引っ越しは自分でやれば安く済む!?どれくらい安い?デメリットは?

★ この記事は206回読まれています

引っ越しの荷物が少ない単身世帯の場合や、引っ越し先が近く距離が短い場合などは、自分で引っ越しを済ませてしまおうと考えるご家庭も多いでしょう。
自分で引っ越しをすると、どれくらいの費用が何にかかるのでしょうか。
引っ越し業者さんに依頼をするよりも本当に安いのか考えてみましょう。
また、自分でする引っ越しは、メリットもデメリットもあります。
ここでご紹介するメリット・デメリットが引越しの参考になれば幸いです。

目次
  1. 自分で引越しをすれば安い?何にいくらかかる?
  2. 引っ越しを自分でするメリット3つ
  3. 自分で引越しをするデメリット4つ
もっと見る

自分で引越しをすれば安い?何にいくらかかる?

自分で引越しをする場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
自分で引越しをすると言っても、冷蔵庫や洗濯機の持ち運びがある場合は誰かに手伝ってもらうことになると思います。
今回は、友人に手伝ってもらい、引越しをする場合の料金を見てみましょう。

自分で引っ越す場合にかかる費用

  • レンタカー代
  • 梱包資材費
  • 交通費(ガソリン代・高速代など)
  • 友人への謝礼やお弁当代

冷蔵庫や洗濯機、ベッドといった大型の荷物もあるので、自分で引越しをする場合はレンタカーを借りる方が多いのではないでしょうか。
バンやトラックを1日レンタルすると、1万円前後かかります。※1※2
また、段ボールやガムテープ、養生テープなども自分で購入をすると3000円~5000円程度の費用がかかります。※3
遠方への引っ越しの場合は、高速代やガソリン代が高くなります。
さらに、引越しを手伝ってもらった友人への謝礼や昼食・夕食代も必要になります。
友人への謝礼と昼食・夕食代で10000円と見積もると、25000円前後+交通費が自分で引越しをする場合の費用の目安です。
単身世帯の同一市区町村の引っ越し費用の相場が3万円~5万円です。
繁忙期の費用が高い時期であれば、自分で引越しをすれば半分くらいの引っ越し費用に収まるでしょう。
引っ越し料金の相場については、
引越し料金の相場はいくら?時期別・世帯構成別の引っ越し費用の目安
こちらの記事で詳しくご紹介しています。

※1 バン・軽トラック・トラックのレンタカー車種・料金一覧 | レンタカーを使う | ニッポンレンタカー
https://www.nipponrentacar.co.jp/service/truck/index.htm
※2 商用車:トラックの基本料金と取扱い車種 - レンタカーならタイムズカーレンタル
https://rental.timescar.jp/price/car/truck.html
※3 【楽天市場】あす楽 ダンボール 120サイズ 10枚:ダンボールのロジマート
https://item.rakuten.co.jp/logi-mart/120-450350330-10/

引っ越しを自分でするメリット3つ

費用が安い

前章でご紹介した通り、自分で引越しをすれば引っ越し費用が安く済ませることができるのが、最大のメリットでしょう。
学生の引っ越しなど単身世帯で荷物が多くない場合には、荷造りも少ないものです。
友人に手伝ってもらい自分たちで搬入・搬出すれば、引っ越し業者に依頼するよりも安くすみます。

自分の都合のよい日に引越しできる

自分で引越しをするのであれば、繁忙期でも閑散期でも自分の都合の良い日に引っ越しができます。
また、時間帯も自分の都合の良い時間帯に引っ越すことができます。
繁忙期に引越しをする場合、引っ越し業者に依頼をすると日時が選べないだけでなく、当日になり時間が遅れてしまうということもあります。
自分で引越しをすれば、荷物がなかなか届かずヤキモキすることもないでしょう。

プライバシーが守られる

引っ越し作業を業者さんに依頼すると、荷物の状況や家の中の状況など、どうしても知られてしまいます。
引っ越しで得た情報を元に悪事を働く業者さんはいないかとは思いますが、心配になる若い女性もいらっしゃるのではないでしょうか。
プライバシーの観点で不安を感じるのであれば、自分で引っ越しをした方が無難です。

自分で引越しをするデメリット4つ

手間がかかる

費用が安く済ませられる分、すべて自分でやらなければならないので手間がかかります。
レンタカーの手配や友人への依頼、段ボールの購入や洗濯機の設置など、すべて自分でやらなければなりません。
引越し前に、十分な時間がとれるかどうかも踏まえて、よく検討したほうがよいでしょう。

壁や床の養生も自分でやらなければならない

引越し業者さんに依頼をすれば、宅内はもちろん、マンションの壁や床、エレベーターの養生も対応してくれます。
しかし、自分で引越しをする場合には、これらも自分でやらなければなりません。
養生しなくても傷をつけるようなことはしない!と思っていても、大型家電や家具を運ぶ際に壁や床に傷をつけてしまうことも多いものです。
引越し作業中に傷をつけてしまうと、不動産会社から修理代金を請求されることもあるでしょう。
退去時の立ち合いで指摘され、引っ越し費用が高くついたということにならないよう注意が必要です。

洗濯機や冷蔵庫は運ぶのも設置も大変

洗濯機は運ぶ前に水抜きをしなければなりませんし、設置にも知識が必要です。
洗濯機の排水溝や水道栓の接続など、自分で対応して家が水浸しになってしまうと厄介です。
専門家に依頼をした方が安心ですので、自分で引越しをする際には家電屋さんなどに自分で依頼をしなければなりません。
また、冷蔵庫は、横に倒さないよう運ばなければならず、搬入・搬出に気を使います。
横にしないようトラックへの荷積みや荷下ろしが不安であれば、こちらも専門家に依頼をするか、引っ越し業者さんへ依頼をした方が安心です。
冷蔵庫・洗濯機など家電の引っ越し準備については、
家電の引越し準備をしよう
こちらの記事が参考になります。

モノを壊しても保証されない

引っ越し業者さんは、引っ越し中の破損を補償する保険に加入をしています。
引っ越し中に食器が割れてしまったり、ソファの足が折れてしまったりすると、この保険から補償されるという制度です。
自分で引っ越しする場合は、このような保険はありませんから自己責任です。
慣れない引っ越し作業で、冷蔵庫を壊してしまっても、自分で買い替えなければなりません。
せっかく頑張って運んでも、壊してしまったら元も子もありませんよね。
自分で引っ越しをするということは、引っ越し費用を安くできる反面、ものを壊してしまったり、建物を傷つけてしまったりするリスクもあることを理解しておく必要があります。
引っ越しの荷物の破損については、
引越しトラブル対策
こちらの記事で詳しく解説しています。

自分で引っ越しをするよりも、業者さんに依頼をした方が安いかも?!

自分で引っ越しをすると、メリットもありますがリスクが伴うものです。
リスク面をよく考え、本当に自分でやるのが得なのか、考えてみてください。
とはいえ、繁忙期に引っ越し業者さんに依頼をすると、費用が高くなるだけでなく希望の日時に対応してもらえないこともあるでしょう。
可能であれば、繁忙期を避け信頼できる業者さんに依頼をするのが、リスクも少なく費用も抑えられるベターな方法かもしれませんね。
信頼できる業者さんを探すには、引っ越し一括見積サービスを上手に活用するのがおすすめです。
一括で複数社に見積もりができるので、費用面での相見積もりも取りやすく、対応の可否も判断しやすいと言えます。
自分で引っ越しをしようとお考えの方も、一度見積もりを取り、本当に自分で引っ越しをした方が安いのかどうか確認してみることをおすすめします。

方位の人気記事一覧

社会的責任[CSR]