男性単身引越しのポイント 引越し見積もり成功のポイントをチェック!

★ この記事は32回読まれています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性単身引越しの方必見!
引越し費用を抑えるための引越し見積もりのポイントから引越し荷物をまとめるコツ、挨拶回りのポイントなど男性単身引越しを成功させる為のポイントをご紹介します。

目次
  1. 男性単身引越しのポイント
  2. 料金相場
  3. 単身パックの選び方
  4. 荷物量を出来るだけ減らして、安く引越しをする
  5. 引越しした後に
もっと見る

男性単身引越しのポイント

男性の場合、引越し会社には単純に運搬だけを任せ、引越し後の家具や配線設置などを自分で行うことで、余計なオプションの無い最低料金での引越しが可能です。

通常の単身引越しでは、作業員が2名で計算されることが多いですが、これは、大きな家具等は2人で持つことを前提としているためです。

料金を安くしたい場合、この荷物運搬等の作業を手伝うという形で、作業員1名で引越しを依頼できる会社を探すという方法もあります。

料金相場

引っ越す距離や荷物量にもよりますが、おおよそ3万円~6万円の金額で収まるケースが多くなります。
引越しの価格は、使用するトラックの大きさや対応する作業員の人数によって決まります。

男性の単身引越しの場合は2トントラックを使用する場合が多いので1回の費用が2万円。
作業員2人分の料金が1万円~で、合計3万円程度~が目安となります。

料金は相見積もりや交渉によって下げることもできますが、基本的に単身の引越しの金額自体が高く設定されていないため、大幅な値引きは難しいともいえます。

安さだけを考えて選ぶと、事前準備のための梱包材やダンボールの配布が少ないため足りなくなってしまう場合や、ダンボール等は別料金になってしまうケースもありますので、トータルで考えて選びましょう。

単身パックの選び方

荷物の少ない一人暮らしの単身引越しなら、各引越会社の単身パックを使うとで、より安く引越しできます。
この単身引越しパックには大きく分けて2種類あります。
自分にあったタイプのプランを選びましょう。

荷物量を出来るだけ減らして、安く引越しをする

男性の単身引越しで使用するダンボールは10個~30個程度が平均的です。

荷物量は個人差が大きいためばらつきがありますが、荷物量が少ないほど料金が安くなる可能性がありますので、引越しの機会に荷物を減らすことをおすすめします。

通常、単身の引越しでは2トントラックが使用されますが、この2トントラックにもサイズがあり、ショートサイズとロングサイズで積載量が異なり、見積もりにも影響します。

荷物が比較的少ない状態であれば、ショートサイズで充分ですので、見積り時に確認しましょう。

引越しした後に

男性単身引越しの場合、悩ましいのが近隣への挨拶まわりです。
人の出入りが多い都会では引越しの挨拶を行わない場合も多いようです。
一人暮らしの引越しで挨拶を行う場合、左右両隣と上下の部屋に行くようにしましょう。

500円~1000円程度の菓子折りや洗剤、入浴剤などのセットが一般的です。
この時必ず消耗品を選ぶことが重要です。
形に残るものや、生物の食品、消費期限が近いものは貰った側に喜ばれない事があるので避けましょう。

訪問先は女性が一人暮らしをしている場合などもありますから、深夜や早朝に伺うのは避け、一週間経ってもタイミングが合わなかったらポストなどに投函しておきましょう。

方位の人気記事一覧

社会的責任[CSR]