全てのジャンル

mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2016/12/15更新

児童手当やお祝い金の管理、みんなはどうしてる?

10代~40代のママさんへのアンケートによると、お子さまの児童手当の使い道は「子供の口座に貯金」が41.9%で最多という結果に。

お子さま1人にかかる教育費は約1,000万円!?

文部科学省による平成24年度子どもの学習費調査によると、3歳の幼稚園入園から高等学校卒業までにかかる学習費総額は、全て公立に通った場合、約500万がかかるという試算が発表されました。さらに、大学進学時となると400~500万は準備しておきたいものです。

児童手当やお祝い金は、将来の教育資金として貯金する

「児童手当」は、0歳から中学校卒業までの児童を養育している方に支給されます。

■一般的な年収の世帯
子ども1人に付き、3歳未満は月15,000円、3歳以上中学校卒業までは月10,000円。
第3子以降は、小学校卒業まで月15,000円、その後、中学校卒業まで月10,000円。

■年収が多い世帯(子ども2人で年収約960万円以上など)
子ども1人につき、中学校卒業まで月5,000円。

0歳から月15,000円ずつ貯金ができれば、単純に計算しただけでも15年で約270万円になります。つまり、児童手当が支給される間は、少しプラスする程度で準備できるわけです。

なお、児童手当がいつ縮小や廃止になるとも限りません。いつ手当がストップしても困らないよう、柔軟に考えておくことも必要です。

児童手当以外にも、お年玉やお祝い金、おじいちゃんおばあちゃんからのお小遣いなども教育資金を準備するための「財源」として貯蓄に回すのも大事ですね。

※この記事で取り上げた情報は、2016年11月1日現在のものです。児童手当については、政策の変更により、内容や名称等が変わる可能性があります。

お子さま名義の預金口座を作る

パパやママの銀行口座と一緒にすると、「ついつい使ってしまいそう…」という声も聞こえてきます。
管理方法が心配なかたは、確実に貯められるようお子さま用の銀行口座を作って分けて管理することをオススメします。
児童手当が振り込まれる口座は世帯主名義の口座になりますが、お子さま名義の預金口座も同じ銀行の同一支店に作っておけばお金を動かすのもぐっとラクになります。

■楽天銀行のご紹介

楽天銀行で口座開設する5つのメリット
 1)お申込はWebやスマホで完結!窓口での待ち時間不要で忙しいママにピッタリ!
 2)12歳以下なら、親権者が代理で手続き可能!
 3)楽天銀行同士なら振込手数料が何回でも0円!
 4)楽天銀行なら普通預金金利が大手銀行の20倍!
 5)口座数ネット銀行ナンバー1の最大級インターネットバンク

児童手当に限らず、お子さま名義の預金口座にお祝い金やお年玉、お小遣いなども一緒に入れて一元管理!
教育資金は早いうちから細く長く準備していけば、将来お子さまの「いざ」という時に
安心ですよね。確実に準備して未来に備えましょう!

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook
社会的責任[CSR]