• Share

映画『3月のライオン』(3/18前編、4/22後編公開)で主人公・桐山零(神木隆之介)の良き先輩であり、個性派プロ棋士のスミスこと三角龍雪を演じた中村倫也さん。そのビジュアルと存在感は、まるで原作の漫画から抜け出てきたかのよう! 素顔もかなりお茶目で個性的な中村さん、今回のインタビューで意外な一面を披露してくれました。

『3月のライオン』の原作は大ヒットコミックですが、以前からご存知でしたか?

タイトルは知っていましたが、未読だったので今回の映画出演にあたって読破しました。羽海野チカさんの前作『ハチミツとクローバー』は読んでいたのですが、出てくる人物に愛嬌があり、一生懸命生きている姿を描く漫画家さんなんだな、と感じていました。将棋も小さい頃から馴染みがあったので、その世界で生きる人の人間ドラマがとても面白かったです。

中村さんが演じたスミスは、本当に原作から抜け出てきたかのようでしたが、どうやって役作りをされたのでしょう?

ビジュアルに関しては頼もしい美術スタッフがいい意味で遊びながら、楽しく作ってくれました。スミスが持っている美意識の高さだけは外さないようにと思っていましたが、衣装合わせの段階で「大丈夫!」と感じました。スミスの棋風にも現れる生き様は、自分の中で想像して、身近に感じながら演じました。悩み多き天才少年・零くんを笑顔にさせる先輩という役割だったので、そこは原作よりも拡大してアウトプットできたらいいなと思っていましたね。

スミスと中村さんの共通点は?

スミスは棋風が軽くて、敵の攻撃をかわしながら攻める戦法を得意としているけれど、どうしても重くなってしまって伸び悩んでいるという設定が原作にあります。軽やかに自分の美学を掲げていても、なんだかんだ悩んで足取りが重くなる時はあるし、自分も理想に向けてまだもがいている最中で、一俳優として、シンパシーがありましたね。

撮影現場での思い出深いエピソードはありますか?

相方の松本一砂役が尾上(寛之)くんで、彼と話し合いながら役作りをしていきました。大友(啓史)監督も「好きにやって」というスタンスで、何が出てくるのか楽しみにしてくれているところがあったと思います。尾上くんも松本と同じく熱い人なので、クランクイン前に「ちょっと飲みに行こうや」と誘われて、それぞれのカラーを役に乗せて出せたら一番いいのかもね、みたいな話をしました。尾上くんとの付き合いは結構長いんですけど、二人で飲むのは初めてで、ひっそりと、熱い春を過ごせた気がします。

スミスと松本はよく零にちょっかいを出していますが、撮影現場での零役・神木さんはいかがでしたか?

現場では、「いかに本番のカメラ前で神木くんを笑わせるか」に賭けていた気がします(笑)。でも神木くん、零役のモードに入ると全然笑わないんですよ……。ひたすら僕らは空回りしていて(笑)、それもスミス・松本っぽいかなと思いました。

撮影に向けて将棋を特訓されたそうですが、気づいたことはありましたか?

人生が出るんだな……、と思いましたね。最終的には自分の根っこにあるものをむき出しにして戦うものなんだな、と。この映画のためにプロの方からもお話を聞かせてもらいましたが、いかに自分らしく、悔いなく戦うかを考えているように感じました。その棋士の生き様を映している映画なので、一人の人間として身が引き締まる思いでした。

ぜひ、『3月のライオン』の見どころを教えてください!

土を噛みながらもがいている人たちの生き様が“ドシン”と胸に来る作品だと思っています。「2時間1800円にしては満足度の高い映画だな!」が、映画を見た感想です(笑)。あとは「我ながらふざけすぎだろ」と思ったので、空回っているアホコンビも箸休め的に見ていただければ……(笑)。

オフは、どんなことをして過ごしていますか?

休んでます!(笑) あとは控えている作品の準備をしたり、家事をしたりしてますね。「休む日」は何も考えずに動画を見たり、録りためたドラマを見たり、録画した動物のドキュメンタリーを流しながら掃除をするのが一番充実感があります。

好きなグルメは何ですか?

大人になったからか、味覚が変わってが好きになりましたね。昔は野菜を食べられず、ばかり食べていて、「から揚げ、から揚げ」と言っていたハナ垂れ小僧でしたが(笑)、最近は肉より魚派になってきたと感じます。

インターネットでお買い物をしたりしますか?

めっちゃ、しますね。最近買ったものは、スポーツジムで使うためのBluetoothのイヤホンです。無線なので、「近未来!」って感じがします。それで運動しながら、バナナマンさんのラジオを聞いています(笑)。

ここ1年くらいでのベストショッピングは何ですか?

CW-Xというコンプレッションタイツですね。筋肉を固定して、疲労をたまりづらくするタイツなんですが、先輩から教えてもらって去年の舞台でよく履いていました。実際、疲れにくくなったなと感じましたね。

では、最後になりますが、今の夢を教えてください。

飼っているハムスター用の家を造りたいです!  3段くらいで、行き来できるヤツ(笑)。自分で造ると、出来が悪くても思い入れがあるじゃないですか。既製品のケージだとカラフルで可愛すぎるから、好みじゃないんですよね。機能性を考えると自分で造ったほうが早そうだなと……。そこでハムスターが楽しそうにしていたら嬉しいですが、だいたい造ったこちらの心を知らず、あまり楽しんでくれないんですよね、それもそれで、まぁいいかと……。これが、今の夢です(笑)。

中村さんの愛用品や、オススメのアイテムはありますか?

バナナマン傑作選ライブDVD-BOX

バナナマン傑作選ライブDVD-BOX『Punch Kick Chop』
人生で一番見ているDVDです。バナナマンさん、好きなんです! 7〜8年くらい前に初めて見て、「なんだコレは!」と思って以来、ずっとです。去年、自分が出ている作品の宣伝出演で共演する機会があったのですが、宣伝どころじゃなくなりました。人類で一番緊張する相手です。

  • #ITEMRNK#位#RANKCHANGEIMG#
  • #ITEMIMGURL#
  • #ITEMNAMEURL#
  • #KAKAKU#
  • #ITEMREVIEW##REVIEWNUM#

さよなら私のクラマー

『さよなら私のクラマー』(新川直司著/講談社コミックス月刊マガジン)
早く続刊が出てほしい漫画です。女子サッカーの話なのですが、喜怒哀楽が面白いんです。登場人物、みんな可愛いし、ちゃんと踏み込んだサッカーを描いているので、30歳の僕でも楽しめます(笑)。今の密やかな楽しみです。

そば

そば
毎日そばを茹でて食べています。もともとはどろっとした田舎そばが好きなのですが、最近は更科そばを1日3回くらい食べています。ざるそばにして、刻み海苔と刻みネギをかけて食べるのが基本です。今の僕の身体の7割くらいはそば粉でできている気がします(笑)。

モッズコート

モッズコート
集めたいと思っているファッションアイテムモッズコートです。ガバッと着られて、楽なんですよね。シルエットが縦長なので、身長があまり高くない僕でも似合うアイテムなんです。

タブレット用キーボード

タブレット用キーボード
Bluetoothで接続するんですけど、すごいんです、ハイテクなんですよ! iPadをはめて、ガシャコンと開いて、トランスフォームするんです(笑)。持っているだけで、できる男になった気分になります(笑)。

中村倫也

中村 倫也(なかむら・ともや)さん
1986年生まれ。
2005年、映画『七人の弔』で俳優デビュー。
2014年、『ヒストリーボーイズ』にて舞台初主演。同作で読売演劇大賞優秀男優賞受賞。
公開待機作に『先生!』がある。

私のオススメ

バナナマン傑作選ライブDVD-BOX『Punch Kick Chop』

バナナマン傑作選ライブDVD-BOX『Punch Kick Chop』
人生で一番見ているDVDです。バナナマンさん、好きなんです! 7〜8年くらい前・・・詳しく読む

アイテムをCHECK

さよなら私のクラマー

さよなら私のクラマー
早く続刊が出てほしい漫画です。女子サッカーの話なのですが、喜怒哀楽が面白い・・・詳しく読む

アイテムをCHECK

そば

そば
毎日そばを茹でて食べています。もともとはどろっとした田舎そばが好きなのです・・・詳しく読む

アイテムをCHECK

モッズコート

モッズコート
集めたいと思っているファッションアイテムがモッズコートです。ガバッと着られ・・・詳しく読む

アイテムをCHECK

もっと見る