2021年締切直前!まだ間に合う「ふるさと納税」お礼の品選び方ガイド

PICK UP!注目の返礼品

かんたん返礼品サーチでさらに検索

年末のふるさと納税の注意点

2021年の寄付受付は12/31(金)23:59まで!

2022年の税金控除を申請する場合は、年内に確実に寄付の手続きを終わらせましょう

まずは、寄付上限額をチェック!

  • かんたんシュミレーター
  • 詳細版シュミレーター
  • 1寄付前に自治体ページを確認!

    自治体によって12月31日以前に寄付受付を締め切っている場合もあります。お申込み前に自治体ページでよくご確認ください。

  • 2お支払い方法にご注意を!

    寄付のお申込みをされただけでは、「申込み手続き」は完了していません。
    申込み手続きが完了するタイミングは、ご利用のお支払い方法によって異なります。以下を参考に、早めに手続きを進めましょう。

    クレジットカードをご利用の場合オススメ
    お支払い手続き後、カード会社のオーソリゼーションを通過した時点で手続き完了。
    ※ご使用のカードがオーソリゼーションを通らなかった場合、寄付のお申込みは無効となります。

    Apple Payをご利用の場合(Apple Payに対応しているiPhoneのみ)
    Apple Payの認証が完了し、楽天市場のご注文完了画面が表示された時点で手続き完了。

    銀行振込をご利用の場合
    振込の手続き後、自治体の口座に入金された時点で手続き完了。
    ※2021年12月14日(火)から1月初旬まではご利用いただけませんのでご注意ください。

    その他にも、自治体によっては、Alipayでのお支払いを選択できる場合もございますが、Alipayも2021年12月14日(火)から1月初旬まではご利用いただけませんのでご注意ください。寄付先の自治体概要ページをよくご確認の上、お客様の状況に合わせて決済方法をお選びください。

  • 3ワンストップ申請書は早めに送付!

    年末に寄付をした場合、自治体から申告書が送付されるのを待っていると申告の締切に間に合わない可能性があるため、ダウンロードしたものを使用してすぐに送付した方が安心です。

    #申請書をダウンロード

    申請書に記入、捺印し、2022年1月10日までに
    寄付先の各自治体へ申請書を送付(必着)

    ブラウザからのダウンロードを推奨しています。
    (楽天アプリでは、一部のスマートフォンで
    ダウンロードできない場合がございます)

    確定申告をご利用の場合

    楽天ふるさと納税マイページから取得できる「寄附金控除に関する証明書(電子データ)」または、自治体から郵送で受け取れる「寄附金受領証明書」のいずれかを利用して、2022年2月16日(水)~3月15日(火)の間に確定申告の手続きを行ってください。

    ワンストップ特例制度でお申込みをされた場合も、確定申告に切り替えることが可能です。
    その際、寄付先の各自治体への連絡は不要です。

    • ワンストップ特例制度 詳しくはこちら
    • 確定申告 詳しくはこちら

まだ寄付できる返礼品を探そう

上限額に合わせて寄付金額から探す

  • ~10,000円
  • ~20,000円
  • ~30,000円
  • ~50,000円
  • ~100,000円
  • 100,000円~
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

特集から探す

  • はじめての方向け

    何を選んだらよいか分からない方は、まず年間ランキングをチェックしてみましょう。多く方が選んでいる返礼品なら品質も安心です。

  • 旅行がお好きな方に

    実際に使うのは来年でもOK!(※利用期限はございます)行ってみたい地域や泊まってみたい宿泊施設がある方は、楽天トラベルクーポンを選ぶのもおすすめです。

  • あなたの寄付で地域を応援

    地域の課題解決のために寄付をしたい!という思いをお持ちの方は、ぜひクラウドファンディングのプロジェクトをご覧ください。あなたの寄付が直接地域に役立ちます。

  • 高額返礼品をお探しの方に

    寄付上限額が高い方は、豪華なお礼の品特集へ。高額返礼品なら一度で寄付を済ませられるというメリットも。寄付額ごとの組み合わせ例も紹介しています。

ランキングから探す

※企画開始時点でお取り扱い中の返礼品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で返礼品内容の変更や在庫切れとなっている可能性もございますので、予めご了承ください。