全てのジャンル

mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2016/9/1更新

生後100日のお祝い“お食い初め”ってなに?

「一生食べ物に困らないように」との願いを込めて、生後100日(地域により~120日)の赤ちゃんと家族が一緒に食事をする、日本の伝統的な儀式です。まだミルク期の赤ちゃんなので、実際に食事を食べさせるわけではなく、食べる真似をすることで祈願をします。儀式というと難しいイメージですが、準備をすれば、あまり手間を掛けずに行うことができます。

お食い初め

お食い初めには、なにが必要?

「何から始めていいか分からない……」というママも多いはず。今回は基本的なお食い初めに必要なものをご紹介します。

1. お食い初めの食器
まずはお膳。男の子用に朱色、女の子用に黒色(内側が朱色)を使うのが基本です。「女の子は朱色」と思いがちなので気をつけましょう! また、かしこまった食器セットは高いイメージがありますが、本格的なお食い初めセットでも、3,000円台からそろえることができます。また、ベビー食器で代用する方も多いようです。

2、歯固めの石
「丈夫な歯になりますように」との願いを込めて、""歯固めの石""を箸を使って口に付ける真似をします。翡翠や水晶の石、かわいい袋に入った石も人気です。
お宮参りをした神社で借り、儀式の後にお返ししたというママもいました。地域などでも少し違いがあるようです。

3. お料理
鯛の塩焼き、お赤飯やすまし汁と一緒に、お煮しめやなますなどを用意しましょう。地域によっては「タコを用意する」というところも。地元の作法を知れるのも楽しいですね。ただ、「赤ちゃんの世話をしながらさまざまな料理の準備をするのは大変……」という方もいるはず。そんなあなたには、調理済みのお手軽セットを利用するのも手です。中には「歯固めの石付きセット」も。準備は手軽に、お祝いは心を込めて、皆で楽しみましょう!

手作りで用意したいあなたは、ぜひ「お食い初め手作りレシピ」をチェックしてみてください。先輩ママたちの用意したお料理も、きっと勉強になるはずです。

主役の「おめかし」も忘れずに!

お食い初めの醍醐味は、なんといっても家族との記念撮影。赤ちゃんの「おめかし」も忘れてはいけません。和風袴オールならお着替えもラクラクで、写真写りもばっちり! 男の子も女の子もそれぞれ展開されているので安心です。小さな主役ちゃんのかわいい姿を写真に残せそうなアイテムがたくさん……。迷ってしまいそうですね。

赤ちゃんの健やかな成長を願って、ステキなお食い初めになりますように。ママにとっても赤ちゃんにとっても、一つひとつが「初めて」です。楽しいイベントとして成長を喜びながら、家族で楽しめるといいですね。

※掲載開始時点の情報をご紹介しているため、記事をを読まれた時点で商品内容の変更や売り切れとなっている可能性もございます。

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook
社会的責任[CSR]