こんな間取りは要注意・戸建て編

★ この記事は17,050回読まれています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戸建て住宅に多く見られる凶家相の一部をご紹介します。
一戸建てを借りたり、購入したり、新築を建てる際にはぜひ参考にしてください。

目次
  1. 玄関正面にある階段
  2. 建て増ししている家
  3. 東北(表鬼門)・西南(裏鬼門)に玄関、水回りがある家
  4. 東北(表鬼門)・西南(裏鬼門)に吹き抜けがある家
  5. 重心(中心)が家の中にない
  6. 真四角の家
もっと見る

玄関正面にある階段

玄関の真正面にある階段は凶相とされています。
特に家族運、健康運に影響が出やすいと言われています。
玄関はその家に良い気も、悪い気も取り込んでくる重要な場所ですから、そこに階段があると気が安定せず乱れやすくなります。
また2階に子供部屋を設ける方が多いと思いますが、玄関を入ってすぐに階段があると家族の誰にも顔を合わせず、すぐに自分の部屋に入る事が可能です。
誰が入って来てもわからないという事にもなり得るためコミュニケーション不足になる可能性が高くなることもあり凶相と言われています。

建て増ししている家

築年数が経つと、リフォームをする家が多くありますが、その際に壁を抜いて増築するケースもありますが凶相となるので注意が必要です。
サンルームを作ったり、1部屋増やしたり、水回りを新しくする際についでだから・・・と依頼する方も多いようですが、家の重心(中心)も動き、中の気が大きく乱れるので健康運や金運、家族運など思わぬトラブルに発展する可能性があります。
時間が経っても気が安定せず住んでいる方に影響を与えます。

東北(表鬼門)・西南(裏鬼門)に玄関、水回りがある家

特に東北(表鬼門)の玄関は要注意です。
できるだけ避けましょう。

東北(表鬼門)・西南(裏鬼門)に吹き抜けがある家

吹き抜けは縦に広がりのある空間ができ開放感を得られるので人気ですが、家相では「欠け」となります。
家相には「張り」と「欠け」があり、張りは吉、欠けは凶となります。
一辺の1/3以内の凸は吉(1/3以上の凸は逆に凹になる)凹の部分は欠けになります。
「欠け」がどの方位にあるかで、住んでいる方に対しどの様な事に影響が出るかが変わります。
東北は「財運」「家族運」をつかさどる方位で家相では最も重要視する方位です。
対の位置にある西南も「家庭運」「仕事運」をつかさどり、東北同様、大事な方位になります。
この方位に吹き抜けがあると「財運」や「家族運」「仕事運」などにマイナスの影響があるとされています。

重心(中心)が家の中にない

家相上でいう重心(家の中心)は体でいえば心臓のようなもので、この重心をもとに各方位を割り出していきます。
通常であれば建物内に納まっているものなのですが、コの字型の家や中庭などがある家は重心が家の外に出てしまう場合があります。
このような間取りは家全体も住んでいる人も落ち着きがなく不安定で、家庭不和や健康運にも影響があるとされています。

真四角の家

凸凹のない真四角の家は建築コストも抑えられることから建売などでたまに見ますが、張りも欠けもない家は凶相になります。
発展性がなく一代で終わる家と言われています。

ライター
柴山和枝
二級建築士
宅地建物取引主任者
インテリアコーディネーター

2005年より株式会社ジェイアイシーに勤務、2016年に独立。
方位学鑑定家・柴山壽子先生に従事し建築家と鑑定家の家作りを推進。
リフォームから新築まで方位学を取り入れた家作りを手がける。
方位学を活用し健康で幸せな住空間を取り入れられるよう新築だけでなくリノベーション、リフォームの充実が目標。

方位の人気記事一覧

風水 仕事運

仕事運をあげる開運風水で自宅をパワースポットに!

仕事運と風水には、密接な関係があります。 徳川家康は江戸の街づくりに風水を取り入れたといわれています。 その結果、多くの商人が富を得て、江戸時代は265年にわたって繁栄しました。 人は生きている中で、ありとあらゆる場所でパワーを吸収したり、消費したりします。 住まいの環境が整っていないと、吸収したパワーが離れてしまい、悪い気を受けてしまうことになりかねません。 ぜひ今回の記事を、仕事運アップの参考にしてみて下さいね。

×

※進呈するポイントの上限や条件の詳細はこちらから。
※メール見積は100ポイント獲得の対象にはなりません。