全てのジャンル

2017年(平成29年)控除金額シミュレーター

ふるさと納税で控除される金額の目安を、年収と家族構成から計算できるツールです。自己負担金を2,000円に抑えて寄附できる上限額が分かります。寄附金額を検討する際のご参考としてご活用ください。

ご利用の前に

  • ・当ページのシミュレーターで計算できるのは、あくまで目安としての額になります。
  • ・控除額および自己負担額は年収、寄附金額、世帯構成、他の控除(医療費や住宅ローンなど)などの状況で変動します。具体的な上限額の計算は、お住まいの市区町村の住民税担当部署、または管轄の税務署にお問い合わせください。

計画的に? お気軽に?

あなたはどちらの使い方?

計画的に

目安の上限額を保存して
計画的にふるさと納税を行いたい方は...

ログインして利用する

ログイン

保存した入力内容は再度ログインすることで自動的に表示されます。

お気軽に

参考までに目安となる
上限額を計算したい方は...

ログインしないで計算する

このまま下のフォームをご利用ください

当ページにて、必須項目を入力いただければ寄附上限額および控除額の目安が表示されます。
入力情報を保存するにはログインが必要です。

Step1 自己負担2,000円における寄附上限額をシミュレーション

寄附者の年収

給与収入額

家族構成

配偶者

専業主婦

共働き(年収141万円以上)

扶養家族

中学生以下(16歳未満)

高校生(16~18歳)

大学生(19~22歳)

23歳以上

自己負担2,000円における寄附上限額

Step2 寄附予定額から控除額と自己負担額をシミュレーション

寄附予定額を入力すると控除額と自己負担額の目安が表示されます

寄附予定額

控除額(所得税+住民税)

自己負担額 0

入力内容をクリアする

保存する

ログインすると入力情報を保存できます

  • ※「上記の入力内容を保存する」ボタンをクリックしますと、ログインした状態でマイページをご利用いただいた際に、「自己負担2,000円の場合の寄附上限額」や「寄附予定額における自己負担額」の情報が保存され、いつでもご確認いただくことができます。
    また、ご入力内容に合わせたおすすめのお礼の品を表示する場合がございます。予めご了承くださいませ。

シミュレーターのご利用にあたって

  • 当ページのシミュレーターは平成27年1月の制度改正に基づいています。(監修:中田哲也税理士事務所)
  • モデルケース別に見る控除上限金額の目安と参考例のページも参考にしてください。
個人型確定拠出年金:iDeCo(イデコ)
ふるさとを観光バスで巡ろう!
不要品を売るなら楽天買取

ふるさと納税はじめてガイド

ふるさと納税での寄附が初めての方や、制度について詳しく知りたい方はまずこちらをチェック!

社会的責任[CSR]