引越しの仮住まい時の荷物はどうする?荷物預かりサービスも

★ この記事は2,615回読まれています

引越し時に荷物を一時的に預かってもらいたい人は少なくありません。
仮住まい時に引越し荷物預かりサービスを利用する際、量や預けるものなど初回は不安です。
預ける時の注意点を含めて徹底解説していきましょう。

目次
  1. 引越し荷物預かりサービスとは?
  2. 引越し荷物預かりサービスを利用するタイミング
  3. 引越し業者を利用する場合のメリット・デメリット
  4. 引越し荷物預かりサービスで預けるもの
  5. 引越し荷物預かりサービスを利用する時の注意点
  6. 仮住まい生活では最低限必要な生活用品を
  7. 引越し業者の荷物預かりサービスはうまく利用しよう!
もっと見る

引越し荷物預かりサービスとは?

荷物預かりサービスはいろいろなシチュエーションで重宝するサービスです。
引越し業者の多くは、引越し荷物の預かりサービスを行っています。※1
一日単位から月単位までそれぞれ預ける荷物の量によって料金設定があり、会社によっても料金形態は異なるので注意が必要です。※2
荷物保存には欠かせない温度湿度の管理が行き届いたトランクルームやコンテナなどで預かってもらうことができるため、利用しやすいサービスとして知られています。※3

※1何かと忙しい引越し前。日にちは迫っているのにやることがいっぱい!! / 2019/9/14閲覧
https://lpmov.tetuso.co.jp/?gclid=Cj0KCQjwn_LrBRD4ARIsAFEQFKvoTl58VvLa38c3Bs71zPC8FMJa4zDpcjPY27s7EMXUguUbwzMHq5IaAu0gEALw_wcB
※2お荷物の一時保管 / 2019/9/14閲覧
https://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/optional/trunkroom/
※3コンテナ保管預かり / 2019/9/14閲覧
https://town-hikkoshi.com/option/container.html

引越し荷物預かりサービスを利用するタイミング

引越し預かりサービスは、どのようなタイミングで利用するのでしょうか?
引越し荷物預かりサービスの存在はあらかじめ認知していても、なかなか利用するタイミングが掴めないものです。
結果的に、便利なサービスだからこそ利用しないのは勿体ないので、事前にタイミングをしっかり確認しておくとよいでしょう。
引越し業者によっては、数日間であれば無料で預かってくれる場合もありますし、仮に退去と引越しの日にちがずれてしまっても利用できます。※4
引越し時にどんなトラブルが起こるのか分からないからこそ、危険予測をする意味も含めておさらいしていきましょう。

※4
お得なサービス
https://www.karugamo.co.jp/plan/option.php
2019/9/14閲覧

自宅のリフォームをする際

自宅のリフォームをする際は、一時的に別の場所に仮住まいとして部屋を借りなくてはなりません。
規模にもよりますが、大規模なリフォームの場合には自宅の荷物を一度家の外へ出す必要があります。
全ての荷物を仮住まいに持っていく必要がないため、このタイミングで仮住まい生活中に必要かどうかの判断をして荷物の仕分けをするとよいでしょう。
持家だけではなく、集合住宅でも家主の都合や築年数の関係で改装やリフォームをする場合にも大いに考えられます。※5

仮住まいに置けない大型家具がある場合

仮住まいでは全ての荷を解く必要はありません。
一時的に借りているという意味合いからもスペースの都合上置きたい家具が置けないというトラブルも起きます。
引越し業者に運んでもらったが、引越し当日に置けない家具が出たなどの時にも引越し業者のサービスでしたら、一社完結なので便利です。
特に一軒家からマンションなどに仮住まいする場合には、置けない家具が増えるため事前に予測立てして動くのがよいでしょう。
また、仮住まいがマンションの場合はエレベーターの有無や階数によっても置ける家具が限られてくるので、その点も留意する必要があります。
※5

退去・入居がずれる場合

一時的に仮住まいする場合でも、自宅のリフォーム開始の日にちと仮住まいの契約開始の日にちがずれる場合が中にはあります。
そのようなトラブルが起きた時に使い勝手がよいサービスが、引越し荷物預かりサービスです。
短期間の間だけ引越し業者に預かってもらい、仮住まいの部屋に後日運搬してもらう方法です。
仮住まいの部屋に入居して、荷物や家具を運んでもらったが、置けない場合もあります。
その際は、自宅のリフォーム完了まで再度預かってもらうことも可能なため利便性に優れています。
当日までに新居が整わなかったとしても安心です。
※5

※5
リフォーム時の一時引越しについて
https://www.the0123.com/benri/reform/
2019/9/14閲覧

引越し業者を利用する場合のメリット・デメリット

引越し荷物預かりサービスは、引越し業者が行っている場合が多いです。
それ以外にもトランクルームを専門としている会社もありますが、長期間ではなく一時的に荷物預かりを利用する場合には適さないでしょう。
最終的には、短期間のうちに自宅から仮住まい、仮住まいから再び自宅などと2回引越しをすることになるため、荷物管理の配慮や運搬が丁寧なことも視野にいれることが大切です。
引越し業者を利用して一時的な荷物預かりサービスをお願いする場合にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?※6

メリット

引越し業者を利用するメリットは、とにかく気軽に利用できるという点です。
まとめて手続きができるので時間と手間がかかりません。
引越しに付随して荷物引取り保管までしてくれるので、同じ会社で頼む方も安心感があります。
荷物量にもよりますが、短期間の預かりの場合は引越し料金に含まれる場合もある点もポイントが高いです。※6

デメリット

デメリットは、専門業者ではない故に起こるケースがある点です。
例えば、トランクルームとは異なり預けた荷物を思い立った時に出せないため不便があります。
しかしながら、短期間のことなのであらかじめ必要なものをリスト化するなど工夫することで改善できるでしょう。
荷物保管業を行う専門業ではないため、保管方法も期間や預ける量によってさまざまです。
壊れやすいものや温度に左右されたり湿気などに弱い荷物は、保管に向きません。※6

※6引越しの荷物どうしよう?困った時の荷物一時預かりサービスとは / 2019/9/14閲覧
https://www.homes.co.jp/cont/rent/rent_00162/

引越し荷物預かりサービスで預けるもの

荷物預かりサービスに預ける代表的なものとして、仮住まいでの生活において実際にその時必要・仮住まい期間中に恐らく必要になるであろう荷物かどうかの判断が必要になります。
引越し業者に預ける時の荷物仕分けポイントとしては、大型家具・オフシーズン用品・衣類の3点が挙げられます。
預けた荷物や家具は、もちろんいつでも取り出しは可能ですが、自分で鍵を保管して好きな時に取りにいけるトランクルームとは違い、業者を通さないといけないため気軽さには欠けます。
また、タンスなどの大きな家具また、タンスなどの移動をするのも大変で、手間も大きいため注意が必要です。
仮住まい中に必要な家具をあらかじめ選定して、引越し後までは使用しないのもおすすめです。
引越し業者に依頼する場合には、小物類などは自分たちで箱詰めしたまま新居に移る際に引越し業者が運んでくれますので、そのままの状態で預けたままでも安心できます。
なお、預けた荷物を頻繁に出し入れする可能性がある場合や夜間等に預けた荷物を取りに行く可能性がある場合には、レンタルスペースを借りた方が良いでしょう。
預かりサービスも出し入れは自由ですが、レンタルスペースは営業時間内なら自分で鍵を使って出し入れすることができるものが多いのも魅力的です。
状況に応じて使い分けると良いでしょう。

大型家具

仮住まいの場合は、一時的に借りていることもあり本宅よりも規模が小さい場合が多いでしょう。
タンスや食器棚などの大型家具は、あらかじめ寸法をとっていないと置けない場合もあります。
他のケースで考えられるのは、大型家具が玄関を通らないなどのトラブルもあるため、無理に仮住まいに設置しようとせずに荷物預かりサービスを利用しましょう。

オフシーズン用品

シーズンものと言っても、季節行事品をはじめ、ダウンなどの衣服や小物などが思い浮かびます。
その季節のみでしか使用しない用品は、一時的に保管することで仮住まいの家もゆとりスペースができて開放的に生活できるでしょう。
シーズン用品は、日常に使用するものとは異なり、預けるか否かの選定がしやすいのでおすすめです。
仮住まい生活期間に越さないシーズン用品はできるだけ預けることをおすすめします。

衣類

衣類に関しては2つに分類できます。
ひとつは季節ものかどうか、そしてサイズアウトしたものかどうかです。
シーズンに見合う衣類のみを仮住まいに持っていくのがよいでしょう。
また、子供がいる家庭ではすぐにサイズアウトしてしまうキッズ服がたくさんあります。
少し小さめで今後を見越して着衣する機会がなさそうなものや、下の子に着させたいけど当分サイズが見合うのは先の話だから今すぐには必要のない衣類などを選定することが大切です。
その他、着物などをしばらく着そうにない場合には預けておくのもひとつの方法でしょう。

引越し荷物預かりサービスを利用する時の注意点

お手軽に利用できる引越し荷物預かりサービスですが、気軽さ故に注意しなければいけないこともあります。
どんな荷物も預かってくれるからといって、気にせずに預けてしまうとトラブルが起こり不快な思いをしたり、不便さを感じてしまうケースもあるため、預かる時には事前にリスク管理をすることも大切です。
会社によっても自社のトランクルームやコンテナなど保管先が異なり、保管環境が整備されているかどうかも異なります。
引越し荷物預かりサービスを利用する際の注意点を見ていきましょう。

長期間使用しないものかどうか

荷物を預けた後、仮住まい生活で使うものを預けてしまうと、レンタルスペースとは違い時間問わず取り出すことができないために不便に感じることもあります。
小さくて軽いものでしたら、一人でも安易に引き出すことができても、重いものになると引越し業者の力を借りないと難しい場合もあり、想定外に大変な場面に遭遇するでしょう。
預ける前に、預けておく期間のスケジュール立てをして、必要か否かをチェックすることが大切です。

温度湿度に左右されないものかどうか

預ける荷物の中には、温度や湿度によってカビが生えやすいものなどもあります。
美術品や調度品、毛皮類は、高温や高湿の環境に弱いため事前に預け先の環境を確認することが大切です。
事前確認をすることにより、預けても問題ない場合と預けない方が良い場合を見極めて、仮住まい先に持っていくのかを決めるのがよいでしょう。

仮住まい生活では最低限必要な生活用品を

仮住まいでは、なるべく期間限定ということを念頭に置き、一定の期間暮らす必要最低限のものだけを置くようにします。
特に季節に応じて必要なもの、不必要なものの区別をつけておくことが大事なポイントです。
冷暖房器具やダウンなどの衣類、水着やウインタースポーツ用品を指すシーズン限定のものは必ず使うのかどうか単に予想しやすいでしょう。
調理器具や食器類、家電は短期間とはいえ生活のために必要不可欠ですが、数多く必要ではないため最低限の数量のみ仮住まい先に持っていきましょう。

引越し業者の荷物預かりサービスはうまく利用しよう!

引越しのタイミングでの悩みを解決してくれる助っ人的な役割を担うサービスが荷物預かりサービスです。
引越し業者がそれぞれ独自で行っているため、引越しの契約時に同時にオプションとして申し込むことができます。
スペースがなく仮住まい先に大型家具が設置できないなど急なトラブルでも臨機応変に対応してもらえるので柔軟に利用できる引越し荷物預かりサービスはおすすめです。

方位の人気記事一覧

風水 仕事運

仕事運をあげる開運風水で自宅をパワースポットに!

仕事運と風水には、密接な関係があります。 徳川家康は江戸の街づくりに風水を取り入れたといわれています。 その結果、多くの商人が富を得て、江戸時代は265年にわたって繁栄しました。 人は生きている中で、ありとあらゆる場所でパワーを吸収したり、消費したりします。 住まいの環境が整っていないと、吸収したパワーが離れてしまい、悪い気を受けてしまうことになりかねません。 ぜひ今回の記事を、仕事運アップの参考にしてみて下さいね。

×

※進呈するポイントの上限や条件の詳細はこちらから。
※メール見積は100ポイント獲得の対象にはなりません。