全てのジャンル

敬老の日ガイド

みんな迷ってる!?「敬老の日」は何歳

「敬老の日」は何歳から?敬老の日に、おじいちゃんと、おばあちゃんの長寿を祝いたいけれど、何歳から祝っていいかわからない!まだまだ若いのに失礼じゃないかな?贈る側としてもせっかく相手に喜んでもらいたいとお祝いをするのに、気分を害されてしまうリスクは避けたいですよね。そんな方はこちらをご覧ください。

「敬老の日」に何歳からという決まりはない

  • 敬老の日とは、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」。対象は「老人」となりますが、何歳からという決まりはありません。

    ですので何歳でも間違えではないのですが、最近は特に若々しい方が増えているため、年齢だけで「老人」と線引きされて、敬老の日の対象になることに抵抗がある方もいらっしゃいます。

    贈る側としてもせっかく相手に喜んでもらいたいとお祝いをするのに、気分を害されてしまうリスクは避けたいですよね。

「老人」って一般的には何歳から?

「敬老の日」の年齢の決まりがないのなら、その対象となる「老人」とは一般的に何歳からなのでしょう?「老人」も何歳以上を指すのかという統一された基準はありませんが、古来からの伝統や公的機関の定めた定義などを見ると、60歳か65歳のいずれかとすることが多いようです。かつては60歳が中心でしたが、いまは65歳あるいはそれ以上を「老人」とするのが一般的となりつつあるようです。

▼60歳 日本では昔から60歳以降を老人とみなすことが多く、60歳の還暦から始まり、以降に定期的に長寿を祝う習わしがあります。またこれまでは、会社の定年と年金の受給開始が60歳というのが一般的で、「老後ライフ」の始まりとして60歳から老人ととらえるケースが多いようです。

▼65歳 国連の世界保健機構(WHO) は高齢者の定義を65歳以上と定義しています。また、老人福祉法では該当する老人は65歳以上と定めています。また、会社の定年や年金の受給開始が65歳に引き上げられつつあるため、65歳を老人と定義するケースが増えてきています。

「孫から」であれば年齢はさほど気にしなくてOK

年齢で判断できないとなると、いつから敬老の日を祝い始めたらいいのか迷うところ。敬老の日のお祝いをスタートさせるタイミングで多いのが「孫」が生まれておじいちゃん・おばあちゃんになったからというもの。

年齢ではなく、おじいちゃん・おばあちゃんという間柄に注目したお祝いの仕方であれば、贈られる側も抵抗なく喜んでくれるはずですね。

いかがでしたか?いざお祝いしようとすると何歳からあげていいのか意外と迷う「敬老の日」。感謝の気持ちがきちんとつたわるよう、まずは相手の気持ちを考えてみることが大切ですね!素敵な敬老の日になりますように。

⇒ギフト選びは、楽天市場の「敬老の日特集」で!

定番ギフトから選ぶ

花ギフトやセットギフト

スイーツ・グルメやファッション

予算別でギフトを選ぶ

こだわりや条件で選ぶ

こだわりギフト

年代別で選ぶ

贈る相手別で選ぶ

厳選ショップのギフトから選ぶ

ショップをもっとみる

キーワードからさがす

期間限定キャンペーン

おすすめのページ

その他の企画

リアルタイムランキング

おくりものナビでもっとギフトを探そう!

ラッピングやのし、メッセージカードなどのギフト対応が可能なギフト認定ショップから、
贈るシーンにぴったりなプレゼント選びをご提案致します。

【楽天市場】みんな迷ってる!?「敬老の日」は何歳から?|敬老の日プレゼント・ギフト特集2020
社会的責任[CSR]