全てのジャンル

お中元の時期・期間

お中元を贈るのはいつからいつまで?時期・期間は地域によって異るので、各地のお中元の時期を把握しておけば、準備に慌てなくてすみますね。なぜ地域よって時期が違うのか?お中元の期間を過ぎてしまったら?などを紹介します。お世話になったあの人へ日頃の感謝の気持ちをお中元・夏ギフトと一緒に伝えよう。

目次

贈る時期はいつからいつまで?

お中元を贈る時期はいつからいつまでというマナーがあります。

お中元を贈る一般的な時期は、地域に差がありますが、全国的には7月はじめから7月15日頃までに統一されつつあります。
しかし、お中元も早割りなどでお得に購入できるケースも多くなっており、最近では全国的にも6月下旬等に準備・贈る人も増え、年々早まる傾向にもあります。 百貨店などのお中元商戦も6月初旬に始まる印象です。

感謝の気持ちを早く伝えることに問題はありません。早めの時期に贈るときは事前に送り状を出しておくと親切です。最近ではお盆以外に夏休みを取る会社も増え、6月~8月のお中元の時期は、 贈る相手先が旅行などで長期不在の可能性もあるので、生ものや冷凍食品を贈るときは注意しましょう。

お中元の送り状って?いつまでに送るの?

お中元のマナーの1つに送り状があります。「贈り物を近いうちにお届けすること」をお伝えるために送るものなので、品物よりも先にはがきや手紙で送るのが丁寧なマナーとされています。

夏のこの時期は長期旅行に出ている人もいますし、品物が届くことを相手にお知らせするのが目的なので、品物を贈る1週間前頃に送り状を送っても問題ありません。ですが、あまり先に送ると、なかなか届かないことを心配させてしまうかもしれません。
受け取る相手の都合も考えると、事前にきちんとお知らせすることが大事で、特にビジネスシーンでは必ず送り状を送るようにしたいですね。

送り状は、挨拶だけでなく、この日に贈るので受け取ってくださいね、という意思を伝えて相手に受け取る準備をしてもらう目的があります。

送り状の中身は、時候の挨拶、日頃のお礼、何をいつ贈る・贈ったかなどを書きます。大きくわけてビジネスシーンでの送り状と、知人や親戚、友人に送る場合とわけて考えるのが良いでしょう。
形式的なところと自分らしさをうまく組み合わせて相手の心に届く送り状を目指しましょう。

なぜこの時期なの?お盆との関係は?起源は?

お中元はもともと中国の道教の行事に由来していると言われていますが、「中元」とは旧暦の7月15日のことです。上元(旧暦の1月15日のこと)と下元(旧暦の10月15日のこと)と一緒に、中国の三元の1つとされています。この三元には、それぞれを司る神様がいて、「中元」を司る神様の地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)を祝い旧暦の7月15日に人々はお供え物をしました。

日本では室町時代に、これらのお供え物をする中国の行事が日本にすでにあったお盆の「盆礼」という風習と結びついたことが、「お中元」の起源となっていて、 旧盆の時期とも重なって、7月15日頃までに贈るのが風習になりました。

お中元の元となった中国の「中元」(旧暦7月15日)は、地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)という人の犯した罪を許してくれる神様の誕生日でした。それにあやかって、本来の中元には「罪を償う」という意味がこめられています。

室町時代に日本に来た中国の中元は日本の風習であったお盆に親戚や近所に祖先の霊を祭るためにお供え物を配った習慣と相まって、「お盆の頃にお世話になった人に品物を贈る」行為に変わっていきました。

現在では地域によって贈る時期に違いがあり、タイミングにより「暑中見舞い」や「残暑見舞い」と呼び方も変わります。

なお、年の暮れに贈るお歳暮は日本で最古と言われている「御霊祭り(みたままつり)」と言われており、もともと季節の変わり目に行われていたお祭りが起源と言われています。
その際のお供え物を、分家から本家へ、嫁ぎ先から実家へと届ける風習がお歳暮の由来とされています。お中元とお歳暮は類似した慣習のイメージがありますが、込められる意味合い、時期は異なります。

地域ごとの時期の違いは?関東と関西で違うお中元

一般的には、7月初旬から7月15日頃までがお中元を贈る時期とされていますが、地域によってその期間は異なります。大きく分けると関東と関西でお中元の時期が違います。
お中元を過ぎたあとは暑中見舞い、その後は残暑見舞いとして遅くとも8月中に贈るのが一般的なマナーとされています。

関東 ※明治の改暦の際、新暦を基にしたため

7月初旬~7月中旬(7月1日頃~7月15日頃)

関西 ※明治の改暦の際、旧暦を基にしたため

7月下旬~8月中旬(7月15日頃~8月15日頃)

暑中見舞い・残暑見舞い

7月中旬~立秋(7月16日頃~8月7日、8日):暑中お見舞い
立秋以降(8月7日、8日以降):残暑お見舞い

一般的に暑中見舞いは土用の内(立秋の前訳18日頃、7月20日頃~8月6日頃)に贈るものとされています。 もしお中元の時期を過ぎてしまったら、表書きを「暑中見舞い」、さらに過ぎてしまったら「残暑見舞い」とし、目上の方に送る場合は、「暑中御伺い」「残暑御伺い」と書きます。
関西の場合はお中元と暑中見舞い・残暑見舞いの時期がかぶっているため、8月16日以降を残暑見舞いとすることもあります。

地域別のお中元時期
北海道・東北・中国・四国・九州・沖縄

関東と関西では関東が前半、関西が後半という感じで分かれていますが、もっと細かい地域別の時期は下記のようになっております。
地域ごとの人気ギフトや地域ならではの贈り物を調べたり、逆に相手の地域以外の特産ギフトを選んでみたり、ギフトを贈る時期や地域に応じて選ぶと良いでしょう。

北海道 7月15日~8月15日

旧盆の期間にかかる上記期間が北海道の期間ですが、年々早まっているようです。
贈る時期に迷いましたら、全国の一般的な期間と重なっている7月15日を目安に贈れば問題ありません。
8月16日から9月上旬に贈る場合は残暑見舞いとして出すことが多いです。

東北地方 7月1日~7月15日

東北地方は関東と同じ時期で、お中元を過ぎたら8月7日頃の立秋までは暑中見舞い、
さらに過ぎてしまったら残暑見舞いとして贈ります。

北陸・甲信越地方 7月1日~7月15日(場所によって7月15日~8月15日)

北陸・甲信越地方はエリアで時期が大きく違う地域もあるので、迷う人も多そうです。
主な違いとしては、例えば都市部の金沢などでは関東地区と同じ7月1日から7月15日が一般的ですが、能登などでは、
7月15日から8月15日が一般的です。迷ってしまった場合には7月15日目安に贈りましょう。

中国・四国地方 7月15日~8月15日

中国・四国地方でもお中元を贈る時期は年々早まる傾向にあるようです。
この期間を過ぎたら8月16日から9月上旬までは残暑見舞いになります。
この辺りの地域は暑い時期が長いので、9月上旬に贈る場合もあります。

九州地方 8月1日~8月15日

全国の中では、最もお中元の時期が遅いのが九州です。九州の人に贈るときは時期には注意しましょう。
中国・四国地方と同じで8月16日から9月上旬までは残暑見舞いになります。

沖縄 年によって違う!

沖縄はかなり特殊で様々な行事を現在でも旧暦を基準に行っていることが多いです。
旧盆に合わせる形になるので、毎年お盆期間が変動します。
基本的にはお盆までに贈るのがマナーです。今年の沖縄のお盆は何月何日か贈るときはよく下調べしてから贈りましょう。

時期によって使い分けるのし
(お中元・暑中見舞い・残暑見舞い)

地域ごとに贈る時期に差があり、さらにお中元と暑中見舞い・残暑見舞いという贈るタイミングの違いによる名称の違いがあります。
お中元を贈るときに品物につけるのし(熨斗)も贈る時期によって表書きに「お中元」「暑中見舞い」「残暑見舞い」と書きます。

時期によって変えよう、のしの表書き

・7月初めから15日の中元まで(地域によって異なる)・・「御中元」「お中元」

・中元後7月15日以降から立秋ごろまで・・「暑中御見舞」「暑中見舞い」「暑中御伺い」

・立秋から9月上旬・・「残暑御見舞」「残暑見舞い」「残暑御伺い」

お中元もお歳暮も継続的なものですが、今年だけ贈りたい、お中元だけ贈りたいという時はのし紙の表書きを「お中元」「御中元」ではなく「お礼」「御礼」にして、感謝の品という立てつけにすると良いでしょう。

お中元とお歳暮、時期や相場、贈るギフトの違い

似ていると思われるお中元とお歳暮はまず贈る時期が違います。

お中元

「年明け~中元までの半年間お世話になりました」という感謝や「暑い夏にお体大丈夫ですか」という気遣いの意味が込められるお中元は夏の贈り物として、関東なら7月初旬~7月15日まで、関西なら7月下旬~8月15日までに贈るのが一般的です。

贈るものとしては、「うなぎ」「そうめん」や涼やかな「アイス」「ゼリー」や「桃」や「マンゴー」といった夏らしい季節感のあるものが人気です。食べ物以外だと、洗剤・タオルなどの日用品や相手が好きなものを選べるカタログギフトも人気です。

お歳暮

「年明け~歳の暮れまで1年間お世話になりました」という感謝と「来年も1年よろしくおねがいします」という新年の挨拶、新年を祝う意味が込められるお歳暮は、12月の上旬から20日頃までに贈るのが一般的です。
なお、お歳暮もお中元と同じで地域によって贈る時期に差があるので要注意です。

もしお歳暮の時期が過ぎてしまった場合、1月7日までに届けることが可能なら、表書きを「お年賀」として贈っても大丈夫ですが、それ以降に届ける場合は「寒中御見舞」や「寒中御伺」として遅くとも2月4日頃までには届くようにしたいですね。年上の方へ贈る場合には、敬意を表し「寒中御伺」と書きます。

贈るものとしては、年末に人が集まったときに大勢で楽しめる「ハム・ソーセージ」「ビール」「フルーツ」が人気です。お取り寄せの鍋セットなんかも喜ばれそうです。お歳暮にかける一般的な予算は3,000円から5,000円くらいが多いようですが、お中元よりお歳暮の方が予算は高めという人が多い傾向があります。

時期を守ることもマナーの1つ

日頃からお世話になっている相手に感謝の気持ちと、健康を願う気持ちを表すために贈るお中元は、結婚や就職をきっかけに贈るようになったという人が多いようです。

お中元は日頃の感謝の気持ちを表す良い機会です。古くから伝わる伝統なので、せっかく贈るのであればマナーを守って、より感謝の気持ちが伝わるように、 贈る相手の関係性や家族構成、贈る時期などに配慮して贈りましょう。

何を贈るかということだけに気を配るのではなく、時期や期間のマナーにも心配りができればより相手にも喜んでもらえるでしょう。
地域によって異なってくることをしっかり覚えておけば、準備も早めにすることを心掛けられるはずです。お中元の元々の意味や由来・起源・歴史を知ることで、なぜこの時期に贈るのかなど、より理解が深まるでしょう。

漫画でお中元について知ろう!

定番ギフトから選ぶ

-スイーツ・果物-

-グルメ-

-飲料・生活用品-

予算別で選ぶ

-予算別-

  • 3,000円未満

  • 3,000円以上~
    4,000円未満

  • 4,000円以上~
    5,000円未満

  • 5,000円以上

お中元・夏ギフトランキング

※本企画に参加しているショップまたは指定商品で絞り込んだランキング情報です。

※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

※掲載されている商品内容および商品説明は、各出店店舗の責任によるものであり、楽天市場はその内容について何ら保証、推奨するものではありません。

【楽天市場の季節イベント】
【楽天市場】お中元の時期・期間|お中元・夏ギフト特集
社会的責任[CSR]