転居届の提出(郵便局) 引越しの手続きガイド

★ この記事は3,161回読まれています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旧住所に届く自分宛ての郵便物を新しい住所に転送する郵便局のサービスを利用しましょう。

手続きの内容 郵便局に旧住所へ届いた郵送物の新住所への転送を申請する
手続き時期 引越しの1週間前
手続きする場所 郵便局・郵送
必要書類 個人
・本人確認書類
・旧住所がわかるもの

企業・団体
・旧住所がわかるもの
・社員証等、申請者と企業との関係が分かるもの
※転居届の「届出人氏名印」欄には、代表者の氏名の記入および押印が必要

◆郵送
転居届用紙に必要事項を記入し、切手を貼らずにポストへ投函

◆インターネット
郵便局のWEBサイト内「e転居」から申請
 https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/
ポイント 転送可能期間は1年間です。延長手続きで更に1年間の更新が可能です。
海外への転送は対応していませんので注意が必要です。

 

方位の人気記事一覧

風水 仕事運

仕事運をあげる開運風水で自宅をパワースポットに!

仕事運と風水には、密接な関係があります。 徳川家康は江戸の街づくりに風水を取り入れたといわれています。 その結果、多くの商人が富を得て、江戸時代は265年にわたって繁栄しました。 人は生きている中で、ありとあらゆる場所でパワーを吸収したり、消費したりします。 住まいの環境が整っていないと、吸収したパワーが離れてしまい、悪い気を受けてしまうことになりかねません。 ぜひ今回の記事を、仕事運アップの参考にしてみて下さいね。

×

※進呈するポイントの上限や条件の詳細はこちらから。
※メール見積は100ポイント獲得の対象にはなりません。