全てのジャンル
2017年楽天市場のお歳暮特集は終了しました。たくさんのご利用ありがとうございました。次回は2018年11月頃リリース予定です。お楽しみに!
お歳暮冬グルメ TOPへ戻る

喜ばれるお歳暮

はじめに

一年間お世話になった方への、暮れのご挨拶として欠かせない日本ならではの風習がお歳暮です。
最近では「絆」や「おもてなし」のブームもあってか、お歳暮・冬ギフトを贈る方が増えていますね。
どのようなものを贈ると相手に喜んでいただけるか、ご紹介します。

喜ばれるお歳暮の特徴

一年の感謝の気持ちを込めて選ぶお歳暮だからこそ、真心の伝わる心温まるギフトや、センスがキラリと光るギフトを選びたいものです。
「贈る相手の家族構成に合ったもの」や「相手の嗜好に合ったもの」、「長期保存しやすいもの」そして、「贅沢な気分を味わえるもの」が喜ばれるお歳暮の特徴といえます。

喜ばれるお歳暮

ここでは定番商品ではない、「喜ばれるお歳暮」についてご紹介します。
定番商品は一般的に広く喜ばれる商品ではありますが、定番なだけにたくさんお歳暮を受け取られることが予想されるため、
他の方からの品とか重複してしまい収納に困ってしまうかもしれません。

そこで、「季節もの」を贈ることはいかがでしょうか。
年末年始はパーティーやお正月の団らんなどで、家族や親戚が集うことが多い時期でもあります。
その集いの場面で活用できるような商品であれば、受けとった相手もパーティーや来客準備の買い出しをしなくて済むので助かります。
例えば、クリスマスパーティー用に「ローストビーフ」や「ケーキ(アイスケーキなら保存も利いて喜ばれるでしょう)」、「シュートレン」、
年越しに「そば」、おせちの具材にもなる「数の子」、「いくら」、「黒豆」、「昆布巻」、「かまぼこ」、
おせちに飽きた日の団らんに「カレー食べ比べセット」、「ラーメン食べ比べセット」など、
年末の様々な団らんシーンに活用できる商品を選ぶと、より喜ばれることでしょう。

また、旬のご当地ならではの味覚(産地直送ギフト)を贈るのも、季節感がある粋なギフトとして好感を持たれます。
「ご当地もの」は、普段身近でなかなか買うことのできないので非日常・特別・贅沢な印象を抱いてもらえ、非常に喜ばれます。
例えば、北海道の「新巻鮭」や旬のフルーツ「ルレクチェ」、「あんぽ柿」、寒い日によく合う石狩鍋や秋田きりたんぽ鍋、
下関とらふく鍋、カニすき鍋など「ご当地鍋セット」、また、ご当地ならではのB級グルメも人気です。

日頃、身近で揃えられないような食材、この季節でしか味わえない味覚を贈ることで、
美味しいものを届けたいという贈り主の気持ちが、きっと相手にも伝わります。

男女の違い

男性は、ビールやお酒、お酒と肴のセット、お酒を飲んだ後や食事にも合うウーロン茶、野菜ジュース、ドリップコーヒー、インスタントコーヒーの詰合せなどが好評です。
やはり、ビール人気は根強いものがあります。
女性には、見た目にも美しいスイーツや、無添加ジュース、有機野菜・無農薬の野菜を使ったギフト、米油、オリーブオイル、飲むお酢など、「健康・美容志向モノ」が喜ばれます。
また、男女問わず日頃仕事で忙しい方、特に単身の方や、会社勤めをしながら主婦をしている女性には、仕事から疲れて帰った後でもスピーディーかつ簡単調理で食べられる商品も好まれるでしょう。
最近では「一食小分けギフト」も多く取り揃えられています。
袋のまま熱湯したお湯に入れて煮立てるだけで完成する惣菜詰合せや、レトルトの銘店のカレー、フリーズドライ製法の野菜スープ、
電子レンジで温めるだけで食べられるごはんやうどんなど、簡単手軽に食べられて、保存のしやすい商品がありますので、
先方のライフスタイルや嗜好に合わせてこのような商品を選ぶのも喜ばれるお歳暮選びのコツです。

年代の違い

お歳暮を贈る際は、相手の年代にも配慮しましょう。

50?60代の方へは、年齢にも配慮し、「健康志向の商品」や「手間が少なく調理できて、使い勝手が良く、長く保存できるもの」を選ぶと喜ばれるでしょう。
40?50代の方は、出費の多い世代でもありますので「家族で使える実用的なもの」や「少量でも上質・高級なもの」が喜ばれます。
30代と比較的若い世代の方はお歳暮という風習にあまり馴染みがないことも考えられますので、
少しカジュアルに、自分の好みで好きな時に好きな商品を選べる「カタログギフト」を選ぶのもひとつでしょう。

目上の方へ贈るものは、特に注意が必要です。
「現金」や「商品券」を贈ることは「『貧乏だからこれを使ってください」という意味にとられる可能性があるため、タブーとされています。
また、「靴」や「靴下」、「スリッパ」、「マット」など、足に関連するものは「踏み付ける」ことを連想させるので、目上の方へのお歳暮にはふさわしくないといわれています。
さらに、筆記用具は「勉強・仕事奨励」という意味合いを持たれるので、こちらも目上の方へ贈るのは避けた方がよいとされています。

目上の方に失礼のないものを贈ること、その世代に合わせてふさわしい商品を選ぶことも、喜ばれるお歳暮選びには欠かせません。

まとめ

お歳暮は、もともと直接お歳暮の品を持参して、一年の御礼と感謝をお伝えするのが風習ですが、
今ではインターネットやお歳暮カタログから商品を選んで注文しメーカーや産地から直送したり、百貨店やデパートで商品を選んで宅配依頼をするスタイルに変化してきました。
お世話になった方に感謝の言葉を直接伝えられない代わりに、一年間の感謝の思いをたっぷり込めた素敵な品を選んでお届けしたいものですね。
もらった方から「ありがとう。とても美味しかったわ」と喜んでもらえれば贈った側も嬉しいですし、そこから相手とさらなるよりよい関係・絆ができます。
贈る側も、贈られる側もハッピーになれる、そんな心つながる「喜ばれるお歳暮」を、あなたもぜひ選んでください。

リアルタイムでランキングをチェック

※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数・レビュー情報・あす楽対応の変更や、 売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。
※掲載されている商品内容および商品説明は、各出店店舗の責任によるものであり、楽天市場はその内容について何ら保証、推奨するものではありません。

【楽天市場】喜ばれるお歳暮|贈る相手が喜ぶお歳暮を選ぼう

社会的責任[CSR]