mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2020/12/24更新

ベビー用品で絶対に必要なものリスト【決定版】これさえ揃えておけば安心!

「ベビー用品って色々あって何を揃えておけばいいかわからない」というママに向けて、産後絶対に必要になるベビー用品から、あると便利なおすすめアイテムまでをご紹介。また、出産・育児を経験した楽天ママ割メンバーに調査した、ベビー用品の揃え方についてのアドバイスも掲載しています。出産準備の参考にしてみてください。

ベビー用品で絶対に必要なものリスト!出産までに準備しておこう!


赤ちゃんのお世話は出産後すぐに始まります。最低限これだけは出産前に準備したいというアイテムをご紹介します。

肌着 5枚〜
肌着には、着物のような形で、腰までの丈の単肌着と、足までの丈の長肌着、長肌着の股の部分にスナップが付いたコンビ肌着があります。
基本的に赤ちゃんは肌着+ベビー服(ロンパース)の姿で過ごします。短肌着か長肌着かは季節に合わせて使い分けるとよいでしょう。赤ちゃんの動きが活発になっていたらコンビ肌着に切り替えることで、肌着がはだけて赤ちゃんの身体が冷えるのを防げます。赤ちゃんは1日に数回着替えることもよくあるので、新生児サイズを5枚程度用意して、足りないようなら買い足すとよいでしょう。

ベビー服(ロンパース)3枚〜
肌着の上に着る物で、大人の洋服の役割をはたします。まずはサイズが合うものを3枚程度用意し、季節や成長に合わせて買い足すとよいでしょう。

おくるみ 1枚〜
おくるみとは赤ちゃんを包む大判の布のことです。これを使えば、ふにゃふにゃの新生児も抱っこしやすくなります。少なくとも1枚は用意しておき、洗い替えや季節に合わせて買い足してみてください。

おむつ 2袋
赤ちゃんはおむつを1日に10枚以上使うこともあります。ただし、新生児サイズのものは生後1カ月程度でサイズアウトしてしまうこともあるため、まずは2袋ほど用意して様子を見るとよいでしょう。

おしり拭き 1袋〜
赤ちゃんのお肌は敏感です。おしり拭きにはアルコール不使用で水の割合が多く、赤ちゃんの肌に負担が少ないものを選びましょう。まずは1つ使ってみて、買い足す際に使い勝手のよいものを選んでみてください。

ベビーバス 1個
生まれてすぐの赤ちゃんは抵抗力が弱いため、生後1カ月頃までは感染症予防としてベビーバスを使うのが一般的です。ベビーバスの種類は大まかに「空気を入れて使えるタイプ」、「シンクで使えるタイプ」「床置きで使えるタイプ」「折りたたんで使えるタイプ」「スポンジや発泡スチロール製のお風呂マットのようなタイプ」があります。
まずは沐浴をする場所を決めて、場所の広さや生活スタイルに合ったタイプを選びましょう。また、ベビーバスを清潔に保つためにも、お手入れの手軽さも選定の基準にしてみてください。

ガーゼ 5枚〜
肌に優しいガーゼは、授乳や沐浴、赤ちゃんの汗を拭く際など、赤ちゃんのお世話に欠かせません。ガーゼは洗濯すればすぐに乾きます。もしこまめに洗濯ができる場合は、まずは5枚程度準備すれば充分でしょう。

ベビーソープ 1個
慣れない沐浴を手早くするために、初めは「泡タイプ」のベビーソープがおすすめです。月齢が大きくなるにつれて、コストパフォーマンスのよい「固形タイプ」や「液体タイプ」に移行するとよいでしょう。

爪切り 1個
赤ちゃんの爪は小さく薄いため「ハサミタイプ」の爪切りが使いやすいでしょう。爪が硬くなっていたら「クリックタイプ」や「ヤスリタイプを」試してみてください。

また、出産準備に必要なアイテムについては「これでOK♪出産準備に「最低限」必要なものリスト&おすすめアイテム」の記事でも詳しくご紹介しています。

■ベビー用品を揃えるにはいくらぐらい必要?

赤ちゃんの生まれた時の大きさや季節によっても、ベビー用品の中で必要なアイテムやサイズは異なります。出産前に用意するのは最低限のものに抑え、生まれた後に買い足すことが、ムダをださないポイントです。

最低限必要になるベビー用品の総コストは、メーカーやブランドにより異なりますが、目安としては1万円前後でしょう。各ご家庭でまずは予算を組んでみて、その予算内であればどんなタイプの商品があるのかを、余裕があるときに検討してみてください。

また、出産にかかる費用に関しては「出産費用の自己負担はいくら?都道府県別の平均は?もらえる給付金も解説」の記事をご覧ください。

絶対便利!おすすめベビー用品から必要なものを探そう


すぐに必要はないけれど、赤ちゃんとママの様子を見ながら徐々に揃えたいベビー用品をリストにしました。気になるものは今からリサーチをしておくのもいいですね。

授乳クッション
授乳クッションはママのお腹に装着して使い、授乳中の赤ちゃんを支えてくれます。抱っこよりも安定してママの負担も軽くなります。クッションや座布団、タオルなどで代用できるため、使用しない人もいるようです。

ベビー用綿棒
綿棒は赤ちゃんの目ヤニや耳垢、鼻の掃除、へその緒ケアなど細かい部分に使います。普通の綿棒の場合、丸い綿体が大きすぎてお世話がしづらいことも。そんなときはベビー用の小さな綿棒を用意しましょう。

おむつ専用ゴミ箱
おむつ専用ゴミ箱は安いものから高いものまで幅広くあります。ランニングコストを許容できるか、地域のゴミ回収方法などと照らし合わせて購入を検討してください。おむつ専用のゴミ箱でなくても、蓋付きの密閉性が高いゴミ箱であれば代用も可能です。

抱っこ紐
抱っこ紐を使い始める時期や、使用する場面によって適切な抱っこ紐を選びましょう。外出時など長時間安定的に使うのであれば「腰ベルトタイプ」が、ベビーカーをメインにするのであれば持ち運びに便利な「スリングタイプ」がおすすめです。

バウンサー
バウンサーとは手で揺らしたり、赤ちゃんの動きによってゆりかごのように揺れたりするベビーチェアです。小さくはないため、設置場所を確保する必要があります。

よだれかけ
スタイ、ビブとも呼ばれます。よだれの量は個人差が大きく、お祝いでいただくこともあるため、必要になってから買い揃えても良いでしょう。

ベビーカー
ベビーカーには生後1カ月ごろから使えるA型、1人で座れるようになってから使えるB型、生後1カ月ごろから使えるけどコンパクトなAB兼用型があります。ご自分の使い勝手、赤ちゃんの好み、予算に合わせてベストなものを選びましょう。

チャイルドシート
チャイルドシートは、マイカーがあるご家庭などでは必ず用意するアイテムです。退院時に使う場合は、そのときから必要になるので、出産前に購入し取り付けておきましょう。

哺乳瓶
ママのおっぱいが出る量や、赤ちゃんがおっぱいを飲む力は授乳が始まってみないとわかりません。そのため、入院中の授乳の様子を見てから哺乳瓶を購入しても良いでしょう。

消毒液
沐浴後のへその消毒に使います。退院時に小さなサイズで消毒液を持たせてくれる産院もあるようです。

ベビー用品で必要・不必要なものは?先輩ママのアドバイスを紹介

出産・育児を経験した楽天ママ割メンバーに「ベビー用品で必要だったもの・不要だったもの」を調査しました!ここではその中から一部をご紹介します。

Q.ベビー用品で必要だった物は何ですか?

「ガーゼ・肌着」
・ ガーゼや肌着は思っていたよりもすぐ汚れるので、何枚も用意していてちょうどよかった。

「授乳用品・その他」
・ ベビージムに変形することもできるメリーはうちの子のお気に入りです。
・ 円形の座布団は赤ちゃんをお昼寝させたり、乗せたまま移動させたりできるので便利。

Q.ベビー用品で使わなかったものはありましたか?

「授乳用品」
・ 授乳用品は出産後に母乳が出る量がある程度わかってから購入した方がいい。
・ 授乳用のケープは母乳があまり出なかったので使うことがなかった。

「洋服・スタイ・その他」
・ 80〜90センチサイズの服はお祝いでいただくことが多かった。
・ 大きめに生まれたので50〜60センチサイズの服はすぐに着られなくなってしまった。

■節約できるベビー用品

赤ちゃんの成長に合わせて必要なものが変化してしまうベビー用品。節約する方法もありますので、参考にしてみてください。

まず、ベビーバスなどの大型で短期間しか使わないものはレンタルで準備するのも1つの手です。使わなくなった後の収納場所や処分方法なども考えて、検討してみてください。

また、ベビーカーやチャイルドシートなどはフリマアプリや中古ショップなどでも売られています。新品の半額以下ということもあるのでチェックしてみましょう。

綿棒などは100円ショップでも購入できます。まずは100円ショップを見てみて、ないものはベビー用品店で揃える、としてみてもいいかもしれません。

■赤ちゃんだけじゃない、あって良かったママ用アイテム!先輩ママの声を紹介


赤ちゃんのための準備に追われ、ママの準備が後回しになっていませんか?初めての出産、慣れない入院生活を少しでも快適にするアイテムについて、楽天ママ割メンバーの声をご紹介します。

Q.入院の際に持って行ってよかったものはなんですか?

・ペットボトルにつけるストローは必須。陣痛から出産までとても体力を使い起き上がるのさえ大変だったので持参して良かった。
・ コロナで面会NGだったため、常時テレビ電話で赤ちゃん映し、夫とやり取りしていたので携帯三脚が便利だった。
・ カイロ。腰に使う予定で用意していましたが、両足の冷え対策に使いました。多めに持参してよかった。
・ 入院中に飲む飲み物は自販機で買うと思うが、普段キャッシュレス生活のため現金をあまり持っておらず、入院中に主人に現金を持ってきてもらった。


Q.買ってよかったママアイテムを教えてください!

・ 洗って繰り返し使える母乳パッド。使い捨てのものより使いやすいと感じた。
・ 授乳クッションのおかげで首がこらずに授乳ができた。
・ マタニティ用の洋服は買いたくなかったが、試しに買ったデニムやレギンスがすごく快適で、買ってよかった。
・ 円座クッション。傷の痛みの有無にかかわらず当分欲しい。授乳中の負担はかなりでした。



ベビー用品で絶対必要なアイテムや、先輩ママが買ってよかったアイテムなどを紹介してきました。
まずは、この記事も参考にしながら、用意する物のリストをまとめてみてください。ライフスタイルに合わせて、前もって準備しておくもの、後から買い足すものなど決められるといいでしょう。また、ついつい「念のため買っておこう」と思ってしまいますが、不必要な出費は抑え、絶対必要なベビー用品から優先して準備できるといいですね!

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook