道の駅おとふけを訪れるすべての人に地域の魅力を伝え、北海道十勝・音更町を盛り上げたい!

現在の寄付額
-
目標金額
10,000,000
さらに 募集中
達成!
寄付者
-
残り
-受付終了
募集期間
2021/10/29(金)10:002022/01/28(金)09:59
返礼品を選んで寄付する
更新日時
2021/10/29(金)10:00

プロジェクトについて

日本の「食」を支えるまち・北海道音更町

広大な大地と美しい自然に恵まれたまち・音更町
広大な大地と美しい自然に恵まれたまち・音更町

音更(おとふけ)町と言えば、北海道の東部、十勝平野のほぼ中央に位置し、平坦な地形を活かした大型農業機械による大規模な土地利用型農業を展開しています。さまざまな農畜産物が生産されていますが、特に小麦、大豆、小豆の作付面積や生産量では国内首位の座を占め、日本の「食料基地」としての役割を担う、農業が基幹産業のまちです。

まちの魅力を発信!~2022年4月「道の駅おとふけ」リニューアルオープン

新たな「道の駅おとふけ」(イメージ)
新たな「道の駅おとふけ」(イメージ)

日本の食料基地の役割を担う音更町では、生産者の思いが込められた豊かな農畜産物を食材とした多くの「美味しいもの」に出会うことができます。その出会いの場となる「道の駅おとふけ」は2022年4月、道東自動車道音更帯広インターチェンジに近く、十勝を代表する菓子メーカー「柳月スイートピアガーデン」の隣接地にリニューアルオープンを目指して整備を進めています。

2020年12月11日から2021年3月12日までの間で実施した楽天ふるさと納税クラウドファンディング(第1弾)を通じて全国の皆さまからご支援を受け、道の駅おとふけの整備を行いました。敷地内には、十勝の魅力を全国に強く印象づけたドラマである連続テレビ小説「なつぞら」のヒロインが十勝で成長する時期に登場したセットを模した施設が建設されます。

 

コロナ禍による影響が深刻化

新たな「道の駅おとふけ」の全体配置図(イメージ)
新たな「道の駅おとふけ」の全体配置図(イメージ)

青くて爽やかで大きく広がる青空のことを地元では「十勝晴れ」と呼びます。特に夏の真っ白な雲と真っ青に澄み切った空のコントラストは美しく、その果てしなく広がる様は、見る者を圧倒します。

この美しい風景や開拓者精神に溢れる農業者の姿など十勝の魅力が詰まった連続テレビ小説「なつぞら」は、2019年4月から9月にかけて放送され、ドラマの舞台となった十勝には大勢の観光客が訪れました。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により観光客は激減し、ドラマに関連するイベントが中止されるとともに海外での再放送も観光需要に結びつけられず、地域活性化に大きな打撃となりました。

アフターコロナを見据え、その先へ

建設中の「なつぞらエリア」(2021年9月25日時点)
建設中の「なつぞらエリア」(2021年9月25日時点)

音更町は、農業者が作った乳業会社「よつ葉乳業」の基幹工場や十勝を代表する菓子メーカー「柳月」の工場兼店舗「柳月スイートピアガーデン」が立地するなど、そこはかとなくドラマの世界観を感じられるまちです。このまちの魅力発信拠点である道の駅おとふけには、「なつぞら」のヒロインが十勝で成長する時期に登場した「柴田家の母屋、牛舎、サイロ」と菓子店「雪月」のセットを模した施設を整備し、ドラマの世界観をよりはっきりと感じられるようにします。この施設を整備するエリアをドラマの世界観にとどまらず、美しい「十勝晴れ」、特に夏の空への思いを込めて「なつぞらエリア」と名付けました。

音更町では、アフターコロナを見据え、道の駅おとふけ「なつぞらエリア」を活かした地域PRイベントを持続的に開催し、農業にまつわる地域の歴史や文化を内外に広め、国内外の多くの方に「北海道十勝音更町に来たい!」と思っていただけるよう、関係者一丸となって音更町を盛り上げていきます。

 

寄付金の使い道

ドラマの世界観を体感できる施設を活かしたイベントを開催します
ドラマの世界観を体感できる施設を活かしたイベントを開催します

いただいた寄付金は、新たな「道の駅おとふけ」敷地内に整備する「なつぞらエリア」を活かした地域PRイベントの開催などに活用させていただきます。

【事業実施のスケジュール】
・2020年12月:楽天ふるさと納税クラウドファンディングプロジェクト開始(1回目)
・2021年 7月:セット再現に係る工事等の着工
・2021年10月:楽天ふるさと納税クラウドファンディングプロジェクト開始(2回目)
・2021年12月:建物完成、内装制作等着手
・2022年 3月:完成・引渡し
・2022年 4月:道の駅おとふけ移転開業に合わせてオープン

寄付額を選ぶ

以下の返礼品一覧より、ご希望の寄付額の返礼品をお選びいただき、返礼品ページへお進みください。通常のふるさと納税と同様に「寄付を申込む」ボタンをクリックして手続きすれば寄付が完了いたします。

返礼品として、北海道十勝音更町をご堪能いただくため、音更町の人気返礼品である「よつ葉乳業」の乳製品と「柳月」のスイーツをご用意しました。いずれもこのプロジェクトのために厳選してご用意したセットです。

また、寄付をいただいたすべての方を対象に今回整備する施設の壁面(屋内)に用意する木の板にご芳名を掲示いたします。結婚、出産など人生の節目を迎えるあなたの記念を残してみてはいかがですか。
・1万円から15万円未満  通常板(横約80mm×縦約15mm)に記名
・15万円から20万円未満  特別板Type1(横約160mm×縦約30m)に記名
・20万円以上       特別板Type2(横約260mm×縦約50mm)に記名

【ご芳名掲示について】
・掲示をご希望されない方は、申込時に備考欄にご入力ください。
・掲示は、道の駅おとふけ開業(2022年4月予定)以降となります。

  • 楽天ふるさと納税クラウドファンディング
  • 岐阜県関市のプロジェクト
  • 鳥取県米子市のプロジェクト
  • 福井県坂井市のプロジェクト
  • 大阪府泉佐野市のプロジェクト
  • 目標金額到達の如何を問わず、返礼品は受け取ることができます。
  • 目標金額到達の如何を問わず、寄付の返金はございません。
  • 目標寄付額に到達しなかった場合、自治体内で頂いた寄付の使い道を検討し、別の事業に活用する場合がございます。
  • 目標寄付額を超えた寄付額分についても、自治体内で頂いた寄付の使い道を検討し、別の事業に活用する場合がございます。
  • プロジェクト開催中であっても、返礼品の内容が変更になる場合がございます。詳細は自治体ページにてご確認ください。
  • 受付期間終了または目標到達前に、自治体または楽天の判断で寄付受付を停止する場合がございます。
  • サイト上の寄付合計額、寄付人数などの実績は、即時反映ではありません。