mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2020/12/17更新

こんまりメソッドで年末大掃除にトライ!片づけでときめく年末年始を♪

今年の年末の大掃除は、片づけコンサルタントとして知られる近藤麻理恵さん、通称こんまりさんの提唱する“こんまりメソッド”を試してみませんか?大掃除を始める前に知っておきたい、こんまり流片づけ術の方法やポイントなどをご紹介します。 片づけを一気に終わらせ、モノを定位置に戻す習慣を身に付けることで掃除がとてもラクになります。年末の大掃除前の今、こんまりメソッドでときめく年末年始を過ごしましょう!

こんまり流片づけ術で、年末大掃除がラクになる!?

年の瀬も押し迫る今日このごろ、そろそろ年末の大掃除を始めようと考えているご家庭も多いことでしょう。大掃除はなかなかの重労働です。掃除道具の準備やほかの家事との兼ね合いなど、考えることもたくさんあります。どこから手を付けたら良いかわからないと悩む方も少なくないようです。

大掃除についてお悩みの方は、こんまりさんの片づけ術を取り入れるのがおすすめです。ぜひこれからご紹介する“こんまりメソッド”を参考に、片づけを一気に終わらせ、ときめく年末年始をお過ごしください。

こんまりメソッド1 片づけを一気に終わらせる

片づけといえば、「毎日少しずつ続けていくもの」と考えている方も多いのではないでしょうか。こんまりメソッドでは、片づけには「日常の片づけと「祭りの片づけ」の2種類が存在するとされています。

日常の片づけとは、文字通り、日々の生活のなかで行われる整理整頓のこと。もうひとつの祭りの片づけとは、短期間でひと息に終わらせる、大掛かりな片づけのことです。

祭りの片づけは、一度でも良いので、集中して最後までやりきることが大切です。片づけが終わり、きれいになった状態を実感することで、片づけが苦手だと思っていた方にも自信がつきます。「ごちゃごちゃした部屋に戻りたくない!」と思い、日常の片づけも自然とはかどるようになるかもしれません。

年末の大掃除は、片づけを集中して行う良い機会です。以下の流れで、お部屋をきれいにしていきましょう。

1. 「理想の暮らし」を考える
2. 触ったときに「ときめくモノ」を選ぶ
3. 「モノ別」で片づける
4. 「衣類→本類→書類→小物類→思い出品」の順番で片づける

ここからは、それぞれのプロセスについて詳しくご紹介していきます。

■「理想の暮らし」を考える

こんまりさんが伝える「片づけ」とは、本当に向き合いたいことへ向かうためのひとつの手段のことです。片づけそのものを目的とするのではなく、その先にある理想の暮らしを見つめることで、ご自分の思う幸せな生活に近づいていけると考えています。モノを捨てるよりも先に、なぜ片づけをしようと思ったのか、片づけたあとにどんな暮らしがしたいのかを考えてみましょう。

理想の暮らしを想像するうえで大事なことは、「制限をかけない」ことと、「具体的に」イメージを思い描くことです。実現できるかどうかは抜きに、ご自分の理想とする生活を思いっきり突き詰めていきましょう。

色や空気、香り、感情、行動、時間なども含めて想像し、イメージを体へ染み込ませます。うまく思い浮かばないときは、インテリア関連サイトを検索したり、雑誌を読んだりして、好みのページをストックしておくのがおすすめです。

たとえ現在のお部屋と理想のお部屋にギャップがあったとしても、片づけをしたり、好みのインテリアを飾ったりといった工夫を重ねることで、ときめく空間に近づいていきます。ご自分のときめくモノを見つけ出し、生活を彩りましょう。

■触ったときに「ときめくモノ」を選ぶ

理想の暮らしが固まったら、実際に片づけをスタートします。お部屋にあるアイテムを集めてひとつずつ手に取り、触って「ときめくモノ」を選びましょう。ときめいたモノはそのままにし、ときめかなかったモノは感謝をしてから手放します。

モノが多いほど時間もかかりますが、理想の暮らしを手に入れるために大切な作業です。ぜひ一つひとつに感謝しながら、ときめくモノを選んでいきましょう。

そうはいっても、ときめくモノを選ぶのは難しいという方も多いかもしれません。1,010人の楽天ママ割メンバーへ行ったアンケートによると、以下のような結果が出ています。

Q.お持ちのモノのどこにときめきを感じていますか?(複数回答可)

・ デザイン(54%)
・ 思い出(プレゼントされたモノなど)(36%)
・ 品質(耐久性、安全性など)(26%)
・ 素材(オーガニック・サステナブル・エコ)(24%)
・ コストパフォーマンス(18%)
・ ブランド(11%)
・ 商品の作られたストーリー・背景(7%)
・ 産地(3%)
・ ときめくモノは持っていない(13%)

アンケート結果からもわかるように、ときめくモノ選びでは、デザインや思い出などを重視する方が多いようです。もちろん、ときめくモノの決め方は、人それぞれ。どうやって残したいモノを選べば良いかわからないときは、複数のアイテムを比べて、どれがときめくかを心で感じてみましょう。何度もモノに向き合うことで、ご自分のなかの「ときめきの基準」ができあがっていくはずです。

■「モノ別」で片づける

こんまり流の片づけは、「部屋別」ではなく「モノ別」で行います。家中にあるモノを一カ所に集めることで、カテゴリごとのアイテムの総数を把握できます。細かいモノになるとまとめるのも大変ですが、部屋別に片づけするよりもリバウンドしにくいのがメリットです。

■「衣類→本類→書類→小物類→思い出品」の順番で片づける

大掃除を始める時、片づけの順番に迷う方もいるでしょう。楽天ママ割メンバーへのアンケート結果でも「大掃除をどこから始めていいかわからない」という声が多く寄せられました。また、ときめく空間づくりをはじめたい場所については、リビングやキッチンなど、お家の中でも過ごす時間が多い場所から始めたいという方が多いようです。

ただ、先ほどもご紹介したように、こんまりメソッドでは場所別ではなくモノ別に片づけを進めます。
具体的には、「衣類→本類→書類→小物類→思い出品」の順番で片づけるのがおすすめです。残すかどうかを判断しやすいモノから整理していくことで、スピーディに片づけが進みます。

こんまりメソッド2 モノを定位置に戻す習慣をつける

こんまりメソッドでは、どんなに小さなモノでも、ひとつ残らず定位置を決めることが大切とされています片づけを一通り済ませたら、どこに何をしまっておくか決めましょう。

モノの定位置を決めておくことで、日常の片づけがスムーズにいくことはもちろん、モノを大切にすることにもつながります。そして、使ったモノを戻すときは、感謝のことばを伝えることもポイントです。ときめくモノを大事に使い続けることで、ご自分のことも大切にできるはずです。

こんまりメソッド3 片づけ後に掃除をする

こんまりメソッドで大掃除をするときは、まず短期間に、集中して行う「祭りの片づけ」を一気に終わらせましょう。ときめくかどうかを問いかけ、手放すモノと残すモノを選別し、ときめかないモノをどんどん減らしていきます。

あらゆるモノの定位置をすべて決めてしまえば、片づけは完了です。あとは毎日コツコツ掃除をすることで、きれいなお部屋を維持していけます。ときめかないモノを手放し、モノが減った状態なら、掃除もラクに行えます。

年末年始の今こそ片づけの時間をつくり、ときめく2021年を♪

年末の大掃除前である今こそ、「祭りの片づけ」の時間をつくりましょう。時間がないからと先送りにしていると、理想の暮らしはどんどん遠のいてしまいます。

ときめくモノに囲まれたおうちで新年を迎え、2021年からも日常的に片づけをしていけば、ときめくことに時間を使う毎日が送れます。こちらの「「こんまり ときめき ライフ」」で配信している9つのコラムも参考にしながら、ぜひ年末の大掃除にトライしてみてくださいね。

■近藤 麻理恵さんについて

幼少期より片づけに興味を持ち、大学在学中に片づけコンサルティング業務をスタート。2010年に出版した『人生がときめく片づけの魔法』は世界40カ国以上で翻訳され、1,200万部突破のベストセラーに。2015年に米『TIME』誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出され、2019年にNetflixにて公開された『KonMari〜人生がときめく片づけの魔法〜』はエミー賞2部門にノミネートされるなど、世界規模での片づけブームを巻き起こしている。現在はロサンゼルス在住で二児の母。

公式HP: https://konmari.jp/

Copyright © 2020 KonMari Media Japan Inc. All rights reserved.

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook