全てのジャンル

楽天市場にはショップ同士 つながる場があります

ー楽天NATIONSの取組みー

「どうしたらもっとお買い物を楽しんでいただけるだろうか」
「どうしたらもっと魅力あるお店になれるだろうか」

これらはすべてのショップに共通している悩みです。

けれど、店舗運営の悩みを相談できる人がなかなかいない…

そんな店長さんの声から生まれたのが
楽天NATIONSという取組みです。

楽天NATIONSとは

楽天NATIONSとは、楽天市場のショップが集まる「勉強会」です。

そこではベテランで経験豊富なショップの店長さんがリーダーとなり
もっと魅力的なお店になりたいと考えるショップの成長を
応援する取り組みが行われています。

参加しているショップはみんな真剣そのもの。
お客様に喜ばれるお店や商品づくりについて徹底的に考え抜く、
それが楽天NATIONSです。

楽天NATIONSの活動

楽天NATIONSの活動は様々です。
この先どんなお店になっていきたいのかをみんなで議論したり
お客さまがどんな商品を求めているのかデータを分析したり
経験豊かなベテランショップからレクチャーを受けたり…

勉強会の後はお店に戻って、学んだことをさっそくお店に反映します。
もちろんすぐにうまくいくことばかりではありませんが、
そんなときも相談しあい、励ましあいながら取り組んでいます。

”この商品、仲間の声から生まれました”

楽天NATIONSの取組みで最も重要といえるもの、
それは一緒に成長を志す「仲間」の存在です。

例えば自分のショップの商品やページを改善したいとき
仲間のお客さん目線からの提案やアイディアは何よりも貴重なのです。

ここでは言いにくいことも言い合うのがルール。
「こんなセットがあれば喜ばれると思う!」
「ページにこう書いたら伝わるんじゃないか?」

そうやって改善された商品が、人気商品になることも…!

新潟米あられおかき 加藤製菓

店長加藤一弥さん

“うちはおかきのお店なのですが、ファンを広げるためにナッツ好きの方に向けた商品を作りたいと考えていました。
そこで楽天NATIONSのグループワークでナッツのセットを提案したのですが、仲間から「なぜ自慢のおかきとセットにしないの?」という意見をもらったんです。最終的に「柿の種&ナッツ3種類の食べ比べ」という新しい商品が生まれ、今ではうちの人気商品になっているのですが、仲間の意見なしには生まれなかった商品だと思っています。”

楽天NATIONSの参加ショップを応援してほしい!

楽天NATIONSに参加したショップの数は合計で2,600店を超えています。
すべての参加ショップが
「どうしたらお客様に喜んでもらえるか」という課題に対して
仲間同士協力しながらじっくり考え抜いてきました。

「競合だけど助言する」「ライバルだけど協力する」
そんな関係の店長さんもいました。

励ましあいながら切磋琢磨した結果は
サービスの改善や新商品の開発、わかりやすくて面白い商品ページなど
お店の中のいろんな面に表れています。

そんな経験を地道に積んできたショップを、ぜひのぞいていってください。
そしてもしお気に入りのお店を見つけたら、ぜひ応援してください!

楽天NATIONS 参加店舗を見てみる!
社会的責任[CSR]