全てのジャンル

持ち物チェックリスト

キャンプ、バーベキュー、登山などアウトドアを楽しむためには事前に準備が必要です。
ここでは実際に各シーンで必要とされる定番のアイテムから、見落としがちな商品まで皆さんの意見を交えて紹介します!

キャンプ・アウトドア

キャンプと言うと、テントを中心とした関連の細々な商品が沢山あります。
自然の中で過ごす楽しい休日を過ごす上で持ち物に不足がないかチェックしましょう。

  • テント・タープ

    テント・タープ

    キャンプの定番商品。タープも組み合わせれれば、日ざしや急な雨などを防ぎつつ、アウトドア用家具や荷物を置くエリアにもなります。

  • イス・テーブル

    イス・テーブル

    外で使うアウトドア用家具。最近は自宅のインテリアとして活用する人が増えているようです。自然で楽しむだけでなく、普段使いとしての利用もおすすめです。

  • ランタン・懐中電灯

    ランタン・懐中電灯

    キャンプの夜に明るさを確保するには複数明かりを用意するのがおすすめです。テント内、テーブル上、キャンプサイト周りの設置を想定して探してみましょう。

みんなの声

これから暖かくなる季節、絶対に必要なのが速乾性のタオル!布のタオルは肌触りがいいけど、かさばるし、重いので自分はこれを使うようにしています。 なんと言ってもすぐ乾く!しかも軽い。持ち物も少なく済むし、汗冷えで寒くなる事もなくなるので登山ではとても重宝しています。

K.Oさん 20代 会社員

BBQ(バーベキュー)

自然の中での料理を楽しむ上で見逃せないアイテムをピックアップ。アウトドア用のキッチンアイテムを揃えたり、
燻製など普段ではできない調理方法に挑戦してみては。見逃している商品が無いかチェック!

  • コンロ・網

    コンロ・網

    BBQコンロは使用する人数に合わせてサイズを選びましょう。コンロの組み立てや鉄、ステンレスなどの材質で商品毎の特徴が異なるのでチェックしましょう。

  • 炭&薪

    炭&薪

    キャンプで火を扱う上で欠かせない炭と薪。目的に応じて使い分けましょう。料理など安定した火力が必要な場合は炭を。暖を取る際は薪を選びましょう。

  • クーラーボックス・保冷剤

    クーラーボックス・保冷剤

    アウトドアでの料理では食材を保冷して運ぶことが大切です。外でも新鮮な食材を楽しめるよう気を配りましょう。強力な保冷剤があればアイスも運べます。

みんなの声

BBQは大好きだけど、終わった後の掃除が毎回大変だし汚れるし酔いが冷めてしまう!笑 そんな時にこのシートがあると全然後片付けの手間が違います!敷いておけば、BBQが終わった後まるごと取り除くだけで掃除が終わってしまうのでとても助かっています!

H.Sさん 30代 会社員

登山・トレッキング

登山をする際は、気温や気候の変化の激しい環境に対応するため、衣類に気を付けましょう。
他にも水筒、非常食、サングラスなどあると便利な商品が沢山あります。見逃しているアイテムが無いかチェック!

  • 登山ウェア

    登山ウェア

    登山の際は急な気温、天候の変化に対応できるようウェアには気を配りましょう。速乾、防水、保温といった用途に応じて必要な機能を探すのがおすすめです。

  • リュック

    リュック

    常に背負うリュック、ザックは重要なアイテムです。登山する日数や容量のサイズに応じて選びましょう。また背負った際のフィッティングも大切です。

  • 登山靴

    登山靴

    長時間歩いても疲れにくいシューズを探しましょう。サイズはもちろん、足首まで保護されるものや防水性などをポイントに登山靴を選ぶのがポイントです。

みんなの声

なくても何も支障ないけど、あるとだいぶ楽しめます。組み立ては一人で簡単に出来て、携帯用バック付きなので持ち運びも楽です。また自立式なのでキャンプサイトの場所問わず設置可能!耐荷重100KGなので子供と一緒に昼寝ももちろん。

Y.Kさん 30代 会社員

関連特集もチェック

社会的責任[CSR]