引越し料金の相場はいくら?時期別・世帯構成別の引っ越し費用の目安

引越し料金は、時期や荷物の量、引っ越し先との距離等で相場が決まります。 3月の引っ越しシーズンの引っ越し料金の相場は、それ以外の月の3倍以上になることもあります。
今回は引っ越し費用の相場と引っ越し費用の総額について、時期別・世帯構成別にご紹介します。
さらに、お得に引っ越すために、引っ越し費用を事前にチェックする方法まで解説します。

引越し料金相場はいくら?

平均的な引越し料金相場は、単身世帯・同一県内の引っ越しで5~7万円、家族4人世帯・同一県内の引っ越しの場合は15~20万円となっています。

距離 単身 2人家族 3人家族 4人家族以上
〜15km未満
(同市区町村程度)
3万円〜5万円未満 5万円〜7万円未満 7万円〜10万円未満 10万円〜15万円未満
〜50km未満
(同都道府県程度)
5万円〜7万円未満 5万円〜7万円未満 7万円〜10万円未満 15万円〜20万円未満
〜200km未満
(同一地方程度)
5万円〜7万円未満 7万円〜15万円未満 10万円〜15万円未満 20万円〜25万円未満
500km以上
(遠距離地方程度)
10万円〜15万円未満 10万円〜20万円未満 20万円〜30万円未満 30万円以上

※上記表は過去に引越しをした方のアンケート回答を元に算出した平均の引越し料金相場です。
ただし、引越し料金は引越しをする方それぞれで変わります。

実際の引越し料金は、移動距離と荷物の量、時期により金額が変わります。 引越しする人が多い3月~4月の繁忙時期は、5月~1月の通常時期に比べて金額は高くなります。
次章からは、単身世帯・家族世帯ごとに、引越し料金相場と引っ越し費用の総額についてご紹介します。

単身世帯(一人暮らし)の引っ越し料金、3月の相場は7万~10万円?!

楽天スーパーポインギャラリー、引っ越し見積サービスの口コミを集計したところ、3・4月の繁忙月の引っ越し費用(同一県内・単身世帯)は、7~10万円が全体の42%と最多、10万円以上かかった方も8%いることが分かります。
一方で、5万円以下(~3万円と3~5万円の合計)も同じくという42%という結果となっています。
繁忙期であるがために、引っ越し業者、引越しの日程(平日か休日かなど)、時間帯、なども引っ越し費用に影響しているということが分かります。

単身世帯/3月?4月(同一県内)

3月~4月の繁忙期以外の月のデータを見ると、5万円以下が82%と大多数となっています。
7万円以上かかった方は18%にとどまり、10万円以上かかったと回答している方はいませんでした。

単身世帯/3月?4月以外(同一県内)

繁忙期の3月~4月は、時期的な割増料金がかかるため料金相場も高く、単身世帯でも7万円以上かかってしまうことも覚悟しておいた方がよさそうです。
少しでも安くするためには、業者選びだけでなく、引越しの日程・時間帯も引っ越し業者と相談してみましょう。

単身世帯(一人暮らし)の引っ越し費用、総額では30万円以上?!

では、単身世帯の場合、引越し総額は具体的にいくらになるのでしょうか?
引っ越し業者への料金以外にも、意外とお金がかかります。

【引越しにかかる費用】

  • 引っ越し業者の料金
  • 敷金
  • 礼金
  • 退去費用
  • 家電購入費

単身世帯(1R)が東京都千代田区で引っ越しを行った場合で考えると、単身世帯の引越し費用の総額は37万円を超えてしまう可能性もあります。
繁忙期での引越しとなれば、さらに高額になりますので、引越しを考えたら早めに費用の準備しておけるとよいですね。

<学生の引っ越しは学割が適用になる業者も>
学生の場合は入学時期にあたる3・4月を避けて引っ越すことはどうしても難しいですよね。
収入のない学生に繁忙期の高額な引っ越し費用は大きな負担です。
しかし、引っ越し業者の中には、学割を導入している企業もあります。
学割制度がある引っ越し業者を利用して、少しでも引越し料金を抑えましょう。
ただし荷物が多すぎると学割が適用されないことがありますので、事前に必ず見積もりを取りましょう。
荷物が多くなりそうな場合は大型家具だけ業者を利用したり、モノによっては現地調達をするなどの工夫をすると引越し料金を抑えることができます。
コースによっては荷造りや荷ほどきも手伝ってくれる業者もあるようですので、見積り時に確認してみましょう。

家族世帯(2LDK程度)の引っ越し料金、3月の相場、6割が10万円以上

家族世帯の場合も、楽天スーパーポインギャラリー、引っ越し見積サービスの口コミを集計したところ、3・4月の繁忙月の引っ越し費用(同一県内・家族世帯)は、10万~15万円が全体の27%と最多、7万~10万円が17%と次いで多い結果が出ています。
10万円以上かかった世帯が60%、30万円以上かかった世帯も10%あり、家族世帯の繁忙月の引っ越し料金は家賃数か月分と同等程度になるほど高額です。

家族世帯/3月?4月(同一県内)

繁忙月以外の月になれば、7万~10万円が最多ゾーンとなります。
10万円以上かかった世帯は42%まで減り、半数以上の世帯が10万円以内の引っ越し料金で収まっています。

家族世帯/3月?4月以外(同一県内)

家族世帯の場合はどうしても荷物量が多くなり、引っ越し費用が高くなりがちですから、可能であれば繁忙月を避けて引越しできるとよいですね。

家族世帯の引っ越し費用はさらに高額に

家族世帯の場合、敷金礼金も高く、新たに家電を購入するケースも多いため、引っ越し費用の総額も高額です。
引越しにかかる費用の項目はこちらです。

【引越しにかかる費用】

  • 引っ越し業者の料金
  • 敷金
  • 礼金
  • 退去費用
  • 家電購入費

家族世帯(3DK)が東京都内で引っ越しをする場合、家電を全く新しく購入しない場合でも、50万円程度は見ておいた方がよさそうです。

<引越しの補助金もある?!>
家族世帯の場合、地域によっては引っ越しの補助金制度がある自治体もあります。
地域によって制度の有無や条件や内容が異なりますので、引越し先の自治体に事前に必ず確認をしましょう。

引越し料金の相場の調べ方とお得に引っ越すには

このように、引っ越しにはお金がかかるものです。
少しでもお得に安く引っ越すためのポイントをご紹介します。

<見積りサイトを活用>
引っ越し料金は利用する側の状況によって金額が大きく変わりますが、業者によっても料金形態が異なります。
複数の業者から見積もりを取り寄せ、比較検討をすることで、同じ内容でも安い業者を見つけることができます。
とはいえ1社ずつ見積もりを依頼するのも非常に手間が掛かるため、一括で複数の業者の見積もりの依頼ができる「見積もりサイト」を利用します。
比較した結果、値引き交渉につながる場合もあります。
具体的な引越し時期が決まったら、まずは見積りサイトで見積もりを取りましょう。

見積りサイトから見積もりを取ると、一括で見積もりをした引っ越し業者からの電話が掛かってきます。
電話でのやり取りは煩わしいと感じる方もいらっしゃいますが、その場で疑問点が聞けたり、価格交渉を直接できるというメリットもあります。
電話で確認したい方は、申し込み時の備考欄などに電話を受けられる日時を指定しておく、電話が不要な場合には、メールでの見積もり希望や電話は受けないことを明記しておく、などの方法で電話の対策をすることも可能です。

<訪問見積を活用して>
一括サイトや電話での見積もりの後に、引っ越し業者に訪問してもらう方法もあります。
引っ越し料金は土地の立地条件や住居や荷物の状態を直接見てもらえるため、電話やメールよりもより正確な見積もり金額を知ることができますので、おすすめです。
引っ越し料金はマンションのエレベータが無い、駐車禁止区域があるなど土地の立地条件によって変わりますし、荷物量によってスタッフ人数やトラックの積載量も変わります。
これらを業者に直接確認してもらうことで、当日予期せぬ追加料金などが発生するトラブルを防ぐことができます。
またダンボールなどの梱包材の必要な数量がわかる、メールや電話にくらべて細かい状況を伝える手間が省けるというのも訪問見積のメリットです。

<時期と時間帯を検討して>
引っ越し料金を少しでも抑えたいのであれば、引っ越す時期と時間帯も欠かすことのできないポイントです。
引っ越しの多い3~4月や8月の繁忙月や土日祝日は割増料金が適用されることが殆どですし、深夜早朝や午前中の時間指定も同じく割増料金が設定されています。
繁栄期を避けたり、時間指定の無いプランを使用することで、料金を抑えることができます。
また一部の業者では仏滅の日は値下げをおこなっているところもあります。

見積りサイトを活用しいくつか気になる業者をピックアップ。
その後、訪問してもらい、具体的に日時など相談することで、安く抑えられる可能性が高まります。

料金交渉のために、知っておきたい引っ越し料金の決まり方と含まれるもの

引越し料金を安く抑えるコツをご紹介しましたが、最後に引越し料金の決まり方についてもご紹介します。
引越し料金の決まり方や、引越し料金に含まれているものを知ることで、引っ越し業者との料金交渉がスムーズになるはずです。

<引っ越し費用はどう決まる?>
引っ越し料金は大まかに分けて、基礎運賃・実費・オプション・割増料金の4つの要素から構成されます。
まず距離や移動時間によって変わるのが「基礎運賃」。
スタッフの人件費やダンボールなどの荷物に掛かる梱包費用などが「実費」です。
そこにエアコンの取り付けや取り外し、不用品の処分など必要に応じて掛かる「オプション費(付帯サービス料)」と時期や時間帯(深夜など)によって発生する「割増料金」が状況によって別途発生します。
これらの料金は、人件費など様々な要素によって変わるため、相場はありますが定価というものは存在しません。
引っ越し料金の内訳について、それぞれの項目ごとにチェックしていきましょう。

<引っ越し費用の内訳>
・基礎運賃
基礎運賃は移動時間や移動距離によって決まります。
基礎運賃は国の法律で基準があり、上限と下限が決められているため、引っ越し業者の間で料金に大きな差は出ることはありません。
しかし、この基礎運賃には時間制と距離制があり、このどちらかで料金が決まります。
移動距離が100km以内の場合は時間制が適用となります。
時間制は4時間もしくは8時間の2種類で分かれており、1時間を越えるごとに追加料金が発生します。
一方で移動距離が100kmを超える場合は距離制が適用されます。
基本距離は100kmとなり、その距離を超えると追加料金が発生する仕組みです。(軽貨物業者は30km)
また時間制、距離制のいずれもトラックの大きさによって料金が変わるため、荷物が多く積載量が大きいトラックを使用する場合は料金も高くなります。

・実費
実費には様々な要素が含まれますが、その中で大きな割合を占めるのが、「人件費」「梱包資材費用」「交通費」

【スタッフの人件費】
スタッフの人数は引っ越す部屋の大きさで変わると思われがちですが、使用するトラックの大きさで決まるのが一般的です。
トラックの種類は主に軽トラック、2tショート、2tロング、3t、4tなどがあり、引越し業者によってそれぞれ異なりますが2tトラックでスタッフ人数は1~2人の所が多いでしょう。
ちなみに学生や単身の方、荷物の少ないカップルの方であれば2tトラックです。
またトラックの大きさだけでなく、建物の立地状況によっても人数は変わります。
例えばエレベーターの無い集合住宅などは、運搬作業が楽にできないためスタッフ数が増員されますし、駐車が禁止されている区域ではトラックの側にいるスタッフが別に必要になります。
特にエレベータがない場合は何階から何階までの移動になるかで料金が変わるため、階数が多い場合は注意しましょう。
人数が増えれば料金はもちろん高くなるので、業者に見積もりを依頼する時は建物の状況をしっかり伝えておかないと、後から思いがけず追加料金が発生してしまうこともあります。
引っ越し先の状況も含めて、そのようなことがないか改めて確認しておきましょう。

【梱包資材費】
引っ越しに欠かせない梱包材の費用も実費に含まれます。
ダンボールやガムテープをはじめ、洋服のためのハンガーケースや布団などを包む袋など、多くの引っ越し業者はダンボールやガムテープは一定数は無償で提供してくれます。
ただし格安の料金プランの場合はこのようなサービスが適用されず、一定数以上は有料になる場合があるので注意しましょう。
このような場合はダンボールであればコンビニやスーパーなどで破棄されたものを貰うのがおすすめです。
また引っ越し業者によっては使用済みのダンボールをリサイクルダンボールとして無償提供してくれることもあるので一度相談してみましょう。

【交通費】
遠方への引っ越しになると多くの場合、高速道路や有料道路の料金やガソリン代やフェリー代など交通費が発生します。
一般的に高速道路の場合は片道料金が、フェリーの場合は往復料金が適用されます。

・オプション費
オプション費は荷物の運搬などの基本作業とは別に行われる、特別な作業に対して発生する料金のことで「付帯サービス料」とも呼ばれます。
代表的なものではエアコンや洗濯機などの家電製品の取り付け取り外しがあります。
取り外しや取り付けをする場所によって部品などの追加料金が発生する場合があるので、不安な時は事前に確認をするのがおすすめです。
そのほかにはピアノなどの大型家具の運搬、荷造り荷解き作業や不用品の処分といった作業もオプションになります。
また、不用品の処分をオプションで提供している業者もあります。
提携しているリサイクル業者が代行することが多いので、気になる方は見積り時に確認してみましょう。
オプションの範囲は、引っ越し業者や料金プランによって異なります。
基本料金に含まれていると思っていた作業が、実はオプションだったということも往々にしてありますので、見積もり時に予めよく確認をし、不明点は必ず契約前に相談するようにしましょう。
またオプションはよく考えずに付けてしまうと予想以上の金額になってしまいます。
費用を抑えたい方は、大型家電や家具は業者に頼みつつ、荷造りや荷解きは自分たちで行うなど、なるべく基本料金の範囲内で済ませられるように心掛けましょう。

・割増料金
引っ越しをする時期や時間帯によって発生するのが割増料金です。
具体的には新生活がスタートする3~4月、夏休み期間にあたる8月といった繁忙月や土日祝日、深夜早朝の時間帯です。
さらに北海道や東北は冬季になると割増料金が適用されることがあります。
可能であれば上記のような時期を避けて引っ越しをすると、引越し費用を大幅に削減することができます。
割増料金も、各引っ越し業者によって料金が異なります。
見積もり時にしっかり確認しておきましょう。

このように、引っ越し料金は「基本料金+実費+割増料金+オプション」の合計で計算されますが、引っ越し当日の状況によって追加料金が発生する場合もあります。
引越し料金の請求は、最終的に加減金額を修正したものが引っ越し作業後に請求されます。
見積もりをチェックするときは、実費・梱包資材・オプションの内容をよく比較検討し、交渉すべき点があれば相談するようにしましょう。

まとめ

今回は、引越し料金の相場について、引越し時期と世帯構成別にご紹介いたしました。
3月の単身世帯では7万~10万円、家族世帯では10万円以上と、繁忙期の引っ越し料金は高額です。
さらに、引越し料金以外にも、引っ越し費用は掛かるため、総額ではかなり金額がかさむものです。
引越し業者により、引越し料金には開きがありますので、少しでも安く引越しをするためには、一括見積サイトなどを活用し、少しでもお得な引越し業者を探しましょう。
今回ご紹介した費用の内訳や相場価格を参考にお得に引っ越しをしてくださいね。

「引越し相場」の関連記事

お引越 お役立ち情報

お引越し見積もり〜お引越し後までのお役立ち情報でお引越しの悩みを解消しましょう。

男性単身、女性単身、ご家族のお引越方法

「男性単身」「女性単身」「ご家族」それぞれのお引越し時のポイントをご紹介します!

お引越しおススメ記事

引越しするを考える時にちょっと知っているとためになる!引越しに関するおススメ記事をご紹介

柴山和枝
方位別・運気を上げるインテリア2019
方位学では各方位の意味や、その方位の持つ力は不動ですが、年が変わると各方位に定位する星も変わるため、おすすめアイテムも変化します。各方位の2019年のおすすめアイテムをご紹介します。
金運を上げるインテリア術
今回は金運に特化したインテリア術をご紹介します。どれも簡単に取り入れやすいことばかりなので、ぜひ実行してみましょう。
凶方位・凶家相の対応法
家の間取りや方位が、自分や家族の運勢に影響があることを知ると「自分の家はどうなのだろう」「動いた時期や方位が悪かったのかも・・・」と不安になる方も多いと思います。今回はそんな方必見、凶方位や凶家相の対応法をご紹介します。
こんな間取りは要注意・戸建て編
戸建て住宅に多く見られる凶家相の一部をご紹介します。一戸建てを借りたり、購入したり、新築を建てる際にはぜひ参考にしてください。
2019年気をつけなければいけない方位
方位にはそれぞれ意味があります。今回2019年2月4日〜2019年2月3日までの1年間、注意しなければならない凶方位をご紹介します。
引越しは運気を上げる大チャンス!方位の意味や力を知ろう
方位にはそれぞれ意味があります。今住んでいる場所を中心とし、いつ、どの方位へ動くかを事前に調べ計画的に動くことにより運気をアップさせる開運術を「方位学」と言います。
すぐにできる、運気を上げる片付け術
家が清潔で整理整頓されていると、良い気が充満して住んでいる人にも良い影響を与えます。調子が悪いなと感じてたり、運気を上げたい時は徹底的に整理整頓してみましょう。
引っ越す前に必ずチェック!こんな外観の建物は要注意!
運気が高まる建物は、方位や間取りはもちろん、外観も大きく影響します。内覧の際はかならずチェックしましょう。
改めて「住まい」を考えよう!家と運勢の関係
「家」という空間は自分の運勢にとても大きな影響を与えています。これまでもたくさんの自宅を拝見してきましたが、家や部屋を見るとその人の人生、運勢が見えます。
内覧ではここをチェック!運気が上がる家のポイント
内覧では平面図だけではわからないことが見えてきます。とても大事なことなので内覧では下記の項目をぜひチェックしてみてください。
引っ越し先を選ぶときには必ずチェック!こんな場所は要注意
運勢を好転させるには引っ越しが一番効果のある方法ですが、せっかく吉方位に引っ越しても運気が落ちてしまう要注意の場所があります。引っ越しの際はぜひチェックしましょう。
目的別 取り入れるだけで運気アップのインテリア術
住空間と運勢は密接に関係しています。住まいの気を整えることで運気を上げる事ができます。今回は忙しい方でも簡単に取り入れられる開運インテリア術をご紹介します。
凶方位に引っ越す場合の対処法
進学や転勤など突然引っ越しをしなければいけない場合があります。もし移動する方位が凶方位とわかっていても引っ越しを先延ばしにできない・・・そんな方も多いのではないでしょうか。
こんな間取りやインテリアは要注意!
皆さんはどのようにして新居を決めていますか?立地、広さ、賃料・・・人によって判断の基準が違うと思いますが、実は「住むと運気が下がる間取り」があるのをご存知でしょうか?また知らず知らずに運気が下がってしまうインテリアにも要注意です。
運気が上がるインテリア
家はあなたの生活の拠点で自分の運勢に大きく影響します。今日の疲れを癒し明日の活力を充電する大事な場所、この拠点をしっかりさせる事で活動力や仕事運や恋愛運なども引き寄せることができます。
こんな場所は要注意
良い運気を取り入れるには間取りだけでなく、どんな場所に立っているか土地の状況も大きく関係してきます。実は土地の状況、つまり立地もとても重要なのです。
運気を下げる間取りとは!?
家は自分の運気に密接に関係しています。実は住むと運気が下がる間取りがあるのをご存知でしょうか?前回に引き続き要注意の間取りをご紹介します。
目的別・運気をあげる引っ越しの方位
自分の目的に最適な方位に動く事によって、スムーズに自分の希望を叶える開運術を「方位学」と呼びます。今回はあなたの目的が叶う方位を目的別にご紹介しましょう。
今日からできる 部屋の運気を上げる簡単な方法
家の中でも、あなたの部屋はとっても重要な場所です。 あなた自身の基盤となる所で、運気や運勢と密接に関係しています。ですから部屋の気を整える事は自分の運気も整い上がっていく事になります。
九星別・インテリアに入れると運気が上がるカラーと家具
わたしたちは生まれた瞬間に、運勢や運命を支配する星が割り当てられます。回は全てを明記することはできませんので、人生の大枠を作っている本命星をご紹介します。
2018年気をつけなければいけない方位はこちら
2017年気をつけなければいけない方位はこちら
2017年引っ越しを避けるべき時期とは?
2016年気をつけなければいけない方位はこちら
2015年気をつけなければいけない方位はこちら

引越会社一覧

一括お引越し見積りができる引越会社の一覧です。
画像をクリックしていただくと、各引越会社の詳しい情報を確認することができます。
引越会社によってサービス内容が違います。お引越し見積もりをする際にご参考にしてください。

みんなの引越し利用状況

楽天お引越サービスをご利用いただいた方へのアンケート結果をまとめました。
引越しをする時の参考にしてみてください。

楽天お引越キャンペーン「キャンペーン概要」

「楽天お引越キャンペーン」楽天スーパーポイント付与について
キャンペーン概要 電話見積 電話見積依頼をしていただいた方に、100ポイントプレゼント
お引越し 見積依頼後、実際にお引越しをされるとお引越費用の1%分の楽天スーパーポイントプレゼント
※楽天スーパーポイント口座へ自動で付与いたします。別途、申請等は不要です
ポイント付与日 電話見積 『見積依頼をしていただいた日から起算』して、翌々月末に楽天スーパーポイントを登録口座へ付与いたします。
お引越し 『お引越をして料金をお支払いいただいた日から起算』して、翌々月末に楽天スーパーポイントを登録口座へ付与いたします。
注意事項 ・楽天スーパーポイントのご応募には、事前に 楽天への会員登録(無料)が必要です。
※楽天スーパーポイントについてはこちらをご参照ください。
・キャンセルされた場合、ポイント付与はされません。
・ポイント付与対象となるのは引越し料金に対してのみとなります。
エアコンの取付、取外し等のオプション料金や消費税はポイント対象外です。

その他事項 以下の場合には本キャンペーンの対象外とさせていただきますので、あらかじめご了承願います。
・ イタズラや重複など、お申し込み内容として相応しくない入力が見られた場合。
・ 登録内容に不備があった場合。
・ 事実と相違する内容がある場合。
・ すでに該当企業への登録をされていることがわかった場合。
・ お見積後のお申し出は対象外となりますのでご注意下さい。
・ 法人契約でのお引越はキャンペーン対象外となります。
・ 引越の見積のみで、引越作業が伴わないものについては対象外となります。
・ 該当企業が同時期に実施する他のキャンペーン、特典、優待との併用はできません。
・電話見積を依頼された場合でも、状況により引越業者から電話連絡がない場合がございます。
・数日経っても連絡がない場合は「楽天から見積もりを依頼した」とお伝えの上、直接引越業者にご連絡ください。
個人情報の利用目的 ご入力いただいた個人情報は個人情報保護方針に基づいてお取り扱いいたします。
また、サービス申込のために該当情報は参画各社に提供します。
なお、参画各社における個人情報の取り扱いに関しましては、
各社ホームページ上のプライバシーポリシーをご覧ください。
お問い合わせ先 引越しに関するお問い合わせは各社までお願いします。

キャンペーン・ポイントに関する問い合わせはこちら
https://tie-up-campaign.faq.rakuten.ne.jp/app/ask1/
「楽天お引越キャンペーン」楽天スーパーポイント付与について
キャンペーン概要 電話見積 電話見積依頼をしていただいた方に、100ポイントプレゼント
お引越し 見積依頼後、実際にお引越しをされるとお引越費用の1%分の楽天スーパーポイントプレゼント
※楽天スーパーポイント口座へ自動で付与いたします。別途、申請等は不要です
ポイント付与日 電話見積 『見積依頼をしていただいた日から起算』して、翌々月末に楽天スーパーポイントを登録口座へ付与いたします。
お引越し 『お引越をして料金をお支払いいただいた日から起算』して、翌々月末に楽天スーパーポイントを登録口座へ付与いたします。
注意事項 ・楽天スーパーポイントのご応募には、事前に 楽天への会員登録(無料)が必要です。
※楽天スーパーポイントについてはこちら/をご参照ください。
・キャンセルされた場合、ポイント付与はされません。
・ポイント付与対象となるのは引越し料金に対してのみとなります。
エアコンの取付、取外し等のオプション料金や消費税はポイント対象外です。

その他事項 以下の場合には本キャンペーンの対象外とさせていただきますので、あらかじめご了承願います。
・ イタズラや重複など、お申し込み内容として相応しくない入力が見られた場合。
・ 登録内容に不備があった場合。
・ 事実と相違する内容がある場合。
・ すでに該当企業への登録をされていることがわかった場合。
・ お見積後のお申し出は対象外となりますのでご注意下さい。
・ 法人契約でのお引越はキャンペーン対象外となります。
・ 引越の見積のみで、引越作業が伴わないものについては対象外となります。
・ 該当企業が同時期に実施する他のキャンペーン、特典、優待との併用はできません。
・電話見積を依頼された場合でも、状況により引越業者から電話連絡がない場合がございます。
・数日経っても連絡がない場合は「楽天から見積もりを依頼した」とお伝えの上、直接引越業者にご連絡ください。
個人情報の利用目的 ご入力いただいた個人情報は個人情報保護方針に基づいてお取り扱いいたします。
また、サービス申込のために該当情報は参画各社に提供します。
なお、参画各社における個人情報の取り扱いに関しましては、
各社ホームページ上のプライバシーポリシーをご覧ください。
お問い合わせ先 引越しに関するお問い合わせは各社までお願いします。

キャンペーン・ポイントに関する問い合わせはこちら
https://tie-up-campaign.faq.rakuten.ne.jp/app/ask1/


ジャンル一覧

おすすめキャンペーン



楽天市場の便利な機能
 

消費税率改正に関する重要なお知らせ

2019年10月1日より、消費税率が8%から10%に変わります。画面に表示されている価格は新旧税率が混在している可能性がありますので、ご了承ください。
※一部軽減税率が適用され、消費税率が10月1日以降も8%のままとなる場合があります。

また、旧税率で注文完了した後でも、ショップからの配送が10月1日以降になる場合は新税率が適用され、増税分が後から請求されることがあります。購入された商品の税率については、購入履歴の詳細ページをご確認ください。その他の消費税率変更に関する不明点はこちらをご確認ください。

社会的責任[CSR]