• Share

藤巻亮太さんの3rdアルバム『北極星』は、柔らかくて優しいマフラーのような聴き心地で、出かける時にぽんと背中を押してくれる1枚。地元・山梨県の公民館での曲作りから生まれた「北極星」をはじめ、本作には、藤巻さんの原点が詰め込まれているのです。

3枚目となるソロアルバム『北極星』のコンセプトは?

ソロになって作った1stアルバム『オオカミ青年』の初期衝動は「バンドではできない、パーソナルなザラッとした部分を表現したい」だったんです。その気持ちが当時のリリース後のツアーで成就してしまい、「じゃあ僕のソロは何なんだろう」という深い闇に入り、自分と向き合いました。そこで「レミオロメンソロの線を引いているのは、自分なんだ」と気づき、開き直りのエネルギーで作ったのが2ndアルバム『日日是好日』です。そして3枚目は理屈を抜きにして、自分が生きていて感じたことを歌っています。

『北極星』というタイトルに込めた意味合いは。

実は自分の原点となる地元・山梨に、2年前の夏に帰ったんです。東京での曲作りにちょっと煮詰まってきたので、地元の公民館を借りて楽器を持ち込み、作ってみようかと。窓を開けると、ぶどう畑と甲府盆地と南アルプスが広がっていて…。18年間しかいなかった場所ですが、ここで感じたことや出会った人が自分の感性の原点だと気づきました。そのおかげなのか、あれだけ東京で煮詰まっていたのに、曲がすぐできたんです。公民館って、すごい(笑)。再確認した原点は「周りが動いても中心で輝き続けるもの」、つまり北極星だな、という意味合いです。

藤巻亮太さん

このアルバムは、すごく上質なマフラーのようなイメージがあります。ふわっとはおって、旅に出かけたくなるというか。遠くまで見えるような、澄んだ空気も感じます。

自然体で出てきた曲だからかもしれません。「レミオロメンはこういうものだ」「ソロとはこういうものだ」という固定観念を、経験とともに自分自身が作ってしまっていました。本当はそれを壊したくてソロ活動を始めたはずなのに、経験を重ねるとまた絡め取られてしまうんです。でもクリエイティブなものは、理屈じゃないところから始まっているはず。もっと“生”をダイレクトに表現する曲を作りたいなと思ったことが、1・2枚目ではできなかった風通しの良さに通じているのかも。あとアルピニストの野口健さんと出会ってから、に出かけることが増えて。に出ると客観的に自分を見つめられるんです。20代のころはいろんなことにがんじがらめになっていた自分がいて、それを解きほぐす意味でも、は僕にとっていろんなことをもたらしてくれます。客観性、俯瞰、正義…、そして風通しの良さを勝ち取った歴史。旅で感じたそういうエッセンスが、このアルバムには入っています。

アルバム制作でのエピソードは?

レミオロメンを休止して5年以上経ちますが、年に1回とかは会って話す機会があって、曲を聴いてもらったり作ってるアルバムについても話してたら、僕のライブを3月に2人が見に来てくれて、今回はアルバムにそれぞれ違う曲ですが数曲参加してくれました。2人から「弾くよ」「叩くよ」って言ってきてくれて。嬉しかったですね。久しぶりに一緒にやったけど「変わらないな」と感じたり、2人の思いを受け止めたりして、幸せなレコーディングでした。

『北極星』の聴きどころを教えてください!

僕がにでた時に得た感動、日常の中で思ったささいなことを立体的に表現できたアルバムだと思います。都会にいても自然を感じられると思うし、より人間的なものを感じられるかもしれません。都会と自然を縦横無尽に行き来できるものが、このアルバムにあるような気がしています。ぜひ、みなさんにとっての『北極星』である故郷を感じながら聴いていただけたら、スルメみたいに何度も聴けるアルバムだと思います。

また、現在Rakuten Musicで藤巻さんにセレクトしていただいた「旅で聴きたいプレイリスト」が公開されています。この選曲ポイントは?

1つはサウンド的に、の中で感性を揺さぶられるような楽曲です。の最中って、意図していないところから音楽が刺さってきたりするじゃないですか。そういうところで、すごくセンスがいいなと思っている曲を選んでいます。もう1つは言葉の力が強い曲です。洋楽は自分の好きなタイプの曲を選びましたが、邦楽は言葉の持っているエネルギーや哲学性のある楽曲を選びました。先では両方から揺さぶられるのが面白いのではないかと思い、その2軸にしています。

旅と音楽とは?

ほとんどの人が、だいたいルーティーンの中で生きています。そこから違う景色の中で音楽を聴くと、知っている曲が全然違うものに聞こえるんです。新しい曲との出会いみたいになるんですよね。の距離感は、自分の新しい感性に入って来る気がします。今まで気づかなかったようなものが反応したりと、先で聴く音楽は豊かだと思います。

創作活動の源は?

出会いでしょうね。野口健さんもそうですし、写真を撮り始めたらそれを編集してくれる人と出会って写真集が作れたり、日常ではフットサル仲間からいろいろな刺激を受けたり。スタジオワークが続くと、どうしても頭だけが疲れるんです。定期的にフットサルをやると身体もちゃんと疲れて、自分自身のバランスが整いますし、いろんな人の価値観に触れることが創作意欲につながります。旅・写真・スポーツを通して、自分自身がまた変わることを経験している日々ですかね。

休日は、どうやって過ごしていますか?

最近のお休みで印象的なのは、野口健さんと一緒に白神山地へ行ってきたことです。秋田と青森の間にあるブナの原生林に、健さんとまたぎの方と一緒に入山してきました。自然を熟知されている方と一緒に山を歩き、沢登りをして。川の中から見る霧雨の風景が、とても美しかった。こんな週末ばかりじゃないですけどね(笑)、最近では一番の思い出です。

最近ハマっていることは?

の本を読むことかな。僕たちは、心の動きに反応して音楽を作っているんです。でも心の動きの正体はわからない。というフィルターを通してみたらどう見えるのか、勉強するのが楽しくて。ハッとすることが多いんです。しょっぱいものを食べたら汗を出して塩分を調節したりする、元の状態に戻すことをホメオスタシスというんですけど、人間の意識にとってのホメオスタシスは過去だそうです。自分自身が前に進めない時は、どうしても後ろに引っ張られる、人間の意識にとっての重力は過去なんです。だから過去を振り切り今を考えて生きることがとても大事だという教えを聞いて、とても共感しました。

藤巻亮太さん

お好きな食べ物は?

「身体が冷えると身体も喉も締まってしまう」と人から教えてもらい、しょうがを意識して採るようにしています。うどんお鍋に入れてもいいですしね。我が家のMVPアイテムは、しょうがをすり下ろした時におろし金から落とす竹製のスクレーパーです(笑)。

ネットショッピングの経験は?

をよく買います。お店に行って「なかった」となるよりも、調べてすぐ買えるのであれば、そちらを使おうかと。明確に買う物が決まっている場合は、ネットを使うことが多いです。

今後の目標を教えてください。

音楽をやっているといろいろな意味で価値観や自分が揺れ動きますが、ブレることは悪いことじゃなくて、その先に新しい重心を取り戻すことが大切だと思っています。怖がらずに歩いて、いい出会いと巡り会いたいです。そこで無根拠なところから立ち上がってくるものを大切にして、1曲1曲を大事に作っていきたいです。

藤巻さんの愛用品や、オススメのアイテムはありますか?

『沢庵 不動智神妙録』(タチバナ教養文庫/たちばな出版)

『沢庵 不動智神妙録』(タチバナ教養文庫/たちばな出版)
乾徳山 恵林寺という寺の古川周賢老大師から教えていただいた一冊です。沢庵和尚の言っていることが、の教えと近いんですね。心は動いていくもので、止まるから執着が生まれる。僕の解釈ですが、例えばサッカー選手のすごい人は、ボールだけじゃなく、周囲や監督、観客まで見ている。全てに気を配り、1つのところに留まっていないんです。これは例えですけど、そういうお話があるので、「サッカー用語で言ったら“ゾーン”だな」とか、自分なりに教えをフットサルに活かそうとしています(笑)。

『ショーシャンクの空に』

『ショーシャンクの空に』
最近、また過去の作品を見直しているのですが、『ショーシャンクの空に』は展開がわかっていながらも秀逸すぎて、震えます。最後のカタルシスがすごい。「1本とられた」どころの騒ぎじゃないです(笑)。

牡蠣鍋

牡蠣鍋
牡蠣が有名な南三陸から、牡蠣と旬のセリを取り寄せて、お鍋にして食べたんです。地元じゃなきゃ食べられない旬のものは、お取り寄せできるとありがたいですよね。

山梨のくだもの(もも、ぶどう等)

山梨のくだもの(もも、ぶどう等)
地元・山梨の誇れるものといえば、やはり果物かな。実家で作っているので、子どものころからももぶどうは飽きるほど食べていました。木でちゃんと熟した新鮮なものを食べられるのは、うれしいですね。

沢靴

沢靴
沢登りをした時に、専用の靴で行ったんです。実は川って、藻とかが生えていて意外と滑るんですよね。でも沢靴なら滑らない! 「沢靴、やるな」と思いました(笑)。まだ沢登りを一回しか経験していないので、次は紅葉の中を沢靴で歩いてみたいです。

聴き放題音楽アプリ♪Rakuten Music

聴き放題音楽アプリ♪Rakuten Musicは、月額980円(税込)で2,000万曲以上の邦楽&洋楽が聴き放題!
アプリ内では、<藤巻亮太が選んだ旅で聴きたいプレイリスト>を公開中!
さまざまなジャンルの楽曲をセレクトして頂きました♪藤巻亮太さんがイメージする旅で聴きたい楽曲とは?
このプレイリストを楽しめるのはRakuten Musicだけ!30日間無料トライアル中!

ふじまき・りょうたさん

藤巻亮太(ふじまき・りょうた)さん

1980年生まれ。
2000年、小学校からの同級生と「レミオロメン」結成。
2003年、メジャーデビュー。その後、「3月9日」「粉雪」などヒット曲を生み出す。
2012年、レミオロメン活動休止を発表。ソロ活動を開始する。
2017年、10月22日よりアルバムツアー『藤巻亮太 Polestar Tour 2017』開催。

私のオススメ

『沢庵 不動智神妙録』(タチバナ教養文庫/たちばな出版)

『沢庵 不動智神妙録』(タチバナ教養文庫/たちばな出版)
乾徳山 恵林寺という禅寺の古川周賢老大師から教えていただいた一冊です。沢庵和尚の言っていることが、禅の教えと近いんですね。心は動いていくもので、止まるから執着が生まれる。僕の解釈ですが、例えばサッカー選手のすごい人は、ボールだけじゃなく、周囲や監督、観客まで見ている。全てに気を配り、1つのところに留まっていないんです。これは例えですけど、そういうお話があるので、「サッカー用語で言ったら“ゾーン”だな」とか、自分なりに教えをフットサルに活かそうとしています(笑)。▼詳しく読む

アイテムをCHECK

『ショーシャンクの空に』

『ショーシャンクの空に』
最近、また過去の作品を見直しているのですが、『ショーシャンクの空に』は展開がわかっていながらも秀逸すぎて、震えます。最後のカタルシスがすごい。「1本とられた」どころの騒ぎじゃないです(笑)。 ▼詳しく読む

アイテムをCHECK

牡蠣鍋

牡蠣鍋
牡蠣が有名な南三陸から、牡蠣と旬のセリを取り寄せて、お鍋にして食べたんです。地元じゃなきゃ食べられない旬のものは、お取り寄せできるとありがたいですよね。▼詳しく読む

アイテムをCHECK

もっと見る