全てのジャンル

来年は平成30年 新年のおせちは三重で決まり!三重県おせち

2018年は平成三重年ということで…

さんじゅう

が本気の全面協力!

Rakuten×和久庵

楽天市場と三重県の老舗料亭和久庵が総力を挙げて「三重県おせち」を共同開発!

三重県を五感で味わう豪華特選おせち

三重県を五感で味わう豪華特選おせち

三重県の「三重」は“さんじゅう”とも読めることから、平成30年の門出を祝うにふさわしい三重県おせちを、三重県全面協力のもと、世界的IT企業の楽天と三重県津市に本店を構える仕出し割烹しげよしが共同開発しました。三重へのこだわりを表現するため、三段重、三十品書、数量限定330食、販売価格33,000円で提供します。内容は、もちろん、三重ブランドをはじめとする県内で育まれた贅沢な食材をふんだんに使用し、県内食品事業者が丹精込めて仕上げた厳選食材のみを詰め込んだ特製おせちです。おせちと一緒に味わう深蒸し伊勢茶や取り分け用の杉祝箸に至るまでも、県産品にこだわり、どこを取っても三重県の“おもてなし”を十分に感じていただける商品となっています。
※伊勢海老のヒゲはカットした状態でお届けします

330個限定

販売価格: 33,000円(税込)

購入する

三重県おせちの詳細を見る▼

三重県からのご挨拶

三重県知事 鈴木英敬

三重県

三重県知事 鈴木英敬

この度、楽天初の自治体コラボレーションおせちに、古くから「御食国(みけつくに)」として神宮や朝廷に豊かな自然の恵みを届けてきた食材の宝庫である三重県が選ばれたことは、大変嬉しい限りです。昨年5月に開催された伊勢志摩サミットでは、長年地域に根付いてきた魅力溢れる“三重の食”に対して大いに注目が集まりました。三重県産の素材にこだわった「三重県おせち」の完成には、こだわりや熱い想いを持った多くの県内農林漁業者や料理人の“心” がこもっています。一口食べれば間違いなく三重を感じていただける「三重県おせち」を、全国の多くの方々にご堪能いただき、是非、これをきっかけに、三重県にも足を運んでいただければ幸いです。

国観光大使  萩美香

みえの国観光大使 萩美香

三重県が放ち続ける「常(とこ)若(わか)」のパワーに、あやかってみませんか?平成30年…まもなく三重の年の始まりですね。来年は、すべて三重県食材でできた「三重県おせち」で縁起を担いでみませんか?三重県は古くから「美(うま)し国」と言われ、海の幸や山の幸が豊富な場所です。伊勢えびや松阪牛はもちろんのこと、伊勢真鯛や鮑、蛤やみえジビエなど、三重県が誇る食材がふんだんに使われ、また、普段三重県でしか食べることのできないものまでもがギュギュギュッと詰まった今回のおせち。どれも美味しすぎて、口へ運ぶ度に思わず笑顔がこぼれてしまいました。見て、食べて、感じて…と、幸せが三重にも訪れる「三重県おせち」。是非、来年平成30年は「三重県おせち」で迎えられ、三重県同様、皆様のもとにも常に新しく永遠に滅びないパワーが宿りますようお祈りしております。

平成28年5月に開催された伊勢志摩サミットでは、述べ269品目の県産食材が採用され、昨今、三重の食は国際的にも高い評価を受け、今もなお、全国的に注目が高まっています。実は古来より、豊富な幸をもたらす海と肥沃な大地を持つ三重県は、豊かな自然からの授かりものと、伝統ある文化・歴史に恵まれ、多くの人々を惹きつける魅力ある地として発展してきました。そうした自然の恵みと、連綿と続く人々の営みから生まれた三重の食材には、豊かな自然、そして自然との共存を図りながら、その力を引き出す人々真心が詰まっています。

伊勢えび
伊勢えび
古くから伊勢志摩の名産として知られ、海の幸の王様として君臨してきた伊勢えび。漁師は、漁の時期や漁具を制限し、とれたエビを優しくいたわっています。ぷりぷりと甘い伊勢えびの旨みに、自然を尊ぶ人々の想いが凝縮しています。
あわび
あわび
リアス式海岸が広がる志摩半島の岩礁は、あわびの絶好の生息地。2千年以上前から海女漁が行われ、伊勢神宮にも献納されてきました。漁の期間や時間を制限し、資源管理が行われています。海の恵みの大切さを知る人々の心が、三重のあわびを守り続けています。
松阪牛
松阪牛
全国の優れた資質をもつ黒毛和種の雌の仔牛を導入し、松阪市とその近郊で一頭一頭丹精こめて育てられる松阪牛。とろけるような柔らかさと濃厚な旨みは、肉の芸術品と讃えられます。伝統を守りつつ工夫を重ねる肥育農家の努力が、世界も称賛するブランドを築きあげています。
桑名のはまぐり
桑名のはまぐり
「その手は桑名の焼き蛤」。こんな洒落言葉が使われるほど、古くから名高い地域の名産品です。木曽三川と伊勢湾が育む豊かな恵みと、それらを受け継ぎ、守り、未来へとつないできた人々の思いを「桑名のはまぐり」は今も身の中にしっかりと閉じ込めています。

三重の魅力を真心と一緒に一箱へ込めて

しげよしは、明治45年創業の料亭「寿美家」の伝統とこだわりの逸品、おもてなしの心をもっと身近に感じてもらいたいという思いから生まれた、仕出し割烹料理屋です。老舗料亭の料理長が厳選した特産品や料亭こだわりの逸品をまごころを込めてお届け致します。

三重県津市八町 株式会社寿美家和久

来年平成三十年は、平成最後の年となります。三重は「さんじゅう」とも読めることから、平成最後の年を締めくくるに相応しいおせちを、三重の老舗料亭寿美家を系譜に持つ「仕出し割烹しげよし」と「三重県」が、美味し国三重を彷彿とさせる高級食材から郷土料理まで、威信を掛けて厳選し、技を奮い、県を代表するおせちに仕上げました。お重の中身は全て三重県産にこだわり、新たな門出を祝う、山海の幸を彩豊かに盛り込みました。平成最後の年を締めくくる記念の三重おせちを大切な方と、是非御賞味下さい。

一の重

【伝統おせちを三重の食材で】

古来より「美し国(うましくに)」と称された三重県は、美しい風景と美味なる食材の宝庫。一の重には、そんな三重県の食材の魅力を存分に味わっていただける、伝統的おせち料理です。五穀豊穣を願う「田作り」は、伊勢湾で獲れたカタクチイワシで。立身出世の意味が込められた「鰤照焼」には、黒潮の恵み豊かな熊野灘の天然鰤を使用しています。ほかにも「黒豆」には希少な三重県産黒豆、「紅白柿なます」には“みえの伝統果実”である蓮台寺柿を使用。鯛は特別な方法で育てた“伊勢真鯛”を塩麹漬で。そしてなんと言っても忘れてはならない、伊勢志摩産の伊勢エビで長寿を祈願。定番の料理だからこそわかる素材の違いを、どうぞお楽しみください。

紅白柿なます紅白柿なます

紅白柿なます

紅白柿なます

伊勢市で351年も前から栽培され、天然記念物にも指定されている「蓮台寺柿」をふんだんに使用し、御節に欠かすことができないなますに仕上げました。柔らかくて、まろやかで、素朴な甘さを持つ「ひなたやけ」となますの相性をお楽しみください。

伊勢農業協同組合
伊勢市

鯖寿〆鯖寿〆

鯖寿〆

鯖寿〆

伊勢志摩で水揚げされた真鯖を新鮮なうちに活け〆にし、たっぷりの塩で臭みと水分を抜き引き、締まった身に仕上げました。志摩の鯖の持つ脂を、オリジナルの酢で旨味を閉じ込めて、味を凝縮しました。

JF三重県漁業協同組合連合会
松阪市

伊勢真鯛塩麹漬伊勢真鯛
塩麹漬

伊勢真鯛塩麹漬

伊勢真鯛塩麹漬

熊野灘沖の黒潮から栄養塩豊かな海水が流れ込む、綺麗な海で育った「伊勢真鯛」を新鮮なうちに地元産の塩麹に漬け込み仕上げました。コンベクションオーブンで焼き上げたふっくらとした食感が特徴です。塩麹が引き出す魚の旨みをご堪能ください。

魚々錦会
大紀町

金柑蜜煮金柑蜜煮

金柑蜜煮

金柑蜜煮

海藻のみを肥料に使用し、ミネラル豊富な土壌で無農薬栽培した金柑を蜜煮にし、仕上げました。添加物や保存料は一切使用せず、皆様に安心してお召し上がり頂ける商品で、独自の加工方法で柔らかさは天下一です。

有限会社伊勢志摩司真珠
志摩市

黒豆黒豆

黒豆

黒豆

希少な三重県産の黒豆から粒の大きいものを厳選し、10時間手間暇をかけ艶やかに仕上げました。「まめ」に過ごす、「まめ」に働くなど、験担ぎとして昔から御節には欠かせない黒豆です。

南勢糧穀株式会社
伊勢市

伊勢海老海女焼風伊勢海老海女焼風

伊勢海老海女焼風

伊勢海老海女焼風

伊勢志摩の海で水揚げされた伊勢えびをそのまま贅沢に海女焼風に仕上げました。
伊勢えびは見た目が鮮やかで、その存在から縁起物とされており、また、腰が曲がるまで長生きするという事から長寿の意味があります。

有限会社伊勢志摩冷凍
志摩市

伊達巻伊達巻

伊達巻

伊達巻

明治三十八年創業の老舗蒲鉾屋の熟練職人が一つ一つ丁寧に手作りで、上品で優しい甘みのある伊達巻に仕上げました。

有限会社若松屋
伊勢市

鰤照焼鰤照焼

鰤照焼

鰤照焼

黒潮がぶつかる紀伊半島沖合、熊野灘で水揚げされた天然鰤を照焼きに仕上げました。脂のノリの良い時期の鰤を使用し、自社工場で丁寧に加工しました。

JF三重県漁業協同組合連合会
松阪市

田作り田作り

田作り

田作り

伊勢湾で水揚げされた上質なカタクチイワシを、甘く香ばしく仕上げました。伊勢湾のカタクチイワシは木曽三川からのミネラル豊富な水によって栄養価が高く、身質が良いと高い評価をいただいています。

JF三重県漁業協同組合連合会
松阪市

紅白蒲鉾紅白蒲鉾

紅白蒲鉾

紅白蒲鉾

明治三十八年創業の老舗蒲鉾屋の熟練職人が一つ一つ丁寧に手作りで、魚本来の旨味を最大限引き出した紅白蒲鉾に仕上げました。弾力のある歯ごたえと、目を引く真っ赤な色が特徴です。

有限会社若松屋
伊勢市

蛸柔らか煮蛸柔らか煮

蛸柔らか煮

蛸柔らか煮

浜島で水揚げされたタコを関西風にやわらか煮に仕上げました。タコは「多幸」という字を当てて幸せが多いという願いを込めています。また、蛸が八本足で捕まえた獲物を離さない様子から「良いものに吸い付く」という意味として、蛸が墨を吐いて敵から逃げる様子から「苦難をけむりに巻く」ということで縁起物とされてきました。

有限会社伊勢志摩冷凍
志摩市

二の重

【お重を彩る三重の技】

伊勢神宮や東海道五十三次の宿場町がある三重県では、神宮への奉納や旅人のもてなしなどのため、古くからさまざまな職人の技が磨かれてきました。二の重には、新旧の技の数々が光る品を集めました。桑名宿に宿泊した歌人のためにつくられたのが始まりという説もある、創業300年余年の店の「時雨蛤」や、関の宿場町を通った諸大臣の間で評判を呼んだという餅菓子「関の戸」、離島・神島の郷土料理である昆布巻き「神島さんまあらめ巻」。新しいところでは、三重県が推進する「みえジビエ」と本場ドイツの伝統技法のコラボレーションによる鹿肉入りウィンナーなども。技を育んだ歴史に思いを馳せながら味わっていただきたい品々です。

伊勢志摩ロイヤルポーク伊勢志摩
ロイヤルポーク

伊勢志摩ロイヤルポーク

伊勢志摩ロイヤルポーク

自然豊かな山間で育てられた「伊勢志摩ロイヤルポーク三元豚」を使用した、職人手作りの焼豚に仕上げました。秘伝のたれに漬け込み、手間ひまかけて焼き上げました。香ばしさと豚肉本来の旨みをご堪能ください。

豊栄食肉センター
志摩市

真珠貝柱粕漬真珠貝柱粕漬

真珠貝柱粕漬

真珠貝柱粕漬

風光明媚な伊勢志摩地方の英虞湾で養殖されたアコヤ貝の貝柱を使用し、代々伝わる「調味酒粕」に漬け込み、粕漬に仕上げました。伊賀半蔵の酒・酒粕を使用、塩は尾鷲産で、拘りのある無添加の醗酵食品です。志摩の豊かな味覚をご堪能ください。

有限会社井上真珠
志摩市

桑名産時雨蛤桑名産時雨蛤

桑名産時雨蛤

桑名産時雨蛤

揖斐川・長良川・木曽川の恵み豊かな河口域で獲れた蛤を使用し、代々引き継ぐ「元だまり」を大釜にたっぷり入れ、「浮かし炊き」という技法で時雨煮に仕上げました。

総本家貝新水谷新九郎商店
桑名市

関の戸関の戸

関の戸

関の戸

三重県亀山市「関宿」にて 江戸時代第三代将軍 徳川家光の頃より作り続けられているお餅菓子です。小豆のこし餡を求肥で包み和三盆をまぶした関の戸は、鈴鹿の峰に降り積もる白雪になぞらえたと伝えられています。

有限会社深川屋
亀山市

鳥羽国際ホテルチーズケーキ鳥羽国際ホテル
チーズケーキ

鳥羽国際ホテルチーズケーキ

鳥羽国際ホテルチーズケーキ

モンドセレクション2015、2016、2017と3年連続で金賞を受賞。当ホテルで不動の人気を誇るプレーンは46年以上変わらぬ製法を守り続ける伝統の味で、口の中で広がる芳醇な風味は格別です。

鳥羽国際ホテル
鳥羽市

みえジビエ(鹿肉入りウィンナー)みえジビエ
(鹿肉入り
ソーセージ)

みえジビエ(鹿肉入りウィンナー)

みえジビエ(鹿肉入りウィンナー)

みえジビエである鹿肉100%で、直径が太いタイプのボロニアウィンナーです。鹿肉そのものの旨みが感じられる贅沢な一品です。

松阪ハム株式会社
津市

伊勢赤どり燻製伊勢
赤どり燻製

伊勢赤どり燻製

伊勢赤どり燻製

三重県の限定された生産者が丹精込め育てた三重県産銘柄鶏「伊勢赤どり」を使用し、塩麹に3日間漬け込み味の深みのある燻製に仕上げました。鶏肉独特のクセの少なさが特徴です。歯ごたえ・肉質のやわらかさ・みずみずしさをご堪能ください。

三昌物産株式会社
四日市市

松阪牛しぐれ煮松阪
牛しぐれ煮

松阪牛しぐれ煮

松阪牛しぐれ煮

松阪牛を100%使用し、一切の添加物を使用せず、伝統製法でしぐれ煮に仕上げました。松阪牛の旨みがしっかりと感じられる逸品です。

株式会社まるよし
松阪市

答志島刻みめかぶ答志島
刻みめかぶ

答志島刻みめかぶ

答志島刻みめかぶ

伊勢志摩公園内に位置する鳥羽市答志島で育った若芽のめかぶを細切りし、素材の味を引立てる「うす塩味」で味付けした刻みめかぶに仕上げました。とろ〜りとした強い粘り、コリコリの食感をご堪能ください。

山忠食品工業株式会社
亀山市

神島さんまあらめ巻き神島さんま
あらめ巻き

神島さんまあらめ巻き

神島さんまあらめ巻き

伊勢志摩公園内に位置する鳥羽市神島で真夏のわずかな時期、海女が素潜り漁で採るアラメを使用し、旬のサンマを巻いてあらめ巻に仕上げました。仕上げに秘伝のタレで炊いた、潮騒の味をご堪能ください。

鳥羽マルシェ有限責任事業組合
鳥羽市

三の重

【三重県特選 海の幸・山の幸】

海と山の、変化に富んだ自然がぎゅっと詰まった三重県。木曽三川が流れ込む伊勢湾に、リアス式海岸の鳥羽・志摩・、黒潮が流れ込む熊野灘と、多様な漁場で獲れる魚介類は実に200種類以上にのぼります。また、里山や平地・盆地では多彩な山や畑の恵みが育ちます。三の重には、そんな海と山の幸の中から、とびきりの食材を取り揃えました。高級食材を代表する鮑に、味が自慢のアッパ貝(ヒオウギ貝)、穏やかな伊勢湾育ちのサザエ、稀少な天然車海老、自然豊かな津市美里特産の筍に、県内一の産地である鳥羽・志摩の「みえオクラ」。各地の新鮮な味を集めた「ご馳走」は、いずれもシンプルな味付けで、素材の味を存分にご堪能いただけます。

アッパ貝アッパ貝

アッパ貝

アッパ貝

伊勢志摩で水揚げされたアッパ貝を、醤油を基本に素材の味を活かして焚きあげました。アッパ貝の名前の由来は、貝殻を「パカパカ」と音を立てる様子からきており、地元でも味が良いと評判な貝です。

アッパッパ屋
南伊勢町

青柳姫貝干物青柳姫貝干物

青柳姫貝干物

青柳姫貝干物

伊勢湾大淀沖の砂地で育った青柳(バカ貝)を使用し、天日で干して貝の干物に仕上げました。天日で干すことで身が伸び、鮮やかなオレンジ色に変わります。とろ火で炙ってお酒のつまみとしてご堪能ください。

しもい水産有限会社
明和町

焼車海老焼車海老

焼車海老

焼車海老

答志島で水揚げされた天然車エビを贅沢に丸ごと使用し、風味を損なわないようさっと薄味で芝煮に仕上げました。本物の車エビのプリプリ感と海老の“甘み”をご堪能ください。

魚道場
津市

鰹生節鰹生節

鰹生節

鰹生節

尾鷲・紀伊長島で水揚げされたかつおを使用し、100年以上続く昔からの製法で、添加物は一切使わず、完全な手作りで生節に仕上げました。溢れ出す旨味と薫香をご堪能ください。

合資会社大瀬勇商店
尾鷲市

鮑福め煮鮑福め煮

鮑福め煮

鮑福め煮

熊野灘沿岸で水揚げされた鮑の素材を生かし醤油で柔らかく焚きあげて福め煮に仕上げました。鮑は高級食材の一つですが、身が長く伸びることから、「末永く幸せに」や「発展」の意味が込められています。

三重外湾漁業協同組合
南伊勢町

美里筍八方煮美里筍
八方煮

美里筍八方煮

美里筍八方煮

三重で取れた筍を風味を損なわないように上品な薄味で八方煮に仕上げました。筍は成長が著しく早いことから、その成長を繁栄として見立てています。新春の香りをご堪能ください。

津市美里農産物加工組合 
津市

みえオクラ旨煮みえオクラ
旨煮

みえオクラ旨煮

みえオクラ旨煮

オクラを色鮮やかに色出し、上品な八方出汁で旨煮に仕上げました御節の彩りをより一層引き立ててくれています。歯切れの良い触感と風味をご堪能ください。

鳥羽志摩農業協同組合
志摩市

さざえ壺焼風さざえ
壺焼風

さざえ壺焼風

さざえ壺焼風

波穏やかな伊勢湾で育まれた、とげが少なく、ツルッとした殻が特徴の三重のサザエを、地元の漁師さんのように豪快に壺焼風に仕上げました、海から閉じ込められた風味豊かな磯の香りをご堪能ください。

有限会社山藤
南伊勢町

椎茸甘露煮椎茸甘露煮

椎茸甘露煮

椎茸甘露煮

多気町産の原木栽培した椎茸を使用し、鮎の旨みを活かした甘露煮のタレで、佃煮風に仕上げました。多気町が誇る“椎茸”と“鮎の甘露煮のたれ”で炊き合わせた、「椎茸甘露煮」をご堪能ください。椎茸の歯ごたえとたれの旨味は絶品です。

有限会社みなとや
多気町

深蒸し茶お正月ブレンド

深蒸し茶お正月ブレンド

『伊勢茶』は、南は熊野、西は吉野の山々に囲まれ清流・櫛田川から立ちこめる朝霧にふんわりとつつまれ育ったお茶で、『なんべん飲んでもやっぱううまい』といわれる深蒸し煎茶です。伊勢乃國(三重県)で作られるお茶は伊勢茶と呼ばれ全国3位の生産量を誇ります。南北に長い三重県の地形を生かし、北勢はかぶせ茶、中勢は煎茶、南勢は深蒸し煎茶と地域によって違う味が楽しめます。当社は、キラリと光る、また飲みたいを、感じていただけるお茶つくりをしており、自慢の一品である深蒸し煎茶は、伊勢茶の中でも、濃厚でコクがあり渋みが少ないのが特徴です。

有限会社深緑茶房
松阪市

祝箸

祝箸

『杉祝箸』は、元気な森林を育てるために欠かせない間伐(間引き)により得られた三重県産の杉を活用し、香りが心地よく、軽くて使いやすい、利休箸です。木目、色などの個性により、すべて表情が異なる、唯一無二の特別な祝箸で、無塗装のため、安心してご使用いただけます。中勢森林組合は、地域の森林が将来にわたり緑豊かであり続けるために、森林づくりおよび木材の利用拡大に取り組んでいます。三重県産の選りすぐり食材を一つ一つ取り分けてお楽しみください。

中勢森林組合
津市

生産者のこだわりをご紹介

紅白柿なます紅白柿なます
紅白柿なます
JA伊勢蓮台寺柿部会
『蓮台寺柿』は、伊勢神宮の外宮と内宮の間の「鼓嶽山蓮台寺」というお寺のあった地域一帯で350年以上栽培され、その名称とともに愛され、守られてきた渋柿です。渋抜きをして出荷するため、軟化が早く、生産量も少ないため、地域内で消費されることから、地域外にほとんど出回ることがない、希少な柿です。肉質のきめ細やかさや口中にとろけるまろやかな味は、地元伊勢の人々から根強い人気を誇り、その品質の高さから贈答品としても支持されています。干し柿は「ひなたやけ」の愛称で知られ、柔らかく、凝縮された旨みと上品な甘さは、伊勢の風土が織りなす贅沢な逸品です。
美里筍八方煮美里筍八方煮
美里筍八方煮
津市美里農産物加工組合
『美里のタケノコ』は、県内産の朝掘りたての新鮮な筍を、その日の内に皮付きのまま高温(100℃)で蒸し煮にしています。そのため、見た目もきれいで、柔らかく仕上がっています。添加物はできる限り使用せず、安心・安全にこだわった商品化に努めています。また、筍の生産性を向上させるため、手間ひまをかけて継続的に行っている伐採による竹林管理は、地域の環境保全にも大切な役目を果たしており、自然との共生を図りながら持続可能な生産振興を図っています。
伊勢真鯛麹漬伊勢真鯛麹漬
伊勢真鯛麹漬
魚々錦会
『伊勢まだい』は、三重県産の海藻、カンキツ類、茶葉をブレンドしたこだわりの餌を与え、雄大な熊野灘の海で育てられた、高品質な三重オリジナルのブランド鯛です。三重県は、全国でも有数の養殖マダイ生産地の一つであり、リアス式海岸の入り組んだ内湾で生産される養殖マダイは、三重県を代表する特産品です。臭みがなく、脂肪分が少ないため、身が程よく締まり、さっぱりとした食味が特徴です。
真珠貝柱粕漬真珠貝柱粕漬
真珠貝柱粕漬
井上真珠
『兵九郎粕漬け』は、三重の食材に拘り伊勢志摩サミットで乾杯酒に選ばれた太田酒蔵の酒粕、純米大吟醸半蔵(神の穂)、尾鷲の天然塩を使用し、勾玉の形をしたあこや貝(真珠貝)の貝柱を熟成させた無添加の発酵食品です。当社は、風光明媚な伊勢志摩で昭和10年から真珠養を営んできた兵九郎家。代々伝わる粕漬けは、真珠養殖屋の間でも評判の美味しさです。真珠養殖屋の減少と共にあこや貝柱は希少で高価なものですが、真珠養殖屋の秘伝の味をご賞味ください。
伊勢志摩ロイヤルポーク伊勢志摩ロイヤルポーク
伊勢志摩ロイヤルポーク
豊栄食肉センター
『伊勢志摩ロイヤルポーク三元豚』は、自然豊かな山間育ち。日当たりと風通しの良い豚舎で新鮮な水と飼料を与えられ、肉の熟度を上げキメと締まりを良くし、さらにコクと旨みを出し、従来の豚肉に比べ赤身が多く脂肪も柔らかく、保水率が高い三元豚です。社長自ら枝肉から品質を見極めながら、キズをつけず、丁寧に捌いています。加工品のひとつである焼豚は、自家製秘伝の醤油に漬け込み、手間ひまかけて焼き上げます。香ばしさと豚肉本来の旨みがお楽しみいただけます。当社は、日本の食文化の伝統を踏まえて「食」にこだわり、食材本来の自然なあじわいを味わっていただくだけでなく、食材本来の旨みを引き出した加工品などを提供し、世代を超えて食文化を伝えていく姿勢で経営に臨んでいます。
関の戸関の戸
関の戸
深川屋
『関の戸』は、江戸時代第三代将軍家光の頃より作り続けられてきているお菓子です。鈴鹿の峰に降り積もる白雪になぞらえ、漉し餡を求肥餅で包み和三盆糖をまぶしたお餅菓子で、また、『お茶の香関の戸』は、深川屋から372年ぶりに発売された新商品がです。当社は、東海道53次の47番目の宿場とした栄え、三重県で唯一の国の伝統的建造物群保存地区にある老舗和菓子屋です。地元亀山市に広がる茶畑で摘まれた伊勢茶を石臼で丁寧に挽き和三盆と合わせてまぶしたお茶の香関の戸は伊勢茶本来の渋味と香りの効いたお餅菓子です。老舗の歴史に新たに加わった三重の味は、今年、お伊勢さん菓子博にて厚生労働大臣賞を賜り、三重と深川屋を深く結んだお菓子です。

お問い合わせはこちら

【フードイノベーション課とは】
県産農林水産品が広く認知され、競争力を強化できるよう、「みえフードイノベーション」を創出する中で、(機紡人佑淵法璽困紡弍する商品の開発、(供忙綾泥屮薀鵐匹稜知度向上、(掘紡臂暖饕呂妨けた県産食材のプロモーション、に取り組むなど、「もうかる農林水産業」に向けた展開の加速を図っています。
効果的な情報発信のため、県では、今年度から県産農林水産物のプロモーションを専門的に行う担当部所を設置し、首都圏や大都市圏において、ホテル等を対象とした三重県フェアの開催や、東京オリ・パラを契機とする県産食材の消費拡大に向け、「三重の食」の情報発信や商品のPRなど戦略的なプロモーション活動を展開しています。

【担当者コメント】

担当者

取組開始時には、“何とかこの夢のようなおせちを完成させたい!”という強い気持ちを抱く反面、三重県では未だ実現されていない取組に挑戦する不安もありましたが、何度も何度も調整を重ね、初めて30品揃ったお重を見たときはとても感動しました。それもひとえに、快く協力し、共に取り組んでくださった県内事業者様のおかげであり、感謝の気持ちでいっぱいです。県外では普段お目に係れない知る人ぞ知る逸品をより多くの人々にお披露目し、厳選された県産品を一度に堪能できる商品を目指して開発された当県のおせちは、自信を持ってご紹介できる内容に仕上がっています。地元三重を愛する人々の想いがひとつの形となった『三重県おせち』を、是非ご賞味ください。

三重県 農林水産部 フードイノベーション課

〒514-8570 津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2391 ファックス番号:059-224-2521
メールアドレス:f-innov@pref.mie.jp

リアルタイムで売れ筋をチェック

※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。
※掲載されている商品内容および商品説明は、各出店店舗の責任によるものであり、楽天市場はその内容について何ら保証、推奨するものではありません。

【楽天市場】おせち年越し特集2018|新年のおせちは三重で決まり!三重県おせち
社会的責任[CSR]