全てのジャンル

お中元のお返し

お中元を頂いたら最初にすべきことはお礼の気持ちを伝えるということを覚えておきましょう。お中元は頂いたからといって、必ずお返ししなければいけないわけではありません。お中元のお返しにもマナーがありますので、ご紹介します。お世話になったあの人へ日頃の感謝の気持ちをお中元・夏ギフトと一緒に伝えよう。

目次

お中元のお返しはした方がいいのでしょうか?

初めてお中元を頂いた、そんな状況になった時にはどうしたらいいでしょうか。
例えば結婚して初めてお中元を義実家のご両親から受け取った場合「主人のお義母さんからお中元を頂いた、急いでお返しをしなくては」と焦ってしまうかもしれませんが、まず一呼吸おいて、最初にすべきことはお礼の気持ちを伝えるということを覚えておきましょう。

お中元もお歳暮も頂いたからといって、必ずお返しをしなくてはいけないわけではありません。品物を頂いたら、お返しより先に、お礼状をすぐに出すというのがマナーです。
さらに電話をするとより丁寧な印象になります。お中元を貰ったら、お返しは必須ではありませんが、お礼状は送らないとマナー違反、ということを覚えておきましょう。

お礼状を送ったあと、それでもやはりこちらからもお返しをしたいと思う場合はお返しを贈りましょう。
また、お中元のお返しにもマナーやルールがあるので気をつけましょう。
水ようかんをお中元に頂きおいしかったからといって同じものをお返しに送らない、
相手が公務員などの場合、お中元を贈られてもお返しの品を返してはいけない、など。

お返しの期間

お中元を頂いたら、まずはお礼状を書きましょう。相手の「お中元がきちんと届いたかどうかの心配」を早く拭ってあげるために、通常は一日両日でお礼状を出しましょう。
中にはお礼状とお返しを一緒に送る場合もありますが、お返しの品物を1日~2日以内で用意できる場合に限りますので、なるべく早く受け取ったことをお伝えしましょう。

お返しを用意していてお礼状が遅れてしまうのはNGです。お礼状をすぐに出して、ゆっくりとお返しを準備するほうがじっくりと品物も考えられていいですよね。
お中元のお返しは一週間くらい期間を空けてから贈るべきという意見もあります。お返しをしたい場合は、お礼状をすぐに出して、少し期間をおき、お返しを贈るという方法が一般的でしょう。

お返しの表書きは相手が部下や目下の方である場合には、「御礼」「お礼」もしくは「御中元」「お中元」にします。
ただし「御中元」「お中元」とする場合、時期によっては「暑中見舞い」「残暑見舞い」になるので注意しましょう。

前述通り、お中元をもらったら、「お返しを返すこと」<「お礼の気持ちを伝えること」が大事なので、まずはお礼状をすぐに送ることに気をつけましょう。

お返しの相場・金額は?

お返しは必須ではありませんので、通常は相手もお返しを期待していないはず、なのでお茶うけのお菓子や季節の果物など、気楽なものを贈ったほうが相手に気兼ねなく喜んでもらえるでしょう。
頂いたものに対して高額なお返しをすると「次からお中元は要りませんよ」という意味になり、失礼にあたることがあります。

金額については、頂いた品物の同等額程度の品物か「半返し」で半額くらいの品物を贈るようにしましょう。お返しの相場は返す相手との関係にもよって違ってきます。
同僚や友人など同等の関係の場合は、同等額程度のものをお返ししてもいいですが、目上の人や目下の人、同等ではない関係の相手にお返しする時は、半額か必ず頂いたものより安価なものを返そう。
5,000円のものを貰ったら、3,000円以内くらいのものを返すくらいが、ちょうど良いでしょう。相手のお中元よりあきらかに高いものは相手が気を悪くしてしまうこともあるのでNGです。

逆に「次からは要りませんよと断りたいとき」は立場の違う相手に同等額のものを返したり、高めのものを返して断りの意志を示す場合もありますが、その場合はお礼状に一言「次回からお気遣いなく」と添えるようにしましょう。

お返しの「のし」

お返しのときののし紙には、頂いたものと同じように「お中元」「御中元」と書くのが一般的で、お返しをする人が目下の人の場合なら「お礼」「御礼」とする場合もあります。
またお中元やお歳暮は継続的なお付き合いなので、1度限りはマナー違反にあたります。今年だけお返しをしたい場合は「お礼」「御礼」と書いた方がいいでしょう。

もし毎年お返しをしていたけど、今年はお返しをできないという場合などは、お礼状にその旨も書いてあげた方が親切です。相手が気を使って待ってしまわないように連絡してあげましょう。
「お中元」と書いて贈る場合は、お返しをするタイミングによってのしの書き方が、「暑中見舞い」や「残暑見舞い」になるので気をつけましょう。タイミングは地域によって違います。

お中元について、必ずしもお返しは必要じゃないということを踏まえて、お中元は感謝の気持ちを伝える行事なので、相手の好意を素直に受け取って「お気遣いをありがとう」という気持ちをお礼状で伝えることが一番大切です!でもお返しをされたら、嬉しい方がほとんどではないかと思います。お返しをする際のマナーをきちんと踏まえて、喜ばれるお返しを考えるのもまたお中元を楽しい行事にする一つの要素になるでしょう。

漫画でお中元について知ろう!

定番ギフトから選ぶ

-スイーツ・果物-

-グルメ-

-飲料・生活用品-

予算別で選ぶ

-予算別-

  • 3,000円未満

  • 3,000円以上~
    4,000円未満

  • 4,000円以上~
    5,000円未満

  • 5,000円以上

お中元・夏ギフトランキング

※本企画に参加しているショップまたは指定商品で絞り込んだランキング情報です。

※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

※掲載されている商品内容および商品説明は、各出店店舗の責任によるものであり、楽天市場はその内容について何ら保証、推奨するものではありません。

【楽天市場の季節イベント】
【楽天市場】お中元のお返し|お中元・夏ギフト特集
社会的責任[CSR]