2017年引っ越しを避けるべき時期とは?

★ この記事は861回読まれています

運気アップにつながる玄関の風水、鏡や玄関マット、観葉植物などインテリアアイテム別の風水効果も必見。玄関は家の顔で、風水においても大事な場所だからぜひチェックしてくださいね!

目次
  1. 2017年の土用の期間

引っ越しは運気を変える大きなチャンスです。
良い方位(吉方位)に動けば運気はどんどん良くなりますが、吉方位であっても避けなければならない時期があります。
それは「土用」です。
土用というと通常は夏の土用、土用の丑の日、うなぎを食べる時期と認識していると思いますが、実は土用は年に4回あります。
それぞれの季節変わり目に該当するのが土用です。
突然春から夏にはなりませんよね、春が終わり徐々に夏に移り変わっていきます。
この次の季節に移る期間が土用です。
春→春の土用→夏→夏の土用→秋→秋の土用→冬→冬の土用と循環しています。
土用は一つの季節が終わり、新しい季節に移っていく大事な期間で土の気が盛んになると言われています。
季節を変える強い力が発生していて大地のエネルギーが不安定な時期なのです。
従ってこの期間中に土をいじったり、樹木を植えたり、引っ越しをしたり、新築工事やリフォーム工事などを行うのは避けた方がよいとされています。

2017年の土用の期間

それぞれの土用の期間をご紹介します。
本命星(生まれた年から割り出す星のこと)に関わらず皆さんに共通していますので、この期間中の引っ越しは避けた方がよいでしょう。
また樹木の植え替えや新築、リフォーム工事の着工なども避けた方がよいです。
春の土用・・・4月17日~5月4日
夏の土用・・・7月19日~8月6日
秋の土用・・・10月20日~11月6日
冬の土用・・・2018年1月17日~2018年2月3日
(※気学の1年間は節分を節目としており1年はおおむね2月4日~2月3日までとしています)
ちなみにそれぞれの土用の期間は18日と6時間です。
そして春夏秋冬、各季節は73日間とされています。
(73×4)+(18日と6時間×4)=
292日+73日=365日となっています。

ライター
柴山和枝
二級建築士
宅地建物取引主任者
インテリアコーディネーター

2005年より株式会社ジェイアイシーに勤務、2016年に独立。
方位学鑑定家・柴山壽子先生に従事し建築家と鑑定家の家作りを推進。
リフォームから新築まで方位学を取り入れた家作りを手がける。
方位学を活用し健康で幸せな住空間を取り入れられるよう新築だけでなくリノベーション、リフォームの充実が目標。

方位の人気記事一覧

風水 仕事運

仕事運をあげる開運風水で自宅をパワースポットに!

仕事運と風水には、密接な関係があります。 徳川家康は江戸の街づくりに風水を取り入れたといわれています。 その結果、多くの商人が富を得て、江戸時代は265年にわたって繁栄しました。 人は生きている中で、ありとあらゆる場所でパワーを吸収したり、消費したりします。 住まいの環境が整っていないと、吸収したパワーが離れてしまい、悪い気を受けてしまうことになりかねません。 ぜひ今回の記事を、仕事運アップの参考にしてみて下さいね。

×

※進呈するポイントの上限や条件の詳細はこちらから。
※メール見積は100ポイント獲得の対象にはなりません。