えます。

・還暦の女性(主役)以外の方

主役とかぶる赤系の衣装や、派手な色、柄、デザインの服は避けましょう。

女性は、淡いピンクや、ベージュ、パステル系など、明るくて華美でない色の衣装できれいめに仕上げます。男性はスーツスタイル、もしくは清潔感のあるシャツやポロシャツにスラックスでも良いでしょう。

還暦祝いのプレゼントにかける熨斗(のし)の種類

女性への還暦祝いの熨斗のマナーを紹介します。水引は紅白の蝶結びを選びます。紅白はおめでたいことに、蝶結びは何度も結び直せるため、何回あっても良いお祝いに用いられるものです。

表書きは、水引の蝶結びの上に「還暦御祝」と記します。蝶結びの下には、贈り主の苗字かフルネームを書きましょう。2人からの場合は連名、3人以上からであれば「家族一同」や「子供一同」とすると良いです。

女性の還暦祝いのプレゼントの選び方や予算は?

女性の還暦祝いの贈り物を選ぶときのポイントをお伝えします。例えば以下のようなものが挙げられます。

・記念に残るもの

人生の節目となるお祝いなので、記念として残るものを贈ると喜ばれます。飾ることができるものや、日常的に使える財布やネックレスなどを贈ってみてはいかがでしょうか。

・赤いもの

赤は魔除けの色で縁起が良いとされています。赤い服やバッグなど身に着けるものも還暦祝いのプレゼントにおすすめです。

・少し派手なもの

地味なものより、明るい色やデザインのものを贈り、華やかにお祝いしましょう。明るいものは、見ているだけでも気持ちを若々しく元気にさせてくれます。

・相手の好みに合わせる

相手の好きなものを選べば一層喜んでもらえるでしょう。好みがわからない場合は、事前に周りの方に聞いてみるか、本人にストレートに欲しいものを聞くのも良いでしょう。

関係性で選ぶときのポイント

女性の還暦祝いのプレゼントを選ぶときは、相手との関係性を考えることも大切です。ここからは相手との関係性別に選ぶときのポイントを紹介します。

・母や義母

ブランドのアクセサリーや高級家電など、自分では買わないようなアイテムを選んであげることがおすすめです。

・女性の先輩や上司

プライベートでも職場でも使えるような、高級文具などを贈ると喜ばれることでしょう。また、ブランドの美容アイテムなどもおすすめです。

・女性の友人や同僚

気兼ねなく贈れるおしゃれな雑貨や小物、お花などのちょっとしたものがおすすめです。相手のイメージに合いそうなアイテムを選んでみましょう。

気を付けたいポイント(避けたいアイテム)

ここまでは、還暦祝いの贈り物の選び方についてお伝えしてきました。しかし、選び方に当てはまるものでも、贈るのを控えたほうが良いアイテムもあり注意が必要です。還暦祝いに避けたい商品の具体的な例を、理由とともにお伝えします。

・日本茶(緑茶)

緑茶は仏事でよく用いられるため、お祝い事にはふさわしくないとされています。日本茶が好きな相手でも、還暦祝いに贈ることは控えたほうが良いでしょう。

・年寄り扱いしたもの

老眼鏡、補聴器、杖など高年齢を象徴するものは、年寄り扱いされた気分になり喜ばれにくいので、避けたほうが良いでしょう。

・ハンカチ

漢字で「手巾」と表記され、「てぎれ」とも読めるので、縁起が良くありません。還暦祝いは慶事のため、縁起の良いものを贈りましょう。

・下着、靴、敷物

踏むものや敷くものなどは、「相手を自分より下に見ている」「踏みつける」という意味に取られやすいので避けましょう。

・現金

具体的な金額が目でわかる現金は、目上の相手への贈り物にはふさわしくないと考えられています。

プレゼントの予算(相場)

還暦祝いの贈り物の予算はどれぐらいを目安にすれば良いのでしょうか。相手との関係ごとに、相場の金額があるので、参考にしてください。

贈る相手

予算

  • 母や義母

    30,000円~50,000円

  • 女性の上司や先輩

    5,000円~10,000円

  • 女性の友人や同僚

    3,000円~10,000円

  • 連名で贈る場合

    1人あたり3,000円~5,000円程度

迷ったらコレ!女性に贈る定番の還暦祝いのプレゼント

母や義母へのおすすめプレゼント

女性の上司や先輩へのおすすめプレゼント

女性の友人や同僚へのおすすめプレゼント

連名で贈る場合のおすすめプレゼント

センスの良い還暦祝いで祝福の気持ちを届けましょう

還暦を迎える女性へのお祝いの気持ちがきちんと伝わるような還暦祝いを選びましょう。特に女性は年齢に対してデリケートになりやすいので、マナーを守り、相手の趣味に合わないものは選ばないように気をつけることも大切です。

心からの感謝や、祝福の気持ちを贈り、相手が還暦を迎えてよかったと思える記念の日にしましょう。

フラワーギフトランキング

女性の還暦祝いで今選ばれているギフトはこれ!ランキング結果から、喜んでもらえるプレゼントを選びましょう。

2024/06/25 更新

※本企画に参加しているショップまたは指定商品で絞り込んだランキング情報です。

※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

※掲載されている商品内容および商品説明のお問い合わせは、各ショップにお問い合わせください。

  • 楽天市場のジャンル
  • 特集・サービス