ホワイトデーはいつ?プレゼントの準備から過ごし方までご紹介!

バレンタインデーにチョコレートやプレゼントをもらったら、ホワイトデーにお返しのプレゼントを贈りましょう。義理チョコや本命チョコなど、もらい方に違いがあっても、ホワイトデーにはお返しのプレゼントを贈ると喜ばれます。そこで今回は、今年のホワイトデーはいつなのか、ホワイトデーの始まりなどの基礎知識をはじめ、いつ頃プレゼントを準備するのか、カップルにおすすめの過ごし方などをご紹介します。

ホワイトデーはいつ?

  • ホワイトデーは毎年

    314

    ホワイトデーは、バレンタインデーのちょうど1ヶ月後にあたる、毎年3月14日。毎年の日付はかわりませんので、何曜日にあたるかを把握することで、プレゼントを渡すタイミングを決めることができます。

    楽天市場のホワイトデー特集を見る

ホワイトデーのプレゼントは
いつから準備する?

せっかくホワイトデーにプレゼントをするなら、事前に準備をして万端な状態で渡したいですよね。しかし、ホワイトデーのプレゼントは、いったいいつから準備すればよいのでしょうか?

ここからは、ホワイトデーのプレゼントの準備をするタイミングを、シチュエーション別にご紹介します。

  • 欲しいものをこっそりリサーチする場合

    女性の中には、サプライズプレゼントに好意的な意見を見せる方も多いです。そのため、欲しいものをこっそりリサーチしてプレゼントしてみるのはいかがでしょうか。

    普段の会話から彼女の好みや興味を見つけたり、事前に一緒に出かけて何を欲しがっているのかを探ったりと、情報が多ければ多いほどホワイトデーに何をプレゼントすればよいのか、おのずと見えてくるはずです。

    情報を集めるためには時間が必要ですので、少し早めの2月下旬から3月上旬あたりから準備を始めてみてはいかがでしょうか。

    なお、直接店で購入するのではなく、通販の利用を考えている場合は、さらにもう少し余裕を持って購入することをおすすめします。特に人気商品の場合、購入をしても品切れしてしまって手元に届く日が遅くなる、ということが考えられるからです。

    ホワイトデーのプレゼントに欲しかったものがもらえる喜びと、男性が自分のことをよくわかっていてくれるという二重の喜びは、なによりもかえがたい思い出になるのではないでしょうか。

    ただし、サプライズが嬉しい、と感じるのは本命の相手やパートナー限定、という女性もいますので、義理チョコのお返しの場合はサプライズを考えず、リサーチした好みのなかから、定番の品を選ぶことをおすすめします。

    定番スイーツを探す
  • 欲しいものを直接聞ける関係の場合

    すでに付き合って長かったり結婚していたりなど、こっそりではなく、相手に欲しいものを聞けるような関係であれば、1週間ほど前に準備を始めてもよいでしょう。リクエストを受けることができれば、少なくともプレゼントは喜んでもらえることが確定しているので気が楽になる、という男性もいるのではないでしょうか。

    ただし、百貨店やデパート、有名パティスリーなどでは、早ければバレンタイン直後あたりから、遅くても3月初頭からホワイトデー商戦が始まります。人気商品ほど早く売り切れてしまいますので、相手の欲しいものがわかった時点で、早めに購入しておくほうが安心です。

    今年のホワイトデーは何曜日なのかを確認し、その1~2週間前の土日にプレゼントの準備をしてみてはいかがでしょうか。

    有名ブランド・パティシエスイーツを探す
  • 直前にデパートへ行く人も

    男性のなかには、前日など、ホワイトデー直前にデパートへ行くという人もいます。しかし、ホワイトデー3日前~当日はデパートが混雑しかねないうえ、めぼしい商品は売り切れてしまっている可能性が高いです。

    せっかくホワイトデーのプレゼントを買いに行っても目的のものが手に入らず、目についたものを適当に購入する、ということになれば彼女もがっかりしてしまうかもしれません。そのため、直前に準備をすることはおすすめできません。もう少し早くから計画を立てて準備をしてみてくださいね。

  • 渡すタイミングは?

    ホワイトデーのプレゼントは、3月14日の当日に渡すのがベストです。しかし、関係性によっては渡せるタイミングが異なります。たとえば、同じ学校や職場の人に渡すのであれば、ホワイトデーが土日だと、当日に渡すことが難しいケースもあるでしょう。

    ホワイトデーの当日に渡せない場合は、多少前後しても構いません。しかし、遅れて渡すよりも、3月14日よりも前のタイミングで渡すほうが好ましいです。なぜなら、当日よりも遅れて渡すことになると、「もしかして忘れていたのかも」「お返しをもらえなかった……」などと思われてしまうかもしれないからです。

    当日に渡せないことがわかっている場合は、「少し早いけど」などと一言添えて渡せば、女性も「覚えていてくれた!」と安心するのではないでしょうか。

ホワイトデーのプレゼント相場は?

ホワイトデーのプレゼントを選ぶ際に気になるのは、やはり価格ではないでしょうか。ここからは、ホワイトデーのプレゼント相場について見ていきましょう。

  • 基本的には同額のお返しを

    日本には昔から「半返し」の文化があります。たとえば、結婚祝いや出産祝いをいただいたら、半額程度のものをお返しする、と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。これが贈りものをいただいたときの「半返し」のマナーです。

    ホワイトデーのプレゼントは、バレンタインデーのお返しとして贈るものなので、バレンタインデーのプレゼントの半額程度のものを、と考える人もいるかもしれません。しかし、ホワイトデーのプレゼントでは「半返し」はNGとされています。

    とはいえ、高すぎても相手の負担になってしまいますから、相手との関係性に関わらず、バレンタインデーにもらったものと同額から倍額程度の物を用意するのが一般的です。

  • 義理チョコへのお返しの場合

    義理チョコの場合、チョコレートの金額は「500~1,000円」 程度のものをプレゼントする女性が多いため、同額から倍額の範囲であれば、「500~2,000円」がホワイトデーのプレゼントの相場となるでしょう。

    とはいえ、義理チョコだと、あまりにも高額なお返しをすると、かえって相手の負担になってしまうことも考えられます。そのため、同額程度から、少しだけ上乗せした1.3~1.5倍程度のお返しがおすすめです。

    1,000円未満のお返しを探す
    1,000円~2,000円未満のお返しを探す
  • 本命チョコへのお返しの場合

    本命チョコは、「2,000~10,000円」 が相場とされています。特に本命の場合、チョコレート以外にもネクタイやお酒などをプレゼントする人もいるため、義理チョコよりも高額になりやすいです。

    そのため、同額から倍額と考えると「2,000~10,000円」がホワイトデーのプレゼントとして適しているでしょう。

    本命チョコのお返しは、相手への気持ちをしっかりと伝えることが大切です。定番のスイーツ以外にも、アクセサリーや財布、香水などの小物を贈って、毎日の生活の中で使ってもらいたいと考える人もいるようです。なかには食事に誘う など、デートをする人もいますよ。

    2,000円~3,000円
    未満のお返しを探す

そもそもホワイトデーの意味・由来は?

  • ホワイトデーはどのように始まったか

    ホワイトデーの始まりには、いくつかの説があります。そのうちのひとつは、なんと古代ローマ時代まで遡るのだとか。

    当時の皇帝の政策で、古代ローマでは兵士の恋愛結婚が禁止されていました。しかし、聖職者の聖バレンタインが、兵士とその恋人を哀れみ、秘密で結婚式を行いました。その事実が皇帝に知られてしまい、聖バレンタインは処刑されてしまいます。

    その聖バレンタインが処刑された日が2月14日で、バレンタインデーの起源と言われています。そして、死後1ヶ月が経過したとき、救われた恋人たちがあらためて愛を誓った日が、3月14日だったため、その日は恋人が愛を誓い合う日となった、とされています。

    日本では、お菓子メーカーが、自社商品のアピールとして「お返しの日」とし、バレンタインデーにもらったプレゼントのお返しにお菓子を贈ろう、とホワイトデーを設定したのが始まりだとされています。

    つまり、ホワイトデーにバレンタインデーのお返しをするのは、日本発祥の文化なのです。

  • 海外にホワイトデーはある?

    ホワイトデーがバレンタインデーのお返しの日であるという文化は、日本が発祥と前述 しましたが、海外のホワイトデーはどんなものなのでしょうか?

    たとえば韓国では、日本と同じように、ホワイトデーにはバレンタインデーのお返しに贈りものをする、という文化があります。日本では「お返しの日」のイメージが強く、バレンタインデーよりもやや控えめな印象を受けますが、韓国ではバレンタインデーと同じくらい盛り上がる人気イベントなのだとか。

    また、中国にもホワイトデーはありますが、こちらは日本とは少し事情が異なります。中国ではバレンタインデーもホワイトデーも、どちらも「恋人たちの日」とされており、主に男性から女性へ贈り物をする日になっています。

    イタリアはホワイトデーの起源とされる地ですが、日本のようなホワイトデーはありません。かわりに、3 月 14 日に近い 3 月 8 日は「女性の日」とされており、男性から女性に感謝をこめて黄色いミモザの花を贈ることから、「ミモザの日」とも呼ばれています。

    このように、日本以外の国でもホワイトデーはありますが、文化や意味が異なっています。

カップルにおすすめ!
ホワイトデーの過ごし方は?

ホワイトデーには、プレゼントを贈る以外にも、特別なデートをするカップルも多いです。そこで、カップルにおすすめのホワイトデーの過ごし方をご紹介します。

  • 自宅で手料理をふるまう

    ホワイトデーは年度末の時期になってしまうので、仕事が忙しくて特別なことはできない……という男性も少なくないのではないでしょうか。そんなときは、自宅に招いて、女性に手料理をふるまうのがおすすめ。

    特に女性の中には「自分だけが特別」といった対応を受けると嬉しい気持ちになる方が多いようです。彼女のためだけに腕をふるった手料理を、一緒に食べてゆったりとした時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

    ただし、せっかくのホワイトデーですから、いつもと変わらないおうちデートだけで過ごすのではもったいないですよね。「いつもありがとう」など、普段は照れくさくて言いづらい感謝の気持ちや愛情を伝えるだけで、素敵な記念日になるのではないでしょうか。

    もちろん、お返しのプレゼントも忘れずに渡してくださいね。

  • いつもよりリッチなディナー

    ホワイトデーに誘うデートの定番は、おしゃれなディナー。ホワイトデーという特別な日ですから、いつもよりもリッチなディナーでロマンチックな夜を過ごしてみましょう。

    ただし、ホワイトデーのディナーは、あくまでバレンタインのお返しということを忘れずに。あまり高級すぎるレストランに誘ってしまうと、人によっては重く感じてしまったり、喜んでもらえるどころか「気を遣わせた」と気にしてしまったりするかもしれません。

    いつもふたりで行くレストランよりも少しリッチで、夜景が見えるレストランやオーシャンビューのレストラン、おしゃれなダイニングバーなど、特別感のある店でディナーを楽しめば、きっと思い出に残る素敵なホワイトデーになるでしょう。

ホワイトデーの準備はお早めに!
日頃の感謝を伝えましょう

  • ホワイトデーは、単に「バレンタインデーのお返しをする日」ではありません。バレンタインデーのプレゼントに対するお礼はもちろん、日頃の感謝や愛情を伝える、絶好の機会です。

    告白して気持ちを伝えるだけでなく、ぜひ恋人や奥さんに愛の言葉を告げてみてください。普段は照れくさくてなかなか伝えられない言葉も、素敵なプレゼントに添えて贈れば思い出に残るホワイトデーになるのではないでしょうか。

    バレンタインデーのお返しを贈ろうと考えている方は、直前ではなく、少し早めに準備を始めるのがおすすめです。プレゼントと一緒に素直な気持ちを伝え、特別なふたりの時間を過ごしてください。