全てのジャンル

mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2018/4/20更新

半数以上のママが頭を悩ませる、義母への母の日ギフト。マナーの達人に聞く、選び方のコツとは?

もうすぐ母の日。みなさんは義理のお母さんに母の日の贈り物をしていますか?「楽天ママ割 嫁姑ギフト調査」によると、20代・30代・40代の“嫁”300名の中で、お義母さんに母の日の贈り物をしている人は7割以上。そして、半数以上の人が「お義母さんの好みが分からない」という悩みを持っていることがわかりました。 そこで今回は、(社)日本フードアナリスト協会認定講師、全日本マナー検定協会認定 アドバイザーの里井真由美さんに、お義母さんへのプレゼントを選ぶコツやマナーについてお伺いしました。

半数以上のママが頭を悩ませる、義母への母の日ギフト。マナーの達人に聞く、選び方のコツとは?

ポイントは「心配をかけない金額」と「好み」

 お義母さんにプレゼントを贈るときのポイントは2つあります。まず1つ目は「金額」。目上の方に高価すぎるものを贈ることは、相手にかえって気を遣わせてしまうためよくありません。「嫁姑ギフト調査」において、50代・60代・70代の“姑”300名に向けて「金額」について聞いたところ、お嫁さんからもらって負担にならないプレゼントの金額第1位は3,000〜5,000円(42.2%)、2位は1,000〜3,000円(32.0%)という結果になりました。お義母さんに余計な心配をかけないような金額の目安を探っておくことが大切です。
 2つ目のポイントは「お義母さんの好みの確認」。着ている服、持ち物などから、好みの色やテイストをさりげなくチェックしておくといいですね。特に好きな色は、把握していると贈り物をするときのヒントになります。

好みが分からないときは、「選んだ理由がはっきりしている贈り物」を

 お義母さんの好みが全く分からない時は、自分の出身地の食べ物であるとか、今すごく流行っているものだから、などの明確な理由のあるものを選びましょう。選んだ理由がはっきりとしていれば、多少相手の好みからずれていても、一生懸命選んだ気持ちを喜んでもらうことができるでしょう。今年だと、楽天でも大流行中のハーバリウムは、そのまま飾ることができておすすめです。生のお花を贈るにしても、花瓶が必要な花束よりも、庭に植え替えることもできる鉢植えや、そのまま飾れるアレンジメントにするなど、相手のライフスタイルを想像しながら、ギフトの内容や贈る分量などを決めていきましょう。

ネットでプレゼントを手配するのは失礼?

 母の日のプレゼントをネットで注文して届けてもらうことは、今の時代では当たり前。失礼にあたるということはありません。お義母さん世代の方で、日常的にネット通販を利用している人も多いのでは。ネットでプレゼントを贈るメリットは、24時間いつでもたくさんの選択肢からギフトを選ぶことができ、贈られる側は受け取りに都合のいい時間を指定することができるところ。わざわざ会える日を聞くなどの仰々しさがなく、お互いの心の負担にならないので、「日ごろの感謝を伝えたい」という気持ちを、スムーズにやり取りすることができると思います。

義理のお母さんだからこそ、母の日ギフトを!

 お義母さんにプレゼントを贈ることは、お嫁さんの立場からすると少し難しく感じるかもしれません。でも、誰からでももらうことのできる誕生日やクリスマスよりも、新しく家族になったお嫁さんからもらう母の日のプレゼントを喜んでくれるお義母さんは多いと思います。そして、そんな母の日には、きっと何をもらっても嬉しいというのが本音なのではないでしょうか。だからこそ、お義母さんにはぜひ、気持ちを込めて母の日のプレゼントをしてほしいですね。

里井さまオススメのギフトはこちら!

今年は特に「ハーバリウム」が人気です

●ハーバリウム
ハーバリウムマザーズデー (IPFA楽天市場店) 送料無料3,000円(税込 3,240円)

プリザーブドフラワーとドライ素材が
ハーバリウムオイルに浸されており、
発色の良さと長持ちすることが特徴です。
幅6cm高さ22cm、場所を選ばないサイズ感も人気。
母の日限定デザインもあります。

お義母さまの体を気づかったギフトもおススメ!

体に嬉しいスイーツ、調味料も喜ばれると思います。
今年は特に「美腸・美肌」に良さそうなアイテムに要注目
食卓が華やぐ、日持ちがする、など義母さまのライフスタイルに合わせてどうぞ

取材協力

フードジャーナリスト。
1級フードアナリストや(社)日本きものコンサルタント認定 全日本マナー協会マナーアドバイザーの資格を活かし、テレビ、雑誌、ラジオ、webなどメディアを中心に活動。

年間650軒以上は食べ歩き、全国47都道府県はもちろん、世界20カ国以上のレストランに着物で伺いグルメ誌に連載中。ホテルやデパ地下グルメスイーツ、お取り寄せ品にも詳しい。

食・食文化・マナーに関して幅広い知識を持ち、2015年農林水産省食料・農業・農村政策審議会委員に任命、2016年には日仏友好に適したフードジャーナリストとしてオフィシャルレポーターに任命される。現在は国産食材を応援するフード・アクション・ニッポン アンバサダーとして国際的にも活躍中。

ギフト情報が満載!楽天市場母の日特集2018

母の日特集2018 今年の母の日は5月13日の日曜日!母の日のギフト・プレゼント選びは楽天市場の母の日特集で!定番のカーネーションからプリザーブドフラワーや鉢植えなど人気の花ギフト、花とスイーツセット、ファッション小物・アクセサリー、母の日プレゼントランキング入賞ギフトなど、喜んでもらえる贈り物がきっと見つかります。いつもがんばっているお母さんに、ありがとうの気持ちを伝えましょう。

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook
社会的責任[CSR]