芸能人のすっぴんショッピング!-中尾明慶さん「野望はブラピ超えです!」-

全てのジャンル
  • 2014.4.9更新
  • 藤原竜也さん×品川ヒロシさん
  • 伊藤淳史さん×仲村トオルさん
  • 仲里依紗さん
  • 過去の出演者をもっと見る
すっぴんショッピング 中尾明慶さん「野望はブラピ超えです!」
『L♡DK』は2時間、キュンキュンしっぱなしでした 愛用品&オススメ 最新情報 プロフィール

『L♡DK』は2時間、キュンキュンしっぱなしでした

中尾明慶さん

『L♡DK』では、校内で“イケメンツンデレ王子”と言われる柊聖の親友で、理解者でもある亮介を演じた中尾さん。この役が来た時の感想は?

「高校生かぁ……」と思いました(笑)。高校生役を演じたのって、大きな作品で言えば『ROOKIES』(2008年にドラマ放映、2009年に映画化)以来なんですよね。ましてや僕、恋愛ものに出演することが本当になくて。すごく新鮮だったけど、冷静に「できるかな」と思っちゃいました。でも、台本を読んで「ああ、やっぱり僕は恋愛の主軸には入って来ないんだ」と思いましたけど。一度くらいはカーテン越しに手をつなぐようなドキドキシーンをやってみたいな、と(笑)。

亮介は誤解されがちな柊聖を誰よりもわかっていて、「こんな友達がほしい」と思える存在でした。撮影は、どんな雰囲気で進んだんですか?

共演者がとても若いので、「話を合わせなきゃ」と必死でした(笑)。5〜6歳違うし、さらに僕は既婚者なので、感覚が違う気がして。ここで僕が「年上だし、引っ張らなきゃ!」とグイグイ行って、ウザがられてもイヤだなと(笑)。だから割と静かにしていましたね。それでも若い剛力さん(西森葵役)や山くん(久我山柊聖役)がいい人で、話しかけてくれたので助かりました。剛力さんは名前が強そうだけど、普段は穏やかで優しくて可愛らしい人。山くんともすごく仲良くなって、お兄さんはこの二人に救われました(笑)。

山さんを見ていると、実際に学生時代は「王子」と呼ばれていそうな雰囲気ですが……。

全然、そんなことないんです。中学時代は男友達と騒いでいたし、高校は通信制だったので全然青春できなくて。だからこの映画で、青春を楽しみました。

撮影は夏だったんですか?

そうなんですよ! そんな中、回想シーンで冬の場面があって……。コートを何枚も着ることになり、とても暑いんです。でも、僕より年下の人たちが文句一つ言わずやっているので、こっちもがんばらなきゃって(笑)。

逆に、みんなでワイワイ楽しむバーベキューのシーンは気持ちよさそうでした!

あのシーンは気持ちよかったです。あまりに気持ちよくて、ビーチチェアでずっと寝ちゃったくらい。おかげで、お弁当を食べる時に誰も声をかけてくれませんでした……(笑)。

中尾明慶さん

この作品、若い人が見たら恋をしたくなるし、大人が見たら昔の恋が懐かしくなりますね。

見るとキュンキュンしますよね。僕も試写で見て、「おい柊聖、何をやってるんだよ! 早くいけよ!」とドキドキしたり、2時間キュンキュンしっぱなしな自分に驚きました(笑)。あと、恋愛は当たり前のようにあることだけど、その一つ一つが本当に大事なものなんだな、と改めて感じましたね。既婚者の僕でも、奥さんとの恋愛的な要素は大事にしたいな、と思いました。

4月公開ということで、出会いの季節にぴったりの作品ですね。ぜひ、メッセージをお願いします。

適度な運動……と言っても僕の場合、「適度」というより結構やってるんですけどね。ボクシングジムに行ったり、ウエイトトレーニングしたり、ジョギングしたりと、週に半分以上は運動しています。個人的な健康法は、サウナと水風呂の繰り返し。湯船に浸からず、サウナと水風呂の往復を4〜5セットやると、とても身体が軽くなるし、よく眠れます。

ちなみに、ネットショッピングの経験はありますでしょうか。

ありますよ! サプリメントやキャップ、ミニカーなどいろいろネットで買っています。自分が乗っている車のミニカーとか、なかなか店頭だと見つからないんですよね。そういう物がネットだと簡単に見つかるので、助かってます。

最近、ネットで手に入れて「これはよかった」というものは?

アメリカのボクサー、フロイド・メイウェザー・ジュニアのチームキャップをネットで買いました。日本に代理店があるわけじゃないので、本来なら渡米しないと買えない物。PCや携帯一つあれば何でも揃うので、本当に便利です。

最後に、仕事での野望を教えてください。

野望はブラピ(ブラッド・ピット)超えです!(笑) 『それでも夜は明ける』を見たら、プロデューサーのブラピがとてもいい役で出ているんですよ! これって、最強でしょ? つまり、最強になりたいんです!!

愛用品&オススメ

  • ギャングキング

    『ギャングキング』

    地元の仲間に勧められて、読んでみたらハマッたコミック。ヤンキーものなんですけど、他のヤンキーものとは違って「作者は頭がいいんだろうな」と思えるというか、世の中に対するメッセージを詰め込んでいる作品です。

  • ダッジ・チャレンジャー

    ダッジ・チャレンジャー

    『バニシング・ポイント』という映画を見て、「これだ!」と全く同じ色のものを探して買った車です。ノーズがすごく長いので、テレビ局で警備員の人に「運転席の人が見えませんでした、すみません!」と謝られたことがあります(笑)。今の時代の車では考えられないくらい図体が大きいし不便だったりもするけど、そこに魅力を感じるんですよね。

  • チャンプ

    『チャンプ』

    父子のボクシングの物語なんですが、個人的にはナンバーワン映画だと思っています。自分に子供が生まれて父親になったことも、大きいんでしょうけどね。

最新情報

『L♡DK』
出演:剛力彩芽 山賢人/
中尾明慶 岡本玲/高島礼子(特別出演)/福士誠治 桐山漣 石橋杏奈・/藤井隆 白石美帆
監督:川村泰祐 原作:渡辺あゆ『L♡DK』(講談社「別冊フレンド」連載)
4月12日より全国ロードショー。
www.love-ldk.jp

プロフィール

中尾明慶さん

1988年生まれ、東京都出身。
2000年、ドラマ『ママまっしぐら!』で子役デビュー。『3年B組金八先生』『WATER BOYS 2』などで脚光を浴びる。
主な出演作品に『ROOKIES』、『のぼうの城』、『キッズリターン 再会の時』など。公開中の作品に『俺たちの明日』がある。

メディア情報ピックアップ

注目のインタビューを見る

2016年

2015年

2014年

社会的責任[CSR]