全てのジャンル

自動運転の社会実装モデルを構築し、全国の高齢化が進むまちの課題を解決したい

景観・まちづくり
現在の寄付額
-
目標金額
5,000,000
さらに 募集中
達成!
寄付者
-
残り
-受付終了
募集期間
2019/10/25(金)10:002020/01/24(金)09:59
返礼品を選んで寄付する
更新日時
2019/10/25(金)10:00

プロジェクトについて

かつてのベッドタウンから、住民がいきいきとまちづくりに活躍するまちへ

昭和40~50年代にかけてベッドタウンとして人口が急増
昭和40~50年代にかけてベッドタウンとして人口が急増

大阪府河内長野市は、大阪府、奈良県、和歌山県の境目に位置しており、市の7割を山林が占める自然豊かなまちです。

また、交通の要衝として古くから栄え、豊富に残された歴史遺産は2019年に日本遺産にも認定されるなど、歴史文化の豊かなまちでもあります。

一方で、大阪府下の市で少子高齢化の進行がトップクラスであることから、これらの課題解決に向けて、自動運転の実装化に向けた取組みや、民間事業者との連携など、新たな取組みにも積極的にチャレンジしています。

ベッドタウンとして栄えたまちから一転、消滅可能性都市へ

少子高齢化に伴い、急速に人口減少が進む住宅地
少子高齢化に伴い、急速に人口減少が進む住宅地

河内長野市では昭和40年頃から約20年間にわたり、郊外住宅団地を一斉に整備したことで、団塊世代を中心に子育て世帯の転入が急増し、人口が約3倍にまで増加しました。しかし近年、その住宅団地を中心に急激な高齢化と人口減少が進んでいることから、本市の高齢化率は大阪府内の市でワースト1位という厳しい状態が何年も続いています。

また、坂道の多い郊外住宅団地では自家用車での移動が中心となりますが、高齢者による自動車事故が頻繁に報道される中、運転に不安を感じる高齢の方も増えてきています。ただ、いざ自家用車を手放すとなると、買い物や通院など日々の暮らしでの移動が困難になることから、なかなか手放せないのが現実であり、こうした移動問題が喫緊の課題となっています。

そこで、高齢化が進む住宅団地において、自動運転モビリティを実用化することで、高齢になっても移動に困らず、住み慣れた場所で安心して住み続けられるまちをつくるとともに、多世代が住みやすい環境を整備することでまちの再生を図ります。

 

自動運転の実用化をいち早く実現し、移動に困らないまちへ

使用する自動運転車両(ヤマハモーターパワープロダクツ製電動ゴルフカート)
使用する自動運転車両(ヤマハモーターパワープロダクツ製電動ゴルフカート)

現在、日常生活での移動手段としては、自家用車や自転車、バス、タクシー、徒歩などですが、ここに自動運転による新たなモビリティを加えることで、高齢になっても買い物や通院など日常の移動に困らず、いつまでも住み慣れたまちで快適に住み続けられる環境をつくります。

自動運転の実用化モデル構築により全国の開発団地を住み続けられるまちへ

今回の取組みは、単に移動の課題解決を図るだけではなく、新たなモビリティが人と人との関わり合いやつながりづくりの場としても機能することで、コミュニティの創出やまちの活性化にもつなげていきたいと考えています。

そこで掲げたのが、「のりあい」から、「ふれあい」へ。のコンセプトです。

年齢を重ねても移動に不安がなく、人とのふれあいや支え合いを大切にしながら、多世代が暮らしやすい、快適なまちをつくっていく。河内長野市南花台での取組みを、全国に数多ある開発団地の再生に向けた一つのモデルとしていきたいと考えています。

寄付金の使い道:安全で、のんびり、楽しく乗れる自動運転モビリティの実現

河内長野市南花台で実装化を目指す自動運転は、道路に電磁誘導線を敷設し、その上を低速のモビリティが走行する形態です。

そのため、いただいたご寄付は、電磁誘導線の敷設と、自動運転車両の整備に使用させていただきたいと考えています。
また、これらで整備した車両が実際に運行するために必要なオペレーションシステムの導入にも使わせていただきたいと考えています。

 

寄付額を選ぶ

以下の返礼品一覧より、ご希望の寄付額の返礼品をお選びいただき、返礼品ページへお進みください。通常のふるさと納税と同様に「寄付を申込む」ボタンをクリックして手続きすれば寄付が完了いたします。

河内長野市の自然から生まれた素材や、歴史により生まれた技術など、地域の特徴が詰まった10品です。
返礼品を通して河内長野市を味わっていただく、楽しんでいただく、感じていただくのはもちろん、河内長野市に足を運んでいただくきっかけにもなるような返礼品をご用意しています。

  • 楽天ふるさと納税クラウドファンディング
  • 大阪府河内長野市のプロジェクト
  • 佐賀県唐津市のプロジェクト
  • 北海道弟子屈町のプロジェクト
  • 山梨県富士吉田市のプロジェクト
  • 目標金額到達の如何を問わず、返礼品は受け取ることができます。
  • 目標寄付額に到達しなかった場合、寄付の返金はございません。
  • 目標寄付額に到達しなかった場合、自治体内で頂いた寄付の使い道を検討し、別の事業に活用する場合がございます。
  • 目標寄付額に到達しなかった場合、返礼品の内容が変更になる場合がございます。詳細は自治体ページにてご確認ください。
  • 受付期間終了または目標到達前に、自治体または楽天の判断で寄付受付を停止する場合がございます。
  • サイト上の寄付合計額、寄付人数などの実績は、即時反映ではありません。
社会的責任[CSR]