ホワイトデーのお返しの意味一覧

ホワイトデーのお返しに選ぶお菓子がそれぞれ意味を持っていることを知っていましたか?定番のお菓子も、ホワイトデーのお返しとなると特別な意味の贈り物になるかもしれません。「パッケージが可愛いから」「人数が多いから」と意味を考えずに選んでしまうと、女性は「彼からもらった物の意味」を深読みしてしまうことも。ここでは、そんなホワイトデーのお返しの意味について詳しく説明してまいります。

お返しするお菓子の意味一覧

ホワイトデーのお返しとして渡すお菓子や品物にも、意味が隠されています。
大好きな女性へのお返しであれば、少しだけ敏感になってみましょう。

また、意味深なお菓子を渡すと、誤解が生じることもありますので注意しましょう。

  • マカロンをお返しする意味

    「あなたは特別な人です」

    マカロンは一粒だけでも存在感があり、高級なお菓子です。
    そんなマカロンには、「あなたは特別な存在」という意味合いが込められているようですね。

    マカロンが一般的に認知されたのはごく最近のことですが、やはり「高級菓子」といったところからこの意味が生まれたようです。

  • マシュマロをお返しする意味

    「バレンタインのお礼です」「嫌いです」

    元々は、バレンタインにあなたにもらった気持ち(チョコレート)を、僕の気持ち(マシュマロ)で包んで贈るよ、という意味なのだとか。
    ただし、最近では「ごめんなさい」「嫌いです」という意味合いがあるといわれていることもあります。

    マシュマロの中に、チョコレートやゼリージャムなどが入っている商品もありますが、それをお返しに選ぶと、「あなたの気持ちをそっくりそのままお返しします」という意味になると言われています。

  • マシュマロギフトを見る
  • クッキーをお返しする意味

    「良いお友達でいましょう」

    焼き菓子ならではのサクッとした歯ごたえの、ほんのり甘いクッキー。
    クッキーには、「あなたはお友達の一人」「お友達としてお付き合いしてね」というような意味合いが込められているようです。

    水分がないだけ、ドライな関係といったところでしょうか。

  • 飴・キャンディーをお返しする意味

    「あなたのことが好きです/付き合ってください」

    口に放り込むと、甘い香味を長い時間楽しめるキャンディは、男性側の「本命」と位置付けられているお菓子です。

    品数が多く購入しやすいので、なかなか「本命」を伝えるには遠くなってしまうところもありますが、キャンディとアクセサリーなどの組み合わせで、その本気度を伝える人もいるようです。

  • キャンディーギフトを見る
  • バームクーヘンをお返しする意味

    「幸せが長く続きますように」

    木の年輪のように層が重なっていることから、幸せを重ねる、幸せが続く、という意味になったのだとか。

  • キャラメルをお返しする意味

    「一緒にいると安心する」

    口の中でゆっくりと溶けていき、口の中に優しい甘さが広がるため、食べると安心するというイメージからきているそうです。

  • キャラメルギフトを見る
  • ハンカチをお返しする意味

    「さようなら」

    ハンカチは「別れ」の意味が含まれています。 ハンカチは「別れ」の意味が含まれています。
    これは、「ホワイトデーだから」ではなく、日本での贈り物のマナーとして気を付けるべき事柄とされています。

    とはいえ、最近はこういった背景を気にする方が減り、ハンカチを贈ることも珍しくなくなってきました。
    特にブランド物や仕立てが良いハンカチを選ぶ場合は喜ばれることも多く、気にしすぎる必要はないかもしれません。

    ただし、義理ともとれるような一般的なハンカチを選ぶことであったり、こういったった背景をよくご存じなご年配の方や上司、ご親族に贈ることは避けたほうがよいかもしれません。

  • あまり意味が込められていない(と言われている)お菓子

    ホワイトデーのお返しとして、相手を期待させるような意味が込められていないとされるお菓子も存在します。

    代表的な例として、
    ・チョコレート
    ・ドーナツ
    ・ミルフィーユ
    などは恋愛にかかわる意味は含まれていませんので、差し入れのような感覚で量を準備したいというときなどにもおすすめです。

本命・義理について

本命とは?

本命とは文字通り、恋人や妻、大事な人を対象にするものです。大切な人にはそれなりにその好意が伝わるようなものを選びましょう。
相手を想って選んだことがわかる的を得たセレクトだったり、スイーツに加えメッセージカードが付いていたり、食事に誘ったり、精一杯のおもてなしを考えてみるとまた一ついい思い出が増えるかもしれません。

本命の平均額は、1,000円∼5,000円程度が一般的と言われています。
女性は値段を基準に本命か義理かを見分ける人も少なくないので、慎重に選びましょう。
予算1,000円~2,000円未満 予算2,000円~3,000円未満 予算3,000円以上
モノより気持ちが大事という人も、それらを量る上では値段やプレゼント以外の振る舞いなども見られていることを意識してみましょう!

義理とは?

友達や職場の人、付き合いのある人など、バレンタインデーにもらったスイーツやプレゼントのお返しという意味で義理とも言います。
ですが、義理と一口に言っても「ただ返せばいい」だけではもらう側もあげる側もいい気持ちではないですよね?

せっかくお返しをするなら「センスいい!」と喜ばれたり、渡し方がスマートであれば相手の喜ぶ顔が見れるかもしれませんし、あげる側もハッピーになれるよう意識してみるといいかもしれません。

義理の平均額は、0円∼1,000円程度と言われており、本命よりも予算は低いです。
義理はお粗末だと軽視されている印象を与えてしまいますし、高価だと重い…と捉えられてしまうので、本命よりも意外と難しいんです。

相手の好みが把握できているのであれば形に残るものを選んでみてもいいし、安心できる定番で攻めたいなら、消費できる(食べきれる・使いきれる)ものを基準に選んでみましょう!

プレゼントを渡す
タイミング・渡し方

プレゼントそのものだけでなく、タイミングや渡し方もマナーの一つ!

相手が忙しくて直接渡せなかった…言いたいことも言えなかった…そんな人も少なくないはず。

「相手迷惑だったかな…」なんて余計な事を考えてしまったり、せっかく贈るのにそれでは悲しいですよね?

まずは相手への配慮を考えて、相手の気持ちの落ち着いている時に渡すよう心がけてみましょう!

  • プレゼントにメッセージカードを付ける

    それだけで思いやりとしてカウントされるはず。

  • 食事に誘った帰りに

    序盤で渡してしまうと相手の荷物の負担になってしまうので、なるべく帰り際にしましょう。

  • 午前より午後

    早朝は脳がまだ活発でないことから素直なリアクションがとりづらいので、落ち着いてくるであろう午後をねらい目に!

  • 感謝の気持ちを言葉に

    バレンタインのお礼をここで伝えるよりも、日頃の感謝の気持ちを伝えることで好感度アップ!

もし間違った意味のお菓子を渡してしまったら?

もしも、「別れ」や「嫌い」という意味合いが込められているお菓子をお返しとして渡してしまい、女性が嫌な思いをしてしまったら、誤解をきちんと解きましょう。

「渡したものに深い意味はない」ということを伝え、あなたのために選んだ品物であることも含めて伝えましょう。
これからも良いおつきあいをしたい相手であれば、謝罪とともに「仕切り直しのプレゼント選び」に同行してもらえないか伝えてみてはいかがでしょうか?

女の子はトレンドに敏感!売れ筋商品を選びましょう

告白を伴う「本命チョコ」をもらったのならば、アンサーデイであるホワイトデーには何らかのアクションをしなければいけません。

また、義理という位置づけでもらうチョコレートにも、お返しは必要です。
こういったとき、品定めによって相手を傷つけてしまうこともあるので、慎重に選びましょう。

売れ筋商品や話題のお菓子などを中心に選ぶと、喜んでもらえますよ。 ショップの売れ筋TOP3
スイーツ・グルメ

特別編!役作りも効果的?渡し方図鑑

自分が贈ったものが相手に与える印象だって大切!
贈る相手に自分がどう思われたいか…を意識してみるのも選ぶ楽しみの一つです。

  • 【知的・紳士・ジェントルマン仮面】

    過去にいっていた気になるものや食べてみたい!って言ってたものをちゃっかり覚えておいて渡す 冷蔵物は直前まで冷やしておく気遣いや、さりげないメッセージカードを添えることも忘れずに!

  • 【カジュアル・懐に潜りこみ甘えん坊】

    明らかに失敗したであろうけどなんだかぬくもりを感じる手作りスイーツ、材料が特定できない食べ物

  • 【やる時やるツンデレ二面性ボーイ】

    あげないあげないって言いつつ当日ちゃんとしたものをあげる

  • 【傷付きたくないけど好きな気持ちをなんとなく伝えたいシャイマン】

    長文レター付きで渡す、隠れハート♡入りスイーツやプレゼント

  • 【ちょっと距離置きたいMr.ミステリアス】

    謎の暗号付きメッセージと一緒にプレゼント、プロフェッショナル過ぎるアレンジしたフルーツ

  • 【昔ながらの寡黙なSAMURAI】

    無言でプレゼントを突き出す、「つまらぬものですが…」と一言だけ添えてプレゼントを渡す、シックな印象を与えるものを渡す