楽天ふるさと納税 楽天トラベルクーポン

お礼の品を探す

かんたん返礼品サーチ

特集・キャンペーン

自治体タイアップ特集

開催中の特集

災害支援特集

自治体関係者向けのご案内

ふるさと納税ニュース 購読はこちら

マイナポータル連携について

e-Taxを利用して確定申告を行う場合、マイナポータル連携を利用することで、より簡単に申告手続きを行うことができます。このページでは、マイナポータル連携を行うための手順や注意点をご案内しています。

マイナポータル連携を利用すればすべてオンラインで完結!スマホでもOK!つながる!

イナポータル連携とは?

マイナポータルとは?

マイナポータルとは、マイナンバーカードを使うことでいつでもどこでも行政の手続きができる政府運営のオンラインサービスです。手続きによってはオンライン申請をワンストップで行うことができたり、ご自身に関する情報を確認できたりする自分専用のサイトで、さまざまなサービスを高いセキュリティで安全に利用することができます。

e-Taxとは?

e-Tax(国税電子申告・納税システム)とは、国税に関する申告や法定調書の提出、届出や申請などの各種手続きをインターネットを通じて行うことができるシステムです。

マイナポータル連携とは?

マイナポータル連携とは、所得税の確定申告において、マイナポータルを活用して控除証明書等の必要書類のデータを一括取得し、申告書の該当項目に自動入力する機能です。
楽天ふるさと納税におけるマイナポータル連携にあたっては、株式会社野村総合研究所が提供している官民連携クラウドサービス「e-私書箱」を利用します。

マイナポータル連携を活用すると確定申告はこう変わる!マイナポータル連携を利用しない(従来の方法)らくらく便利!マイナポータル連携を利用する・各証明書の回収・手動アップロード・金額の手入力…などの作業が発生・証明書等のデータを一括で取得できる!・申告書に自動入力&自動計算!税務署へ提出

イナポータル連携の手順

はじめに

こちらのページでは、はじめてマイナポータル連携を行う方に向けた一般的な手順をご案内しています。一部のアカウント登録や連携がお済みの方は、スキップできる手順がございます。また他の方法でもご申告いただけます。上記に該当しない方は、以下のサイトをご参考にお手続きをしてください。

連携のお手続きはお早めに!

すべての連携手続きが完了するまでには、数日かかります(詳しくは、以下の「マイナポータル連携の手順(初回の操作)」をご参照ください)。確定申告期間が始まる前に必要な準備を済ませた上で、お早めに各種手続きをされることをおすすめいたします。

マイナポータル連携の手順(初回の操作)

事前準備2月中旬までに済ませておくとスムーズです確定申告期間(毎年2月~3月中旬頃)完了までに5日程度見ておきましょう①利用者登録②連携③連携④証明書電子交付⑤e-私書箱連携⑥確定申告・1~3は連続してお手続きするとスムーズです・2と3の順番は逆でもお手続き可能です
1

事前準備

マイナポータルの利用者登録を行う

いつでも可能

5-10分程度

準備するもの

マイナンバー
カード

ICカードリーダライタ
または
マイナンバーカードの
読み取りに対応したスマートフォン
詳しくはこちら

手順

  • 1. マイナポータルのサイトにて利用者登録を行う
  • 2. 利用者登録完了後、マイナポータルの「もっとつながる」メニューより「e-私書箱(野村総合研究所)」欄の「つなぐ」をクリック

続いて次の手順へ進みます

2

事前準備

マイナポータルとe-Taxの連携を行う

いつでも可能

5-10分程度

引き続き、以下2点が必要です。

  • ・マイナンバーカード
  • ・ICカードリーダライタまたはマイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォン

手順

  • 1. マイナポータルの「もっとつながる」メニューより「国税電信申告・納税システム(e-Tax)」欄の「つなぐ」をクリック
  • 2. 同意確認画面が表示されるので、内容確認後「同意」をクリック
  • 3. 案内に従って手続きを進め、「つながり完了」画面が表示されたら連携完了です

続いて次の手順へ進みます

3

事前準備

e-私書箱のアカウント作成と
e-私書箱とマイナポータルの連携を行う

いつでも可能

5-10分程度

引き続き、以下2点が必要です。

  • ・マイナンバーカード
  • ・ICカードリーダライタまたはマイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォン

手順

  • 1. マイナポータルの「もっとつながる」メニューより「e-私書箱(野村総合研究所)」欄の「つなぐ」をクリック後、同意確認画面が表示されるので、内容確認後「同意」をクリック
  • 2. e-私書箱のページへ遷移するので、メールアドレスの登録など必要な手続きを行う
  • 3. マイナポータルの「つながり完了」画面が表示されたら連携完了です

ここまでがマイナポータル連携の事前準備です

このあとは確定申告の時期になりましたらご自身の状況に合わせてお手続きください。

4

楽天ふるさと納税マイページより
「寄附金控除に関する証明書」の電子交付手続きを行う

確定申告期間中(毎年2月~3月中旬頃)

3~6営業日程度

手順

  • 1. 楽天ふるさと納税マイページ「確定申告に伴うお手続き」ページ(※2022年2月公開予定)より、証明書の交付希望年を選択し、同意などの手続きを行う
  • 2. 電子ポスト(証明書交付ページ)がご利用可能な状態になったら、「お手続きを進める」ボタンをクリック
  • 3.電子ポストへ遷移するので、電子交付された証明書を確認する
  • e-Taxを利用しない場合は、こちらの画面から証明書の電子データ(xmlデータ)を取得し、国税庁の提供するQRコード付証明書等作成システムにてPDFファイルに転換し、利用してください。

マイナポータル連携を利用する場合は
続いて次の手順へ進みます

5

e-私書箱と楽天ふるさと納税の連携を行う(e-私書箱連携)

確定申告期間中(毎年2月~3月中旬頃)

5-10分程度

準備するもの

マイナンバー
カード

ICカードリーダライタ
または
マイナンバーカードの
読み取りに対応したスマートフォン
詳しくはこちら

手順

  • 1. 電子ポストページの「e-私書箱連携」をクリック
  • 2. 「すでにアカウントをお持ちの方はこちら」より、マイナンバーカードを使ってe-私書箱へログインし、企業連携同意画面にて同意・連携を行う
  • 3. 「e-私書箱連携完了」画面が表示されたら連携完了です

これで各種連携手続きは完了です

このあとは確定申告のお手続きを進めてください。

6

確定申告書を作成し、すべての書類をe-Taxより税務署へ提出する

確定申告期間中(毎年2月~3月中旬頃)

30分程度

引き続き、以下2点が必要です。

  • ・マイナンバーカード
  • ・ICカードリーダライタまたはマイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォン

手順

  • 1. 国税庁の確定申告書等作成コーナーにて確定申告書の作成を進める
  • 2. 「マイナポータル連携の選択」画面にて「マイナポータルと連携する」を選択する
  • 3. 取得する証明書選択画面にて「寄附金控除に関する証明書」を選択し、申告書を作成する
  • 4. すべての書類を税務署へ提出する

これで確定申告のお手続き完了です

  • ・所要時間は、必要準備品がそろっている状態で、かつスムーズに作業が進んだ場合の目安時間です。環境や手続き内容などにより個人差がありますので、予めご了承ください。
  • ・各サイトにてメンテナンスが行われている場合もございますので、予めご確認の上お手続きください。

関連リンク

イナポータル連携の注意点

連携のお手続きはお早めに!

すべての連携手続きが完了するまでには、数日かかります(詳しくは、本ページの「マイナポータル連携の手順(初回の操作)」をご参照ください)。確定申告期間が始まる前に必要な準備を済ませた上で、お早めに各種手続きをされることをおすすめいたします。

マイナンバーカードが必要です

マイナポータルのご利用にあたっては、マイナンバーカードが必要です。マイナンバーカードの交付には概ね1ヶ月ほどの期間を要しますので、マイナンバーカードをお持ちでない方はお早めに交付申請をされることをおすすめいたします。

確定申告の期限を過ぎてしまったら

各種お手続きが確定申告の期限内に間に合わなかった場合は、還付申告を利用する方法もあります。還付申告書は、確定申告期間とは関係なく、その年の翌年1月1日から5年間提出することができます。詳しくは国税庁のページでご確認ください。