「花摘み観光」を途絶えさせたくない!花であふれる魅力ある南房総市を復興させたい!

景観・まちづくり
現在の寄付額
-
目標金額
15,000,000
さらに 募集中
達成!
寄付者
-
残り
-受付終了
募集期間
2021/07/30(金)10:002021/10/28(木)09:59
返礼品を選んで寄付する
更新日時
2021/07/30(金)10:00

プロジェクトについて

全国でも珍しい露地花栽培が有名な観光都市である「南房総市」

ご自身で摘んだ花を売店で精算します。「花摘み観光」は南房総市の早春の風物詩です。
ご自身で摘んだ花を売店で精算します。「花摘み観光」は南房総市の早春の風物詩です。

南房総市は南側から東側を太平洋、西側を東京湾に囲まれた房総半島の南端にあります。

黒潮の影響で冬でも暖かく、無霜地域の特性を活かした露地花栽培は昭和40年代から始まり、1月から3月には61万人の観光客が露地花摘みに訪れます。

露地花摘みとは、現地でお渡しするはさみを持ち、指定された園地に咲いている花を収穫し、その花を買い持ち帰ることができるという収穫体験です。

まちが誇る「花」を起点に、再度盛り上がりたい!

長年地元の人にも観光客にも愛された露地花栽培は、令和元年台風による被害、令和2年のコロナウィルス感染拡大予防のための緊急事態宣言等によって、観光客が減少。それと同時にこの花畑に近い道の駅ちくら潮風王国でも平成18年の49.3万人をピークに入込数が減少しています。

観光客の減少、作付面積の縮小の負のスパイラルが起こっており、コロナ禍の終息のあとも、潮風王国や花摘み観光の入込数が上昇するとも考えにくく、花摘み観光という特徴的な産業が衰退し、人が集まらなくなるのも時間の問題です。寂れてゆく千倉地区を何とかしたいという気持ちは、すべての市民共通の思いです。

平成17年ごろの様子。色鮮やかな多種類の花が観光客の皆様をお待ちしていました。

 

魅力ある花畑を復活させ、たくさんの人にお越しいただき地域経済を盛上げたい!

昨シーズン(2021年1月)の花畑の様子。緊急事態宣言もあり観光のお客様は激減しています。
昨シーズン(2021年1月)の花畑の様子。緊急事態宣言もあり観光のお客様は激減しています。

ふるさと納税を軸とした生産者の直売を強化し、おうち時間が増加している皆さんの家でもお花を楽しんでもらえる花の生産拠点、およびに販売拠点を拡充します。

南房総市の特徴である温暖な気候により1月から3月の寒冷期に花栽培のピークを迎えるため、全国的に花の流通量が低い時期にお届けできる強みがあります。東京ドーム1個分の敷地面積を誇る花畑があるものの、甚大な被害をもたらした一昨年2回の台風と、昨今の外出規制によりそれは荒れ地と化し、道の駅ちくら潮風王国、周辺で花摘み観光用の花を植えていた農家、近隣宿泊施設運営者は壊滅的なダメージを受け、平成30年度の観光収入と比較すると売上高はマイナス40パーセントの状態です。

一部の事業者が花を生産する形態には限界があり、地域をあげて「花の生産量強化、販売促進、花畑の復興、観光客再誘致の資源づくり」の達成が喫緊の課題であります。

広大な面積を誇る花畑を再生し、観光地としての復興を行います

  1. 道の駅ちくら潮風王国、周辺で花摘み観光用の花を植えていた農家だけでなく、地域シルバー人材を活用して「地域ぐるみの花畑復興」を実現します。
  2. 太平洋をバックに花畑で写真を撮ったり、子どもがお花摘み体験ができる場を提供したり、高齢者に憩いの機会を提供できるような花畑を整備します。
  3. SNS上で継続的に「花畑フォトコンテスト」の開催を実施することや、観光に提供力を持つインフルエンサーと提携し、地域住民が気づけない「新たな魅力」の発見と発信を行います。
  4. 南房総市にはアワビやサザエ、伊勢えびなどの豊富な海産物が水揚げされ、代々続く干物などの水産加工販売業者も多くあります。花の販売に加えて、水産加工品などを取り扱う事業者も多いため、道の駅「ちくら潮風王国」にバイヤーを招き、花が咲き乱れる季節に商談会を行います。
  5. 観光ポータルサイトと連携し、宿泊クーポン等、お客様がリーズナブルに宿泊することが出来る環境を作ります。

 

 市内に複数ある花畑の平成16年頃の様子

 

市内外に「南房総の花畑ファン」を増やしたい

今回のクラウドファンディングで皆さまからいただいた寄付は、「花畑を拠点とし観光地としての復興」という目的を実現させるため、下記の事業に充当させていただきます。

◆耕作放棄地の耕作・再生を行います。
道の駅ちくら潮風王国、潮風王国テナント会等が主体となり、耕作放棄地を借り受け農地を再整備し花畑を再生させます。

◆子ども達に地域の産業を伝え、「花摘み観光」を未来に繋ぎます。
地域の小学生を対象として花の植栽から摘み取りまでの体験を行い、花摘み観光への見聞を深め担い手育成のきっかけを作ります。

◆市内外から人々が集う花畑をつくります。
花が咲く期間中ライブカメラを設置したり、写真撮影用のスポットを作るなど、多くの人々が訪れ、また訪れたくなる観光地としての復興を目指します。

 

寄付額を選ぶ

以下の返礼品一覧より、ご希望の寄付額の返礼品をお選びいただき、返礼品ページへお進みください。通常のふるさと納税と同様に「寄付を申込む」ボタンをクリックして手続きすれば寄付が完了いたします。

南房総市の魅力を味わえる海の幸をご用意しました。道の駅のテナントに入っている事業者が提供する品も多くあります。このプロジェクトと共に、プロジェクトを支える事業者を応援してください。

  • 楽天ふるさと納税クラウドファンディング
  • 岐阜県美濃加茂市のプロジェクト
  • 千葉県南房総市のプロジェクト
  • 兵庫県加西市のプロジェクト
  • 岐阜県高山市のプロジェクト
  • 目標金額到達の如何を問わず、返礼品は受け取ることができます。
  • 目標金額到達の如何を問わず、寄付の返金はございません。
  • 目標寄付額に到達しなかった場合、自治体内で頂いた寄付の使い道を検討し、別の事業に活用する場合がございます。
  • 目標寄付額を超えた寄付額分についても、自治体内で頂いた寄付の使い道を検討し、別の事業に活用する場合がございます。
  • プロジェクト開催中であっても、返礼品の内容が変更になる場合がございます。詳細は自治体ページにてご確認ください。
  • 受付期間終了または目標到達前に、自治体または楽天の判断で寄付受付を停止する場合がございます。
  • サイト上の寄付合計額、寄付人数などの実績は、即時反映ではありません。