全てのジャンル
2016年 楽天市場 お中元特集は終了いたしました。たくさんのご利用ありがとうございました。次回は2017年6月頃リリース予定です。お楽しみに!
外国人妻キャサリンが学ぶ日本のお中元術

お中元のお礼状について

お中元の品を頂いた時に、嬉しい気持ちとともに、すぐに考えなければいけないのが相手に対する「お礼」です。きちんとしたお中元の「お礼」の伝え方や「お礼状」の書き方がよくわからないという方も少なくないのではないでしょうか。失礼に当たらないようお中元のお礼やお礼状のマナー、お礼状の書き方を覚えておきましょう。ここでは文例も紹介します。

  • ■まずはすぐにお礼状を!が貰ったときのマナー
  • ■お礼状の書き方とポイント
  • ■お礼状の例文
  • ■電話やメールでお礼をする場合のマナー
  • ■お中元を断りたい場合

まずはすぐにお礼状を!がお中元を貰ったときのマナー

お礼状では頂いたお中元を楽しんでいる様子を伝えると相手も喜ぶよね。写真を添えてもいいし、美味しかった等の感想を書くのもいいね。

お中元を受け取ったら、まずすぐにお礼をしよう。宅急便の場合は、贈り主はちゃんと自分の品物と想いが届いたか心配しているかもしれないから、
届いたらすぐにお礼状を贈って無事に受け取ったことを知らせてあげよう。

お中元のお礼はどのような方法で、いつまでにしたらいいのかな、一番失礼がない方法が「お礼状」だよ。
よほど親しい間柄でない限り、お礼状を「一両日中(1日〜2日の間)」で送るのがマナーだよ、電話でお礼を伝えた場合でもお礼状を出すのが正式なマナーだよ。

お中元に込められた心は「日頃の感謝の気持ち」と「暑さで体調を崩さないよう気遣う気持ち」や相手がお中元の品物を考えてくれたとき、
自分の趣味傾向や、家族構成などを考えて選んでくれたと思うととても嬉しい気持ちがこみ上げてくるよね。その気持ちを早く伝えよう!

関連ページ:
夏らしいはがき夏らしいレターセットチェキ

お礼状の書き方とポイント

感謝の気持ちが伝わればいいお礼状だけど、ある程度「お礼状のパターン(構成)」の決まりがあるよ。
お中元の送り状と同じで季節の挨拶や、結びの言葉を入れて、あとは感謝の言葉や頂いたものへの感想、自分が元気でやっていることを伝えよう。

■主なお礼状の内容構成

・時候の挨拶
・頂いた品に対してのお礼や感想の言葉
・頂いた品に対し家族全員が喜んでいる様子を具体的に述べる
・相手の体調を気遣う言葉など
・結びの言葉

近年、お手紙を書く機会も減っているしから、いざお礼状を書こうとすると、筆が進まない、何を書いたらいいかわからない、文章が浮かばないということはよくあるみたいだよ。
お中元のお礼状というと少しかしこまってしまう感じがするけど、あくまで感謝を伝えるお手紙だから、贈ってくれた相手のことを思って感謝の気持ちと自分たちの近況を伝えよう。

関連ページ:
お中元の送り状について

お礼状の例文

お礼状の書き方は個人相手とビジネスシーンで違うよ。それぞれの例をみてみよう。

「個人へのお礼状」

■親しい友人へのお礼状の例文

○○ 様

拝啓 毎日暑さが厳しい日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?
おかげさまで、私たちはいたって元気に過ごしております。

 さて、本日はお心のこもったお品を頂き、誠にありがとうございました。妻も大変喜んでおり、夫婦で美味しく頂戴いたしました。お優しい心遣い心より感謝申し上げます。
暑さは、まだまだ続くようです。皆様どうぞご自愛ください。
 略儀ながら書中にてお礼申し上げます。

敬具
平成○年○月○日

○○ ○○(自分の氏名)


■目上の方へのお礼状の例文


○○ 様

拝啓 盛夏の候、皆様には益々ご健勝のことと存じ上げます。

さて、本日はけっこうなお中元の品を賜り、誠にありがとうございます。毎々のご配慮に恐縮するとともに心より御礼申し上げます。
酷暑はまだまだ続くようです、皆様くれぐれもご自愛お祈りいたします。
まずは略儀ながら書面にてお礼申し上げます。

敬具
平成○年○月○日

○○ ○○(自分の氏名)


■「ビジネスシーン」のお礼状

株式会社○○○○
代表取締役 ○○ 様

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、本日はお心のこもったお中元の品をお届けいただき、誠に恐縮に存じております。
心から御礼申し上げますとともに、今後とも何卒よろしくご交誼のほどお願い申し上げます。

まずは、とりあえず御礼まで。
敬具
平成○年○月○日

○○○○株式会社
代表取締役 ○○ ○○


お中元で頂いたものについては「けっこうなもの」「心のこもった品」といった言葉で表すのもいいけど、品名をはっきり示すとよりお中元をくださったそれぞれの相手への感謝している気持ちも伝わりやすくなるのでおすすめだよ。近年ではイラスト付きのお礼状も人気で、マナー上堅苦しい挨拶になってしまいがちな文面もはがきや手紙に挿絵が入ることで和むよ。でもビジネスシーンで送る場合は節度あるものを選ぼう。

電話やメールでお礼をする場合のマナー

お中元のマナーとしては「お礼状」を出すことが基本だけど、メールや電話でお礼をすることも多くなってきたよね。
早く知らせるために、品物が届いたらすぐに電話で一度お礼をお伝えしてからお礼状を送るというのが一番感謝の気持ちが伝える良い方法だね。

電話でもメールでもお礼状でも伝えたいべき内容は同じだよ。「最近暑いですね」など季節や天候に関する話、お中元を贈って頂いたことへのお礼、贈って頂いた品への感想や近況、家族の話題、
相手の健康を気遣うなど、久しぶりに連絡する相手なら思い出話にも花が咲くよね。電話をする場合は、相手の都合を考えた時間帯にかけることや今大丈夫ですか、とまず都合を聞くことが大事だよ。

メールでお礼を伝える場合には、誤字脱字や絵文字の使用には気をつけよう。ビジネスシーンでの絵文字の使用は辞めよう。
また「取り急ぎメールで失礼します」とお礼状代わりをお詫びする一言を入れておこう。

お中元を断りたい場合

お中元やお歳暮は継続的なお付き合いだから、基本的に1回きりで辞めるのはマナー違反だよ。
でも嫌々続けて感謝が薄れたり、形骸化してしまってはせっかくの気持ちが台無しだね、そういう時は潔く辞める、断るというのも手だよ。

今後のお中元のやりとりを断りたい場合は、お礼状でその旨を伝えるのがマナーで、感謝を伝えるとともに「今後このようなお心遣いはなさいませんように」等、
決して相手の気持ちを無下にしないように丁寧に断ろう。

また今後のお中元のやりとりを断る場合は、お返しに同等額、または頂いたものより高価なものを返えすのも一つの方法です。相手より高価なものや、目下の人に対して、
同等額の品を贈ることには「今後は不要です」という意味が込められているよ。ただあまり明らかに高いものを贈ると嫌味になるから同額程度を目安にしよう。

また断りの意味や、1回きりのお返しを贈る場合、表書きは「お中元」「御中元」ではなく、「お礼」「御礼」と書くようにしよう。

関連ページ:
お中元のお返し

関連記事

リアルタイムでランキングをチェック

食品・グルメ・お菓子・スイーツギフトはこちら

ハムやうなぎなどの食品グルメ&アイスやゼリーなどの冷たいスイーツ

【楽天市場】お中元のお礼状について

社会的責任[CSR]