金運を上げるインテリア術

★ この記事は1,520回読まれています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は金運に特化したインテリア術をご紹介します。
どれも簡単に取り入れやすいことばかりなので
ぜひ実行してみましょう。

目次
  1. 最も大事な玄関を整える
  2. 金運は水回りがカギ!

最も大事な玄関を整える

良いことも悪いことも玄関から入ってきます。
玄関はスッキリとキレイに、靴は出したままにしないようにします。
金運を上げるポイントは玄関マット。
玄関の床にスッキリと馴染み、高級感のある素材を選びましょう。
色は気にせずに自宅のイメージに合ったものを。
ただしキャラクター物は避けた方がよいでしょう。
また三和土は毎日水拭きをおすすめします。
雑巾がけができない方はウェットタイプのフロア用お掃除用具で拭いてもOKです。
物を色々と置かずに整理整頓して清潔にしておきましょう。
姿が見える鏡もあるとさらに金運が上がりますが、玄関ドアの真正面に置くのだけは避けましょう。
良い運気をはね返してしまいます。

金運は水回りがカギ!

方位学では水は金運を表すので、キッチン・トイレ・バスルームはとても重要です。
これまでのコラムでも「水回りは清潔に」とお伝えしていますが、汚れていては金運はやってきません。

キッチンは洗い物を溜めずに整理整頓を

洗い物は溜め込まずキレイにしておきましょう。
洗い桶に水を溜めておくのもよくありません。
洗い物をしたときはシンクも毎回洗う事を忘れずに習慣付けしましょう。
「ぬめり」は金運だけでなく健康運にも悪影響を及ぼします。
キッチンはどうしてもベタつきや油汚れが付き、熱もあることから汚れも匂いも定着しやすくなります。
また調味料やキッチンアイテムなど雑然としやすいので、定期的な整理整頓が必要です。
理想的なのは余計な物が一切出ていないキッチンです。
しかし収納場所やキッチンの大きさによって難しいケースもあると思いますので、できる限り余計な物を出さないように心掛けましょう。
調味料ケースなどどうしても外に出るものはカラーや材質を統一して、白やアイボリーなどがおすすめです。

トイレは毎日お掃除を

トイレ専用のスリッパを作り、フタは使用後必ず閉じておきましょう。
トイレの床、便器は毎日拭き掃除をしましょう。
簡単、楽ちんにできるお掃除方法でOK。
またトイレの中には生け花、または植物を置きましょう。
難しい場合はお花や植物の絵で代用も可能です。
アニマル柄のトイレマットやカバーは避けましょう。
トイレをキレイにしておくとお金の流れがよくなります。

バスルームは換気が重要

お風呂は体をキレイにする場所のうえ、シャンプーやせっけんの香りで「キレイな場所」と思いがちですが、湿度もありカビも生えやすいので換気とこまめなお掃除が大事です。
ぬめりやカビ、汚れは金運をダウンさせてしまいます。
また非常時用に入浴後のお水を溜めて置く方も多いと思いますが、できるだけ避けた方が良いでしょう。
どうしても溜めて置きたい場合は蓋をして。
バスチェアや桶は材質やカラーを統一しましょう。
アクリル製や木製など様々な素材があるのでお手入れしやすくバスルームのサイズにあった大きさの商品を選ぶようにしましょう。

寝室はパワー充電の大事な場所

寝ている時、私たちの体からは様々なエネルギーが出され、同時に新しい気を吸収しています。
ですから寝室、寝具はパワーを充電する大事な場所です。
健康で的確、かつ正確な判断が金運を呼び込んでくれます。
定期的に寝具は洗濯し、気分転換できるように素材感やカラーを変えて数枚揃えておくとよいでしょう。
通帳・印鑑・現金はできるだけ暗い場所に、寝室の中心から北側に納めるようにしましょう。

ライター
柴山和枝
二級建築士
宅地建物取引主任者
インテリアコーディネーター

2005年より株式会社ジェイアイシーに勤務、2016年に独立。
方位学鑑定家・柴山壽子先生に従事し建築家と鑑定家の家作りを推進。
リフォームから新築まで方位学を取り入れた家作りを手がける。
方位学を活用し健康で幸せな住空間を取り入れられるよう新築だけでなくリノベーション、リフォームの充実が目標。

方位の人気記事一覧

風水 仕事運

仕事運をあげる開運風水で自宅をパワースポットに!

仕事運と風水には、密接な関係があります。 徳川家康は江戸の街づくりに風水を取り入れたといわれています。 その結果、多くの商人が富を得て、江戸時代は265年にわたって繁栄しました。 人は生きている中で、ありとあらゆる場所でパワーを吸収したり、消費したりします。 住まいの環境が整っていないと、吸収したパワーが離れてしまい、悪い気を受けてしまうことになりかねません。 ぜひ今回の記事を、仕事運アップの参考にしてみて下さいね。

×

※進呈するポイントの上限や条件の詳細はこちらから。
※メール見積は100ポイント獲得の対象にはなりません。