家族での引越し費用を安くするには?引越しに伴う注意点は?

★ この記事は2,148回読まれています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子連れの家族の引越しは、何かと手間がかかり、引越し料金も高くなりがち。
引越しは安くすませたいものの、引越し業者に依頼できる部分は依頼したい方も多いのではないでしょうか。
家族の引越しでの引越し料金を安くすませるポイントや注意点をご紹介します。

目次
  1. 家族世帯の引越し費用はどれくらい?
  2. 家族での引越し費用を安くするには?
  3. 家族世帯の引越しプランの選び方
  4. 慌ただしい家族の引越しは「子供のメンタル」に注意
  5. まとめ
もっと見る

家族世帯の引越し費用はどれくらい?

ご家族での引越しは、4人家族の場合おおよそ8万円~20万円が引越し費用の目安です。
距離や荷物量によっても料金は変わりますが、使用するトラックの大きさや対応する作業員の人数で引越し料金の基本的な費用が決まります。
4人家族引越しの場合は、通常3トン~4トントラックを使用しますので1回の運搬費用の目安は5~6万円です。
作業員4人分の人件費3万円以上と合わせて、合計8万円程度が目安となります。
ただし、引越し時期によっても費用は大きく違います。
3月の引越しシーズンなどはオフシーズンに比べて20~30%高くなります。

家族での引越し費用を安くするには?

家族世帯の引越し費用を少しでも安くするためには、4つのポイントを押さえておきましょう

  • 荷物量(トラックの大きさ)を減らす
    引越しに使用するトラックの積載量を減らすことで、引越し料金が下がります。
    4トントラックを3トントラックに変更すると、1万円以上のコスト削減ができます。
    小さい積載量のトラックに荷物を積みこめるよう、不用品は処分するなどして荷物を減らしましょう。
  • 作業員の人数を減らす
    自分で荷物を運ぶと、作業員を減らせるため、料金が下がります。
    大型家具を運搬するには、通常2名のスタッフが必要です。
    しかし、荷物の運搬を家族で手伝えば、スタッフは1名でも引越しが可能になります。
  • 繁忙期を避けて引っ越す
    空いている日に引っ越す方が、料金は安くすみます。
    一般的に月末・月初の土曜、日曜日は引越しをする人が多く、料金は下がりにくい傾向があります。
    一方、中旬の平日は、引越しする人も少ないため、料金交渉がしやすい日程です。
    時間帯も料金に影響します。
    トラックが空いている時間帯に引越しをする格安のお任せプランを設定している業者もあります。
    日程や時間帯も、見積り時に引越し業者と相談しましょう。
  • 相見積りをとる
    引越し業者ごとに、割増料金の対象項目や料金が異なります。
    引越し費用を安く済ませるためには、相見積りは必須です。
    複数社に見積もりをとれば、料金交渉の材料にもなります。
    相見積をとったら、金額だけでなく料金に含まれる項目をよく確認しましょう。
    梱包資材はもらえるのか、時間帯指定はできるのか、作業員は何名なのか、など料金内で対応してもらえる項目も書き出してもらうと他社との比較もしやすいでしょう。

相見積りは、一括見積サイトが便利

相見積りをとるために、1社ずつ問い合わせをしていては手間がかかります。
一括見積サイトを通じて見積り依頼をすると、入力の手間が省けます。

【見積サイトで問合せてから引越しまでの流れ】

  • 一括見積サイトに入力、問合せをする
  • 引越し業者から連絡が来るので、見積り金額の確認または訪問見積の日程調整をする
  • 引越し業者からの見積金額の提示
  • 見積りを比較し、依頼したい業者と契約
  • 引っ越し作業

一括見積サイトに入力をすると、引越し業者から電話で連絡があります。
連絡はメールのみ、電話の時間は夕方以降など、希望があれば問合せフォームの備考欄に記載します。

多くの引越し業者から連絡が来るのは困る場合は、大手引越し業者のみを対象とした一括見積サイトを使うと安心です。
楽天の運営する一括見積りサイトは、信頼できる大手業者のみへ問い合わせできます。
さらに楽天スーパーポイントも貯められてお得。
安心して引越しを済ませたい家族世帯向けの一括見積りサイトです。

家族世帯の引越しプランの選び方

ご家族での引越しは、料金や手間など何を優先するかで最適なプランが決まります。
それぞれメリットがありますので、自分たちにあった引越しを探しましょう。

全部おまかせのプラン

全部おまかせプランは、荷造りから家具の梱包、搬送、設置まで全てを引越し業者に作業してもらうプランです。
急に引っ越しが決まった家庭や、小さなお子さんがいる家庭には、全部おまかせタイプが便利でしょう。
このタイプは、梱包や荷解きなど全て対応してもらえる分、引越し料金は割高です。
荷物運搬のみのプランの引越しよりもスタッフの数が必要になるため、その人件費の分、引越し料金は高くなります。

一部おまかせのプラン

荷物の梱包や引越し先での設置は自分たちで行い、純粋に荷物の運搬のみを依頼するプランの方が安いでしょう。
お子さんに手がかからず、自分たちで引越し作業ができる家庭であれば、こちらがおすすめです。
大きな家具・家電のみを運んでもらい、小さな荷物は自分たちで移動するなど、出来る範囲は自分たちで行うことで、オプションを減らせるので引越し料金は安くなります。
さらに費用を抑えたいならば、余裕を持って引越し予約をする、平日を選ぶ、繁忙期を避ける、など工夫しましょう。

家族でどこまで引っ越し作業に時間をかけられるか、子供への負担も考慮してプランを選ぶとよいですね。

慌ただしい家族の引越しは「子供のメンタル」に注意

荷物の梱包や引越し先での設置は自分たちで行い、純粋に荷物の運搬のみを依頼するプランの方が安いでしょう。
お子さんに手がかからず、自分たちで引越し作業ができる家庭であれば、こちらがおすすめです。
大きな家具・家電のみを運んでもらい、小さな荷物は自分たちで移動するなど、出来る範囲は自分たちで行うことで、オプションを減らせるので引越し料金は安くなります。
さらに費用を抑えたいならば、余裕を持って引越し予約をする、平日を選ぶ、繁忙期を避ける、など工夫しましょう。

家族でどこまで引っ越し作業に時間をかけられるか、子供への負担も考慮してプランを選ぶとよいですね。
引越しは、子供にとっては今までに経験したことがない大きな環境の変化。
引越し前後の子供はストレスが溜まりやすい状態ですので、メンタルケアに十分気をつけて引越しを進めましょう。


特に、転校を伴う場合は子供の精神的な負担は大きいものです。
子供は、仲の良い友達と別れや新しい学校への不安という大きな悲しみと不安を抱えることになります。
親も引越作業に追われ、イライラすることや不安を感じることもあるでしょう。
しかし、子供の前では出来るだけ不安を出さない方が賢明です。
家族で、引越し後の新生活の楽しみや、やりたい事などを話し合い、親子で引っ越しに前向きになれるとよいですね。
引越し後は、慣れるまで時間がかかります。
学校での話をよく聞いて、子供の体調や性格に変化がないか、よく注意して見守りましょう。

「挨拶回り」は子供と一緒に

家族での引越しの場合は、ご近所へ挨拶をしておくと安心です。
家族で生活する以上は、単身者よりも地域への関わりが深く、子供の学校の情報収集などにも役立ちます。
下記3つのポイントをおさえて家族で挨拶回りをしてください。

  • 手土産持参で苗字を覚えてもらおう
    ご近所に、子供と同じ年周りの子供がいる家庭もあるでしょう。
    今後お世話になる可能性も高いので、簡単な手土産を持参すると好印象です。
    手土産は500円~1,000円程度の菓子折りや洗剤、入浴剤などのセットが一般的です。
    消耗品でも生物の食品や消費期限が近いものは貰った側に喜ばれない事があるので避けましょう。
    「ご挨拶」用ののし紙に苗字を記入することで、相手にも覚えてもらいやすいでしょう。
  • 挨拶回りの範囲は、両隣だけで済ませない
    どこまで挨拶回りをするかは、一軒家かマンションかで異なります。

【一軒家の場合】
最低でも「向こう三軒両隣」には挨拶が必要です。
向こう三軒両隣とは自分の家の両隣と、道を挟んだ向かい側にある3軒の家を指します。
普段の生活で挨拶や世話になる機会も多くなるのでできるだけ挨拶に行きましょう。
また、地域や場所によっては裏向かいの家や、地区の代表者の家にも挨拶をしておくと安心です。


【マンションの場合】
両隣と上下の部屋には挨拶に伺いましょう。
同年代の子供が多いなど、交流が多いマンションの場合は、同フロアの全戸に配るのもおすすめです。

1週間以内を目安に挨拶回りを済ませる

引越しの日の前までに「引越し作業で騒音をおかけしてしまうかもしれませんが・・」という形で挨拶回りしても問題ありません。
相手の不在等でタイミングが合わない場合には、ポストへの投函やドアノブへ掛けておくという方法をとり、深夜や早朝の訪問は避けましょう。

まとめ

家族世帯の引越しの注意点についてご紹介しました。
少しでも安く済ませるためには、荷物を減らし、自分たちでできることは自分たちでやる、繁忙期を避ける、相見積りをとる、この4つがポイントです。

家族世帯の引越しの場合は、子供のメンタルケアにも時間をとる必要があります。
引越しを安く済ませようと引越し作業を頑張るあまり、子供との時間がとれなくなってしまうことがないよう、引越しプランは慎重に選ぶのが賢明です。
学校に通う子供がいる場合には、近所への挨拶回りを通じて学校の情報収集をすることもできます。
忙しい時ではありますが、早めに挨拶回りを済ませると、子供も安心できるかもしれませんね。

方位の人気記事一覧

風水 仕事運

仕事運をあげる開運風水で自宅をパワースポットに!

仕事運と風水には、密接な関係があります。 徳川家康は江戸の街づくりに風水を取り入れたといわれています。 その結果、多くの商人が富を得て、江戸時代は265年にわたって繁栄しました。 人は生きている中で、ありとあらゆる場所でパワーを吸収したり、消費したりします。 住まいの環境が整っていないと、吸収したパワーが離れてしまい、悪い気を受けてしまうことになりかねません。 ぜひ今回の記事を、仕事運アップの参考にしてみて下さいね。

×

※進呈するポイントの上限や条件の詳細はこちらから。
※メール見積は100ポイント獲得の対象にはなりません。