全てのジャンル

お歳暮の時期と期間

はじめに

日頃の感謝を込めて贈るお歳暮は、就職や結婚を機に贈るようになったという人が多いようです。

贈る相手は主に会社の上司や仲の良い友人、親戚などが一般的ですが、そもそもお歳暮は必ずしも贈らなければならないというルールはないそうです。しかし、せっかく贈るのならばマナーを守り、より感謝の気持ちが伝わりやすい形でお届けしたいものですね。

贈る相手との関係性や家族構成などにも配慮しながら商品選びや贈る時期、贈り方などを考えてみてはいかがでしょうか。

お歳暮を贈る時期

お歳暮を贈る一般的な時期は、12月の上旬から20日頃までとされています。 また、遅くてもクリスマス頃までには相手の手元へ届いていると良いでしょう。

この時期を越えるとお正月シーズンへと突入してしまうため、25日までがお歳暮を贈るのに最適な時期といえるのではないでしょうか。 お歳暮に「生鮮食品」を選ばれる場合には、贈るタイミングや時期に注意が必要です。

まずはタイミングですが、生ものを贈る場合、相手が不在であることを避けるために「在宅の確認をする」ことをおすすめします。 旅行シーズンと重なることもあり、この時期に家族旅行へ出かける方も多いと思われますので、さりげなく確認すると良いでしょう。

また、時期については12月20日過ぎに贈る方が相手に喜ばれることが多いようです。 お歳暮の生鮮食品はお正月料理に使用されるケースが多いため、できるだけお正月料理の準備に近い時期に贈ることを心がけましょう。

限られた期間に贈るお歳暮ですから、早めの準備がとても大切です。 ギリギリになって慌てないように、余裕をもって用意しましょう。 11月頃から商品を選び始めても、決して早すぎるということはありません。

地域ごとの期間の違い

一般的には、12月上旬から25日前後までがお歳暮を贈る時期とされていますが、地域によってはその期間に違いがあるといわれています。 各地方の平均的なお歳暮の時期についてご紹介します。

・北海道・・・12月10日以降から20日頃とされています。
・東北地方・・・北海道と同様に12月10日以降から20日頃とされています。
・関東地方・・・他の地方より少し早く、12月1日から20日頃が最適な期間とされていますが、11月末頃から贈りはじめる方もいるといいます。近年では12月上旬に届くことも一般的な光景となっているようです。
・北陸地方・・・12月10日以降から12月20日頃とされています。
・東海地方・・・12月10日以降から12月20日頃とされていますが、12月初旬頃から届きはじめるところもあるようです。
・関西地方・・・12月10日以降から12月20日頃とされています。
・中国地方・・・関西地方と同様、12月10日以降から12月20日頃とされています。
・九州地方・・・関西、中国地方と同様に12月10日以降から12月20日頃とされています。
・沖縄・・・12月初旬から25日頃とされています。

ただし、地域によっては期間が多少前後することがあります。

お歳暮の時期を過ぎてしまったらどうする?

もしお歳暮の時期が過ぎてしまった場合、1月7日までに届けることが可能なら、表書きを「お年賀」として贈ると良いでしょう。 それ以降に届ける場合は、「寒中御見舞」や「寒中御伺」として、遅くとも2月4日頃までには届くようにしましょう。 また、年上の方へ贈る場合には、敬意を表し「寒中御伺」と書くとより思いが伝わります。

沖縄の場合は、現在でも旧正月を祝う地域もあるため、旧暦では「お歳暮のし」でも贈れる場合があるといいます。 しかし、沖縄県の中でも地域によって風習に違いがあるため、確認が必要となるでしょう。

このように、お歳暮の時期を過ぎた場合でもマナーを守り日頃の感謝を伝えることが可能です。

まとめ

お歳暮を贈る時期と期間についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 何を贈るかだけに気を配るのではなく、時期や期間のマナーにも心配りができればより相手にも喜んでもらえるでしょう。

2018注目ショップの人気ギフト

お歳暮特集限定キャンペーン


リアルタイムでランキングをチェック

※ランキングデータ集計時点での販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

※掲載されている商品内容及び商品説明は、各出店店舗の責任によるものであり、楽天市場はその内容について何ら保証、推奨するものではありません。

リアルタイムでランキングをチェック

【楽天市場】お歳暮の時期と期間|お歳暮はいつからいつまでに贈るもの?

社会的責任[CSR]