全てのジャンル

2019年のハロウィンは
10月31日
木曜日

ハロウィンっていつ?
ハロウィンの由来とは?

ハロウィン(ハロウィーン・halloween)の由来などをご紹介!トリック・オア・トリートの意味は?ハロウィンの素朴な疑問にお答えします!知るともっと楽しい、海外のハロウィン事情もご紹介!毎年ハロウィンに参加している方も、ハロウィン初心者の方も平成最後のハロウィンを盛り上げて行きましょう!

ハロウィンっていつ?

ハロウィン(ハロウィーン・halloween)は、
毎年10月31日に行われます。

2019年のハロウィンは10月31日木曜日

ハロウィンとは? 起源や由来

日本でも近年大盛り上がりの「ハロウィン」でも、いったい何のイベントなの?
知るともっと楽しくなるハロウィンの起源や由来をご紹介!

ハロウィンとは?

 ハロウィンとは毎年10月31日に行われる、古代ケルトを起源とする民間行事のひとつです。古代ケルトでは、この夜に悪霊や魔女などが出てくると信じられていました。そのため、悪さをする霊や魔女から身を守るために仮面を被ったり魔よけの焚き火などをしたと言われています。現在では宗教的な意味合いは薄れ、子供たちが精霊やお化けに仮装してお菓子を貰ったり、ホラーを楽しんだりするイベントとなり多くの国で親しまれています。

 アメリカやカナダではホームパーティを開催して楽しむことも多く、近年日本でも多くの方がも地域のハロウィンイベントに参加したり、ホームパーティを開催する方も増え、注目が高まっています。ハロウィンに向けてお家をホラー風に装飾するのもイベントの醍醐味のひとつで、子供のいるご家庭では親子で一緒に飾り付けをして楽しみます。

ハロウィンの由来・起源・発祥

 ハロウィンの歴史は非常に古く、2,000年以上昔の古代ケルト民族の宗教儀式のひとつ、サフィン祭が起源と言われています。 サフィン祭は、古代ケルト民族の一年の終わりである10月31日に秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うものでした。その日は、我々日本で言うところのお盆のように、死者の霊が家族に会いに来ると信じられていたと言います。その後の歴史の中で古代ケルトの文化はキリスト教文化に吸収され、サフィン祭も変化してハロウィンとなりました。現在のキリスト教各派で、起源がキリスト教では無いことから、宗教上関係の無い俗世のイベントと位置づけています。
 ハロウィンは現在までに多くの国に伝わり、それぞれの国の文化と融合し独自の発展をしており、それぞれの様式が異なっています。その中で、今日の日本で親しまれているハロウィンの様式はアメリカから伝わったもので、仮装をしたりやホラー映画を見たり、地域のイベントやホームパーティに参加するのが一般的な楽しみ方となっています。国際交流の場面では、お相手の国によって様式や宗教感が異なる事もあるため、互いの文化を尊重しあってハロウィンを一緒に楽しむことが大人のマナーと言えます。

どうして仮装するの?仮装の起源

 古代ケルトでは10月31日に日本のお盆と同じように、死者(先祖)の魂が家を訪ねたりすると考えられていました。ただ日本のお盆と違って、悪さをする精霊や悪霊も一緒に来てしまい、その悪霊は家畜や作物に悪い影響を与えたり、子供をさらったりすると言われていました。そこで悪霊を驚かして追い払うために、仮面をかぶったり、焚き火をしたりしたと言われています。そこから仮装する習慣が生まれました。

 近年では魔女やモンスターなどの定番キャラクターの他に、アニメやゲームの登場人物、有名な芸能人の仮装も多く、毎年生まれる新たなアイディアがハロウィンを大きく盛り上げてくれています。

トリック・オア・トリートって?

 ハロウィンの日の日没後、仮装した子供たちが近所のお宅を訪問して
「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」
と唱えてお菓子をおねだりします。「Trick or Treat」とは「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ」という意味です。
子どもたちにとって、お菓子がたくさんもらえる大興奮の一大イベント。
 大人は子供(おばけや妖怪)を歓迎して、
「Happy Halloween!(ハッピーハロウィン)」
と答えてお菓子をあげましょう!

 その他にもアメリカの小学校ではみんなでお菓子交換をするイベントもあったりで、たくさんのお配り用スイーツは必需品だそう。近年日本でも家族で参加できる地域のイベントがたくさん開催されるようになりました。ハロウィン用のお配りスイーツは楽天市場でのまとめ買いがおすすめです!お菓子やグッズの準備はお早めがおすすめです。

海外の現代ハロウィンの様子

 ハロウィンってこれでいいの?毎年大盛り上がりのアメリカや諸海外ではハロウィンはどのように認知されているのか見てみましょう!

アメリカ世界中で人気爆発!現代ハロウィンの火付け役

 アメリカ、カナダでは例年ハロウィンで子供も大人もペットも仮装して大盛り上がり!1ヶ月も前からハロウィンの準備は始まります、お家をホラー風に飾り付けしたり、家族分の衣装とお配り用のお菓子を準備します。ハロウィン本場のアメリカでは様々なシーンでもハロウィンの催しが行われます。
 小学校や幼稚園・保育園では仮装パレードが開催され親は子供の可愛い姿を撮影したり、子供達はみんなでお菓子交換をしたります。日が落ちると子供達は仮装してプラスチックのカボチャのバケツを持って、近所のお宅を「トリック・オア・トリート!」の合言葉で訪問してまわりお菓子をもらうことは日本でも有名ですね。その際には、玄関前にカボチャのランタン(ジャック・オー・ランタン)を置いてあるお家がハロウィンに参加しているという目印になっています。
 中潤高等学校で仮装パレードをすることはあまりなくなりますが、仮装して登校する生徒も先生も少数派ではありません。お菓子交換も仲の良い友達とだけ交換したり、友達とパーティに参加したりします。
 大学生や若者たちはホームパーティをしたりクラブに繰り出したりして、仮装してお酒を飲んだり(飲酒は21歳以上のみ)して大騒ぎしてハロウィンを楽しみます。
 大人も例外ではありません、職場にももちろん仮装して出勤します。仮装チャンピオンを決め賞金が出る会社もあるんだとか。仕事のあとは友人の家に集まってお酒をのんだり、ホラー映画を見たりハロウィン料理を楽しんだりします。

 アイルランド系移民によって伝わったハロウィンはアメリカで長い旅をして現在のハロウィンに成長し、現在は多くの国で親しまれるイベントになりつつあります。全年代が楽しめる事や、特定の宗教的な意味合いが無いことから誰でも参加しやすい点が、ハロウィンが各国で受け入れられた要因のひとつかもしれません。

アイルランドハロウィンの原点と伝統

 ハロウィン発祥の地といわれる、アイルランドでは10月の最終月曜日から一週間学校などはお休みになります。秋の収穫を祝い、悪霊を払う行事として今でも伝統として受けつがれています。アイルランドでは、ハロウィンの日にこの世とあの世の境目が弱まる日とされていて、死者の霊たちがこの世をさまようんだとか。街全体はハロウィンのお祭りムードでいっぱいになり、昼はアップルボビング(水にりんごを浮かべて口を使って取るゲーム)や仮装をして近所のお宅を訪問して果物やナッツをもらったり、家庭ではバームブラック(ドライフルーツのケーキ)を食べたり占いを楽しんだりするそうです。

フランス「お菓子をくれないと魔法をかけちゃうぞ」

フランスではハロウィンは、アメリカから輸入した文化として認知されています。フランスでのハロウィン事情は日本ととても似ており、地域のイベントやホームパーティなどでハロウィンを楽しむことが多いそう。公立の学校では非宗教性を基本としている事から、宗教とは関係のないハロウィンは気軽に学校行事として開催されることが多く、子どもたちのハートを掴んではなさないハロウィンは年々存在感をましているそうです。
 英語では「trick or treat!(お菓子をくれないとイタズラするぞ)」、フランス語ではいくつかありますが、フランスらしいものが「Des bonbons ou un sort」(お菓子をくれないと魔法をかけちゃうぞ)。フランスでは古くから魔女が畏怖の対象のためこのような翻訳がされたそうです。

 日本では、アメリカと比べて自由な仮装が多く見られるという声もありますが、アメリカでは伝統あるモンスターだけでなく、人気アニメやゲームのキャラクターや、有名人のコスプレをする人も最近では少数派ではありません。多くの国でハロウィンの存在感が増してきていますが、それぞれの国で独自の文化と混ざり合い「よくわかんないもの」に昇華し特色を出しています。日本でもコスプレ文化や、キャラ弁などの食彩文化がハロウィンと融合し日本らしいハロウィンの楽しみ方が見出されてきているように感じます。

ハロウィンとカボチャ(Jack-O'-Lanterns)

 ジャックオーランタンは直訳すると「ランタンのジャック」という意味で、アイルランドのジャックという名前の男の伝承が由来と言われています。
 その昔、ケチで乱暴者で人をだましてばかりいたジャックが、ハロウィンの夜に魂を取りに来た悪魔に遭遇します。ジャックは、悪魔を騙して10年間はジャックの魂を取らないことを約束させて追い払います。そして、10年後に再びあの悪魔が現れますが、またしてもうまく騙しジャックの魂を永遠に取らないと約束させて追い払います。
 その後に、ジャックは年をとって寿命で死んでしまいますが、生前ケチで乱暴者だったために、 天国に行くことが出来ませんでした。しかたなくジャックは、地獄の門を叩きます。そこにはあの悪魔がいました。ジャックは「地獄へ連れて行ってくれ」と悪魔にお願いしましたが、悪魔との約束から地獄に行くこともできませんでした。天国にも地獄にも行けないジャックは元の所に戻るように言われてしまいますが、行く先は真っ暗な闇が広がるばかり。ジャックは悪魔に明かりが欲しいと頼み、悪魔のお情けで地獄の火を一つもらいます。炎を運ぶランタンを持っていなかったジャックは、転がっていたカブをくりぬいてランタン代わりします。それを持ったジャックは、今も安住の地を探して現世をさまよっているといわれています。

 この伝承を元に、ハロウィンの日にカブでランタンを作る習慣ができたといいます。アメリカでは、カブにあまり親しみがなかった事から、代わりにカボチャでランタンが作られ、後に一般的になったようです。

  • 装飾・インテリア・雑貨 

    かぼちゃ、お化け、ランタンなど気分を盛り上げるハロウィン装飾、インテリア雑貨グッズが揃い踏み!

スイーツ・グルメインテリアこちら

ハロウィンをホームパーティーで楽しむのもオススメ!とっておきのグルメやスイーツを用意して、ハロウィン用のインテリアや装飾雑貨でお部屋をデコレーションしてお出迎え!ホラー映画を楽しむのも素敵ですね!

キャラクターライブラリ

変身したいキャラクターが決まっている方はこちらから!人気のキャラクターが充実

もっと楽しくなるハロウィン情報

  • 人気キャラTOP3掲載

  • 1分でまるわかり

  • お家を飾ろう!

  • 明日使える豆知識

ハロウィン特集 ランキング

※ランキングデータ集計時点での販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

※掲載されている商品内容及び商品説明は、各出店店舗の責任によるものであり、楽天市場はその内容について何ら保証、推奨するものではありません。

【楽天市場】ハロウィンっていつ?ハロウィンの由来とは?|ハロウィン特集
社会的責任[CSR]