【楽天市場】防災グッズ特集 備えて安心、役立つ防災・避難グッズをご紹介

  • 総合案内所
  • ヘルプ
  • ご意見窓口
  • 楽天トップへ

備えて安心! 今こそ再確認したい 防災グッズ

備えて安心!避難用具、保存食、保存水、今からの対策アイテム、子供やお年寄りの非常時の必需品、災害シミュレーションもチェックしておこう。

シーン別から探す

ペットの防災用品

避難所生活用品

救護・救援用品

放射能測定器

翌日配送から探す

個人輸入から探す

お役立ち情報

避難用品

保存食・非常食

保存水・飲料水

地震対策アイテム

キッズ&シルバー

避難方法&災害シミュレーション

地震,地震,震災
災害はいつも突然・・・
地震,地震,震災
震災や水害、火災などはいつも予告なしにやってきます。いざという時のために、自分や家族を守る防災グッズは必ず準備しておきたいもの。
事前に家具転倒防止アイテムで家具を固定し震災に備え、災害時の避難ルートも確認しましょう。自宅や職場の消火器の場所もチェックしましょう。
また、避難時に持ち出す防災グッズ非常用持ち出し袋には非常食、救急セットなどをまとめておくとよいでしょう。携帯トイレやタオル、保温シートなどもあると役立ちます。また、防災グッズは少なくとも一年に一度は中身の点検をし足りないものをそろえましょう!

注目のピックアップ

避難用品

防災グッズがまとまった、すぐに持って出れる非常時持ち出しセットや避難グッズ、野外で役立つアイテムなど

他にはこんな避難関連グッズもあります!

保存食・非常食

保存食は家族の人数分を3日間程度準備しておきましょう。賞味期限のチェックも忘れずに!

他にはこんな保存食・非常食もあります!

保存水・飲料水

一人一日3リットル程度が基準と言われています。また、数年間保存がきくものもあります。

地震対策アイテム

震災の死因の多くは家具の転倒とも言われています。もう一度家の中をチェックし、危険を回避しましょう。

他にはこんな防災対策グッズもあります!

キッズ&シルバー

赤ちゃんや子供、お年寄りの方々には、細心の心配りと、いざという時の準備を整えておきましょう。

他にはこんな関連グッズもあります!

避難方法&災害シミュレーション

慌てない!避難方法をチェック!
2つ以上の別方向への逃げ道を準備しておく。 2つ以上の別方向への逃げ道を準備しておく。
廊下や出入り口、階段等には避難の妨げになるようなものを置かない。 廊下や出入り口、階段等には避難の妨げになるようなものを置かない。
いざというときのために【避難方法】【連絡方法】などを家族や友人などで話し合い、確認しておく。 いざというときのために【避難方法】【連絡方法】などを家族や友人などで話し合い、確認しておく。
服装や持ち物にこだわらず出来るだけ早く避難する。 服装や持ち物にこだわらず出来るだけ早く避難する。
いったん避難したら再び中に戻らない。 いったん避難したら再び中に戻らない。
消火する事が無理だと思ったら素早く避難する。 消火する事が無理だと思ったら素早く避難する。
火災が発生している場合、姿勢を低くしてハンカチやタオルを口と鼻に当て、煙を吸わないようにする。 火災が発生している場合、姿勢を低くしてハンカチやタオルを口と鼻に当て、煙を吸わないようにする。
避難するときは、慌てず落ち着いて行動する。 避難するときは、慌てず落ち着いて行動する。
エレベーターは使用しない。 エレベーターは使用しない。
避難するときはドアを閉める。 避難するときはドアを閉める。
慌てない!避難方法をチェック!
家庭に応じた、避難方法を考えておこう!

地震が起きた時をシミュレーションして自分や家族に必要な防災用品を取り揃えましょう!
日頃の準備が二次災害を防ぎます!

地震発生

まずは身の安全を確保!むやみに外に出ないようにしましょう。揺れが収まったら避難経路を確保し火の始末をしましょう。

便利アイテム:「飛散防止フィルム」と「家具の転倒防止措置」で事前に避難経路を確保。夜中に地震が起こる場合もあるので枕元に「安全靴」などを用意しておくのもいいでしょう。

地震直後〜半日

家族と近隣の状況を把握し、消火活動や救助などお互いに助けあいましょう。 携帯電話がつながらない場合もあるので、家族であらかじめ避難場所を決めておくことも大切です。

便利アイテム:消火活動に欠かせない「消火器」「バケツ」。救出活動には「災害救助用品」で対応を。

半日〜3日目

ライフラインが途切れることが想定されるので、災害時から3日間は自力で過ごせるよう各家庭で最低限の「保存水」と「保存食」の用意をしておきましょう。

便利アイテム:やっぱり頼りになるのは「ラジオ」。ガス停止時には「コンロ」、季節を問わずに「カイロ」「毛布・寝袋」は必需品。「ブルーシート」は雨風も防いでくれます。一番困るのはトイレという話も聞きますので「携帯・簡易トイレ」の用意があると便利かもしれません。お年寄りや子供のいる家庭など各家庭により準備するアイテムが違います!

4日目以降

救援物資が届き、ライフライン復旧の目処が見えてきます。地域で協力しあい復興・再建をすすめましょう。

関連リンク関連リンク

開催中のイベント

専門市場から探す

■ポイントがもらえちゃう!など特典つきキャンペーン

■自分にぴったりのコーデ

■絶品グルメやスイーツ!

■楽天市場のおすすめ

■楽天市場を使いこなそう

社会的責任[CSR]