お中元の選び方

お中元やお歳暮、品物選びで失敗はしたくないですよね。中元にまつわるマナーは時期やのし、お手紙に関して等多岐にわたってありますが最終的に、贈られてきた品物に一番注目しているかもしれません。相手が喜ぶお中元にしたいですね。お世話になったあの人へ日頃の感謝の気持ちをお中元・夏ギフトと一緒に伝えよう。

お中元やお歳暮、品物選びで失敗はしたくないですよね。

中元にまつわるマナーは時期やのし、お手紙に関して等多岐にわたってありますが最終的に、贈られてきた品物に一番注目しているかもしれません。相手が喜ぶお中元にしたいですね。

お世話になったあの人へ日頃の感謝の気持ちをお中元・夏ギフトと一緒に伝えよう。

何を選ぶべき?

お中元を贈るとき、相手が何を好きだったか、どんな家族構成だったか、嫌いなものはなかったか、いろいろなことを考えるでしょう。
相手への感謝の気持ちと共に喜んで貰えるものを考えて、実際に選んで、お中元を贈るというのは改めてとても素敵な行事ですよね。
趣味傾向がよく分かっている親しい仲である相手と、何を贈ったらいいか直接は聞けない間柄か、相手によって迷ってしまうことはよくあります。
贈る側の人柄が感じられたり、本当に自分たちのことを想って贈ってくれているお中元だな、と喜んでもらうために相手を思って選びましょう。
ポイントとしては、贈る相手によっても、品物の金額にはある程度の相場もあって、贈る相手は義両親なのか、実家なのか、会社で送るものなのか、お稽古事や趣味・スクール・教室の先生なのか・・
さらに相手の趣味傾向や、家族構成を思い出してみましょう。
例えば、お酒を飲まない家庭にお酒を送ったりするのは失礼に当たりますし、子供がいる家庭には、みんなで楽しめるようにと個包装のお菓子を贈ったり、相手の立場にたって考えることが最も重要です。

みんな誰に贈ってる?

お中元を贈るきっかけとして、結婚を機に、お嫁さんが両親や義両親に送るというケースがかなり多いようです。
お中元を贈る割合や関心の高さでも女性が目立っていて、結婚を機にマナーや親戚付き合いを意識し出し、それに伴ってお中元への関心も高まるようです。
女性は「実家」「義実家」「親戚」「兄弟」へのお中元の関心が高く、男性のお中元への関心の高さは女性より低いですが、その中では「会社」や「上司」「社長」へのお中元への関心が高いようです。
お中元は古くからの伝統であり、マナーをきちんと守って贈りたいという意識からのようで、男性に目立った傾向があるようですが、現在は女性の社会進出が進んでいくなかで、
女性の「会社」「上司」「取引先」への関心も上昇傾向にあるようです。
その他としては、子供や稽古ごとでお世話になっている「先生」や「友人」「ご近所」にという人も増えているようです。お中元というかっちりしたものより、手土産、夏の贈り物といった手頃でカジュアルな品の人気が高まっており、また、百貨店やインターネットで繰り広げられる夏のお中元商戦では、送料無料やお得に買える美味しそうなギフト商品を自宅用、自分達で楽しむように買う人も増えているようです。
他には、海外転勤になった上司や国際結婚を機に海外に住む相手の両親に日本の伝統、お中元を贈る人など、海外へのお中元も増えているようです。

品を選ぶときこんなところに気をつけよう

誰に何を贈るか相手のことを考えて感謝の気持ちを伝えるお中元ギフトですが、以下のようなポイントに気を付けると選びやすくなるでしょう

相手の家族構成や送り先の人数を気にする

一人暮らしの人に大量な詰め合わせセットや食材を贈っても冷蔵庫を占拠してしまったり、余らせたりしてしまうかもしれませんし、調味料やレトルト品の方がいいかもしれません。
子供が2人以上いる家庭には喧嘩にならないように、同じ種類が2個以上入っているお菓子セットにしたり、会社宛に贈る場合は、小分けにしやすい個包装のものを選ぶなど。人数や家族構成は大事なポイントです。

好き嫌いが分かれそうなものや、アレルギーなどは要注意

ビールや焼酎、ワインなどのお酒は定番のお中元ギフトですが、中にはお酒が飲めない方、ビールが苦手な方もいるので、注意が必要です。
あとは贈り先の家庭に食物アレルギーをもった人がいないか、糖尿病など持病がある方に贈る場合は、食品でなくタオルや洗剤などの日用品の方が無難でしょう。

まずは自分で試してみるのもアリ・気に入られたものは毎年でも

相手の好みもありますが、まずは自分で食べておいしいか試してみるのもよいでしょう。地元の特産品や話題のスイーツなど、自分が食べておいしいものは相手にも贈りやすいです。
過去に贈ったことのあるものでも、相手が喜んでいたら同じものを贈ると「毎年アレを贈ってきてくれるアノ人」と思い出してもらえるかもしれません。

生ものか、保存が効くか

生ものの場合は、相手が旅行など長期不在で受け取れないことがないか事前に連絡し、送り状を先に送りましょう。生ものには熨斗を付けないなどのマナーもあります。
お中元をたくさんもらいそうな相手に贈る場合や、喪中の相手には保存の効くものがいいかもしれません。食べきれないと相手に気を遣わせてしまうからです。

料理をする人かどうか

料理をする人にはお中元の定番であるハムはいかがでしょうか?そもそもなぜハムがお中元やお歳暮のギフトとして喜ばれるようになったかというと、大正時代、当時の日本のハム製造者が明治天皇に自家製のハムを献上し、そのおかげでハムは天皇へ差し上げるほどの高級で貴重な品だという認識が広まったという経緯があるそうです。
ハムは料理にも使いやすく、子供にも人気な食品なので、ギフトで喜ばれます。
料理をされる主婦の方にお中元を選ぶ際は、ハムも候補の一つに良いかもしれません。

あわせて読む

選べる、見つかる!

簡単ギフトサーチ

あなたのギフト探しをお手伝いします
送料無料やラッピング対応可、
メッセージカード付きなど
条件に合ったギフトを絞り込みできます

人気の定番ギフトから選ぶ

スイーツ・果物ギフト

グルメギフト

飲料・生活用品ギフト

厳選ショップから選ぶ

テーマ・こだわりから選ぶ

相手別

ランキング・評判

こだわり

お中元・夏ギフトの注目キーワード

期間限定キャンペーン

お中元・夏ギフト特設ページ

リアルタイムランキング

※本企画に参加しているショップまたは指定商品で絞り込んだランキング情報です。

※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

※掲載されている商品内容および商品説明のお問い合わせは、各ショップにお問い合わせください。

【楽天市場】お中元・夏ギフト特集2022|お中元の選び方
  • 昨年の売れ筋
    • ラッピングギフトボックス
    • 楽天ペイ 大丸松坂屋
    • 通期クーポン
    • スロット
    • のし付きフォーマルギフト
    • おすすめ20選
    • ナショクラ
    • ギフトサーチ