全てのジャンル
いいモノ通信 Vol.28 親子の愛着を育む 抱っこひも

楽天いいモノ通信
親子の愛着を育む抱っこひも

ポーチを腰に巻きつけて、
そこに子どもを座らせるだけの、
従来のイメージを覆す抱っこひも。
子育てで大変な親御さんの新定番として
高い評価を得ています。
もくじ
  • 抱っこひものイメージを覆す
  • 親子の愛着を育むものとして
  • 抱っこひもの未来を描く
  • 生活を豊かにするこだわりの逸品
chapter1

抱っこひものイメージを覆す

  • 小さな子どもと一緒に出かける機会が多いお母さん・お父さんの強い味方が「抱っこひも」。両手が空き、体の負担を軽減してくれるので、非常に重宝される存在です。一方で、着脱の手間が多く、子どもが降りたい時に降ろしてあげられなかったり、抱っこひもの中で熱がこもってしまい、抱っこされている子どもがグッタリしてしまうというケースも少なくありません。そこで、「子どもの視点でより良いものを選びたい」という親御さんから注目されているのが、従来の抱っこひものイメージを覆すウエストポーチタイプの抱っこひも「POLBAN(ポルバン)」。
  • 抱っこひものイメージを覆す
  • 抱っこひものイメージを覆す
  • ポーチを腰に巻きつけて、そこに子どもを座らせるだけ、というシンプルな構造で、これまでの一般的な抱っこひもが抱えていた課題を鮮やかに解決。子どもが降りたがる時に、すぐに対応してあげられるため、自分で歩きたがる1歳頃から3歳頃まで、特に大活躍してくれます。台座となる本体には、長時間使用する際に負担を軽減してくれるショルダーパーツ(シングル / ダブル)を組み合わせることもでき、子どもの成長に合わせて最適なカスタマイズも可能。子育てで大変なお母さんの新定番として、高い評価を得ています。
chapter2

親子の愛着を育むものとして

  • 親子の愛着を育むものとして
  • 「POLBAN(ポルバン)」を作るラッキー工業の創設は1934年(昭和9年)。抱っこひもメーカーとして日本で一番の歴史を持ちます。「いまの社名は1964年に付けられました。ラッキーという言葉を社名に採用するあたり、創業者はかなり先進的な考えの持ち主だったようですね」と話してくれたのは、創業者・樋口竹夫氏の孫にあたる三代目社長・樋口博之さん。創業当時、どこの家庭でも4・5人の子どもがいることは珍しくなく、「幼な子をあやしながら家事をするお母さんを助けたい」という想いから、竹夫氏は事業の中心に抱っこひもを据えました。
  • その抱っこひもも、時代と共に役割が変化してきていると言います。家庭に子どもが多かった時代、抱っこひもに求められたのは「子どもを運ぶ機能」でした。つまり、”家事のための時間を作るためのおんぶ”だったのです。ところが、現代は子どもの数も少なくなり、クルマやベビーカーなど、子どもを運ぶ機能を担う道具も格段に充実するようになりました。こうした変化を受け、ラッキー工業では、抱っこひもを「親子の愛着を育む道具」と捉え、知育・歩育・幸せホルモンなどの体の変化など、より良い育児につながる子育てを世のお母さん・お父さんに提案しているのです。
  • 親子の愛着を育むものとして
  • 親子の愛着を育むものとして
  • 親子の愛着を育むものとして
  • 親子の愛着を育むものとして
  • 親子の愛着を育むものとして
chapter3

抱っこひもの未来を描く

  • 樋口社長によると「今、抱っこひも選びで後悔しているパパ・ママがとても多いです。弊社自由が丘店舗には毎日今の抱っこひもが体に合わなくて・・・と相談にくるパパ・ママがいらっしゃいます。この現状を改善するために、EC展開は重要だ」と言います。 ラッキー工業にとってのEC展開は、「お買い上げ頂くためというより、商品をよくわかっていただく場だと考えている」と言います。「店頭販売では、店員さんの商品説明力がないと、しっかりと理解してお求め頂けません。その点、ECであれば、商品の特性を整理して伝えることができるので、育児に高い関心を持って商品を調べて頂いたお客様にも、十分な情報をお伝えできます」。また、ECでの評判が高まることで、百貨店などでも「お客様が指名買いしてくれる」のだそう。まさにECがブランディング機能も担っているということでしょう。
  • 抱っこひもの未来を描く
  • 抱っこひもの未来を描く
  • そして、EC展開の何よりの利点は、お客様の声を直接お聞きできることに他なりません。ウェブ担当の窪田侑璃香さんによると「ECのレビューから、新生児の寝かしつけにPOLBAN(ポルバン)を使って頂いているお客様が多いことを知りました。そのレビューを見て、滋賀から岐阜までわざわざ試着にお越し頂いたお客様もいらっしゃいました」とのこと。「抱っこひもは、単に子どもを運ぶ道具ではなく、もっと子どもの成長に寄り添って、親も子どもも助けられる存在であるべき」という樋口さんの言葉には、84年の歴史の重みが宿っています。
  • 生活を豊かにする
    こだわりの逸品

    従来の抱っこひものイメージを覆すウエストポーチタイプの抱っこひも

    POLBAN(ポルバン)

    7,020円(税込)から

  • POLBAN(ポルバン)

バックナンバー

社会的責任[CSR]