改めて「住まい」を考えよう!家と運勢の関係

★ この記事は64回読まれています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「家」という空間は自分の運勢にとても大きな影響を与えています。
これまでもたくさんの自宅を拝見してきましたが、家や部屋を見るとその人の人生、運勢が見えます。
私はよく「写し鏡」と表現するのですが、「家のエネルギーが住んでいる人に影響する」とも言えますし、 「住んでいる人の持つエネルギーが住まいに表れる」とも言えます。
住まいは、住む人を幸せにも不幸にもする力があるのです。

目次
  1. なぜ家と運勢が関係するのか?
  2. 良い家に住むと運気も上がってくる
  3. 整理整頓されていない家は運気が上がらない
  4. 収入、ステージをワンランク上げたい時は、住まいも環境もワンランク上げる
  5. すでに家を購入してしまった場合
もっと見る

なぜ家と運勢が関係するのか?

忙しい方は家で過ごす時間が僅かかもしれませんが、1日の疲れを癒すのはやはり「家」です。
人は寝ている時が最も無防備で、そしてその最も無防備な時に疲れを排出し新しい気を取り込み(循環させる)エネルギーを蓄えます。
この時に「吸収する気」が寝室の気であり、そして家全体の気なのです。
この時の気が自分の体調、思考力など心身ともに大きく影響します。
質の良い睡眠を取れているかは「生きる」上でもとても重要ですし、健康面、メンタル面、思考力、延いてはその人の運勢に影響するのです。
その家のエネルギーの良し悪しは、動いた方位や家相(間取り)、その土地自体の持つ力など様々な要因があります。

良い家に住むと運気も上がってくる

居心地がよくてつい長居してしまう家や、行くとほっとする家(宿)など、誰しも感じた事があると思います。
これはその家の「気」が良いからなのです。
人がよく集まる家もそうです。
明るくて軽やかで、暖かい、気持ちが良い、賑やかなど、良い家には良い気が充満しています。
それはそこに住んでいる人のエネルギーでもありますし、家が放つ良い気でもあるのです。

反対に、居心地が悪い家、あまり長居したくない家、人が寄り付かない家、賃貸であれば入退去が頻繁な家などは住むと運気が下がります。

整理整頓されていない家は運気が上がらない

雑然とした家に住んでいる人は、やはり頭の中も、そして運勢も雑然としている事がほとんどです。
まれに芸術家の方や研究者の方など雑然とした中で生活をされていて成功している方もいますが、それはその方自身の運の強さが勝っているからで例外と言えます。

通常の場合は、整理整頓されて気持ちの良い空間にしておくことで家の気も高まり、頭の中も整理され、運気も上がります。

収入、ステージをワンランク上げたい時は、住まいも環境もワンランク上げる

有名人や成功者の方で「少しきついな(賃料)と思う所に住んで成功した」というお話しをよく耳にしますが、収入や人生のステージを上げたい時、ワンランク上げた住まいにすると成功を手に入れやすくなります。

方位や間取りが大事なのはもちろんですが、住む街の環境、その土地が持つエネルギーもとても大事です。
今の自分が目指す人たちが住んでいる街、憧れの街はパワーがあって魅かれているのです。
そこに身を置く事で強制的に良いエネルギーを取り入れ運気を上げることができます。

すでに家を購入してしまった場合

すでに家を購入してしまっていても諦める必要はありません。
大事なのは「家の持つ力」を高める事です。
家相が問題の場合はリフォームをして整えるのも一つの手段です。
また手軽にできるのは家具やカーテンを変えたり模様替えをすること。
自分が心地良く過ごせるようになると、その良い気が住まいにも影響し、また自分にも巡ってくるという良い循環ができます。

ライター
柴山和枝
二級建築士
宅地建物取引主任者
インテリアコーディネーター

2005年より株式会社ジェイアイシーに勤務、2016年に独立。
方位学鑑定家・柴山壽子先生に従事し建築家と鑑定家の家作りを推進。
リフォームから新築まで方位学を取り入れた家作りを手がける。
方位学を活用し健康で幸せな住空間を取り入れられるよう新築だけでなくリノベーション、リフォームの充実が目標。

方位の人気記事一覧

社会的責任[CSR]