【楽天市場】自然派ワイン特集

自然派ワイン Vin Nature

自然派ワインとは?

自然派ワインについての考え方は様々ですが、自然にやさしい環境でワインを作ることは、例外なく共通しています。つまり、無農薬・有機栽培による、自然なぶどうのみを使用して作られたワインを自然派と言います。また、無添加を目指す醸造方法を実践している生産者のワインについても自然派と言えるでしょう。

近年、温暖化が進む中で、この栽培方法の重要性が明確になり、有機栽培を実施する生産者が増加しはじめました。そのワインは、良質でナチュラルな味わいのため、海外でとても注目され、自然派ワイン専門店もオープンするほどの人気です。近頃は日本でも人気が高まっており、輸入される自然派ワインの種類は増えています。自然派ワインをぜひ飲んでみましょう。

極力、化学肥料を使用せずにぶどうを栽培する目標
なるべく化学農薬を使用せずにぶどうを栽培する目標
無添加を目指す

自然派ワインの種類

ヴァン・ナチュール Vin Nature

ヴァン・ナチュールはフランス語で「自然のワイン」を意味し、化学肥料や薬剤を使用せず栽培したぶどうで醸造するワインを指す言葉です。病虫害の発生などがあった場合のみ、必要最小限の肥料や薬剤の使用は認められています。
ヴァン・ナチュールは手摘みで収穫されたぶどうを使い、二酸化硫黄などの酸化防止剤を添加せずに、天然酵母(※)を使用して生産するため、おのずと生産量は少なくなります。
ビオロジックやビオディナミと異なり、ヴァン・ナチュールには、ぶどう栽培だけでなく、醸造方法も無添加だという特徴があります。

ただし現在のところ、ヴァン・ナチュールの認証機関は存在していません。そのため、自分のワインをそう呼ぶ生産者が実際に栽培や醸造を無添加で行っているという点の公的証明はできないのが実情です。
*天然酵母とは、ぶどうの皮に自然に存在する酵母のことです。それ以外には、培養酵母や遺伝子酵母など、人工の酵母があります。

ビオロジック・ワイン Vin Bio

ビオロジックワイン(以下ビオワイン)は化学肥料や薬剤を使用せずにぶどうを栽培することが条件とされています。ただし、病虫害の予防にボルドー液(硫化銅を使った伝統的な殺菌剤)などの使用は認められています。
ビオワインには、ぶどうが有機農産物であることを証明する代表的な機関があり、認証を取得すると生産者はラベルにそのことを記載できます。機関は数多くありますが、エコセールとABは代表的なものです。
また、醸造方法に関する決まりはありませんが、無補糖、無補酸、培養酵母無添加などを実践するワイナリーが多くあります。

※認証を取得しても、生産者の判断でラベルに記載しない場合もあります。その場合、生産者には、製法がビオロジックであることより、ワインの味わいそのものをアピールしたいという意図があります。

エコセール認証

エコセール認証

ABの認証

ABの認証

ビオディナミ・ワイン Vin Biodynamique

思想家ルドルフ・シュタイナーが提唱した農法に基づいて生産したぶどうを使用し、無補糖、無補酸、培養酵母無添加、SO2不使用、など、人工薬剤を添加しない生産方法です。さらにプレパラシオンと呼ばれる天然に存在する物質(牛の角に糞を入れて焼いたものや鉱物含む)由来の独自の調剤を使用し、天体の動きに則した農業暦に合わせてぶどうを育てる栽培方法です。その一種には、古代マヤ文明やインカ文明の農法に由来する、コスモ農法と呼ばれるものもあります。
ビオディナミワインを承認している、もっとも有名な機関はデメテールといいます。
※認証を取得しても生産者の判断で、ラベルに記載しない場合もあります。その場合、生産者には、製法がビオディナミであることより、テロワールを表現しているワインだということを、アピールしたいという意図があります。
また、ビオロジックと同様に醸造方法に関する決まりはありませんが、無補糖、無補酸、培養酵母無添加などを実践するワイナリーがほとんどです。

デメテールのシール

デメテールのシール

自然派ワインの魅力

テロワール

自然派ワインの流行りの一つの理由としてはテロワールを感じることができるということです。人口構成による薬剤・肥料などを使用しないことは人工的な味が出ずにワインの自然な味を感じることにつながります。さらに、その土地の特徴は強まることが認められています。天然酵母はぶどうの皮にあり、 ぶどうの環境による構成が変わります。そのため、このぶどうを使用しますと、環境の特徴 (テロワール)が強化することになります。ぶどう品種や格付けの味わい特徴よりワイナリーと畑の独特な風味を強調しているのはオーガニックワインです。それが故に奇妙な味わいがあるとよく言われており、人気が出ています。

作り手の気持ち・努力を表現するワイン

農薬を使わずにワインを生産することで虫や病気との闘いが難しくなります。戦いに勝つためには努力と情熱が必要とされ、栽培への作り手の気持ちが強ければ強いほど、戦いに勝つことができます。この努力の結果は非常に細かく栽培や醸造をコントロールすることとなり、ワインの質も非常に制限されます。だからこそ、良質なワインとなります。生産者の気持ちと努力を発揮するワインです。

注目の自然派ワインの生産者

フィリップ・パカレ(ビオディナミ)

フィリップ・パカレ(ビオディナミ)

フィリップ・パカレは、自然派ワインを代表する作り手の一人です。それは自然派ワインの祖ともいえるジュール・ジョヴェに師事して彼の哲学を引き継いでいるからです。現在、ジュール・ジョヴェの残した哲学を受け継いでいる生産者のほとんどは自然派ワインの作り手で、世界中で注目されています。その最後の愛弟子がフィリップ・パカレです。
パカレが実践する哲学には4つの柱があります。それは「天然酵母の使用」、「SO2を醸造中に用いない」、「農薬や除草剤、化学肥料は使用しない」「完熟した健全な果実のみ使う」となります。それによって、単一の品種で様々な土壌や気候によって生まれる、異なった表情を表現することを目指しています。
このように今や自然派ワインの主流となる手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインに見られるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。それは、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴と言えます。パカレ氏は、緻密で、多彩な化学的知識を背景にバランスのよい、完成された味わいの自然派ワインを生みだしています。

作り手のワインを探す
マルセル・ダイス(ビオディナミ)

マルセル・ダイス(ビオディナミ)

フランス北部アルザス地方の生産者マルセル・ダイスはテロワール(※1)を引き出すためにビオディナミ栽培を始め、2007年からその認証デメテールを取得しています。
ダイスでは、天然酵母(※2)のみを使用し、クローン樹は極力、使用しません。天然酵母はぶどうの皮に存在するため、農薬や化学肥料を使用すると、酵母の活動が止まってしまうからです。まさに自然派ワインの生産者だけが活かせる酵母といえるでしょう。しかし、天然酵母は、その味わいの特徴をコントロールすることが難しいので、ビオロジックやヴァン・ナチュールの生産者の一部はあえて使用を避けることもあります。マルセル・ダイスは天然酵母を選択した理由について、人工酵母より環境の影響を受けるため、テロワールをワインに引き出すことができるからだ、と語ります。
また、クローン樹を使用しない理由については、どのワインを飲んでもクローン自体の個性が出てしまうので、個々の土地の強烈な個性をそのままワインに表現するために使用をやめたと説明しています。そんな醸造法のおかげで、マルセル・ダイスのワインは非常に良質で、世界中から注目されています。
(※1)テローワル:土壌や気候を含めた、ワインのもとになるぶどうの育つ環境を意味する用語
(※2)天然酵母とは、ぶどうの皮に自然に存在する酵母のことです。それ以外には、培養酵母や遺伝子酵母など、人工の酵母があります。

作り手のワインを探す
ドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレール (ビオディナミ)

ドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレール (ビオディナミ)

ドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレールはブルゴーニュの生産者で、2002年からワイン作りに取り組んでいます。ティボー・リジェ・ベレールは2001年にお父さんから宝物ともいえる畑を引き継ぎ、自分のドメーヌを設立しました。当初はワイン造りよりドメーヌの経営を目指していましたが、醸造学部に学ぶことで、ワイン醸造にのめり込み、ワインメーカーとしても活動することになりました。
ティボーは当初からビオロジックを実践していましたが、近年ではビオディナミを取り入れ始め、天文学に従って決定する醸造のタイミング、馬での耕作、低収量、SO2を用いないなどを徹底しています。この栽培哲学に基づいて、ティボーはピュアで繊細なワイン作りを目指しているのです。彼の言葉によると「『ティボーのワイン』と言われるより『テロワールの表現されたワイン』と言われたい」ということです。

作り手のワインを探す
ローラン・シュミット (ビオロジー)

ローラン・シュミット (ビオロジー)

マルセル・ダイスと同じくアルザス地方で、17世紀から続く生産者ローラン・シュミットのワインは、フランスのミシュラン3つ星、2つ星をはじめとして異例ともいえる数の高級レストランが採用しています。
現在行われているビオロジック栽培は、2004年にスタートしました。ワイナリーを経営している故ローラン・シュミット氏の奥様アンナ・マリー氏と二人の息子ジュリアンとブルーは、環境にやさしいサステイナブル栽培を実施していたシュミット氏の遺志をしっかりと受け継ぎ、美味しい料理をより美味しくするワイン作りを目指して、その栽培方法をさらに発展させる形で、完全無農薬栽培(ビオロジック)に移行することを決めたのです。
それによって、より華やで、美しい酸味やミネラルのコクを表現するワインを作ることができるようになりました。この生産者も天然酵母のみで発酵して、収穫は全て手摘みです。

作り手のワインを探す
【ラ・ヴィエイユ・フェルム】

【ラ・ヴィエイユ・フェルム】

ペランは南ローヌの主要アペラシオンに300ヘクタール以上の畑を所有し、個々の品種が最も適したテロワールを見極め、古くからビオロジック栽培を実践しています。その歴史は1909年にシャトー・ド・ボーカステルを購入したことに始まります。3代目のジャック・ペランがすべての基礎を築き、それ以来「ワインは自然の力だけで造るもの」というワイナリーの信念のもと、ビオロジック栽培を継続しています。
ペランは他の自然派生産者と比べて、沢山のワインを作っていることが特徴です。自然派ワイン生産者の多くは、生産量が少なく、10銘柄ものワインを作ることはありません。しかし、ペランは数えきれないように感じるほど、数多くのワインを造っています。それを代表するのが、シャトー・ド・ボーカステルのシリーズで、合わせて6つのワイン(※)があります。その他、ラ・ヴィエイユ・フェルムやクロ・デ・トゥレルなど、非常に良質なワインを数多く醸造しています。

作り手のワインを探す

その他の注目の生産者

  • ビオロジック

ビオロジック ランキング

  • ビオディナミ

ビオディナミ ランキング

こちらもオススメ!注目の特集

ジャンルで探す

  • ワイン

    ワイン

    デイリーからヴィンテージまで、ワインはこちら

  • ビール

    ビール

    定番や地ビール、ノンアルコールまで

  • 洋酒

    洋酒

    スコッチ、バーボンなど種類豊富に揃っています

  • 日本酒

    日本酒

    全国の銘酒が勢ぞろい!旨い酒を探そう

  • 焼酎

    焼酎

    品揃え豊富!お好みの銘柄を探そう