シンガーソングライターの大塚 愛さんがデビュー15周年を記念したALL TIME BEST ALBUM「愛 am BEST, too」をリリース。「さくらんぼ」「プラネタリウム」などのヒット曲が収められた本作には、彼女の15年の軌跡が刻まれています。

デビュー15周年を記念したALL TIME BEST ALBUM「愛 am BEST, too」がリリースされます。15年のキャリアが詰まったアルバムですが、“いい曲を作ってきたな”という手応えもあるのでは?

「恋愛写真」はいい曲だなって思いましたね。作ってるときは何も考えていないというか、頭のなかに浮かんできたことをそのまま曲にすることが多いので、(その時点では)深い意味はないんですよ(笑)。だけど「恋愛写真」は、いま聴いても「本当にそうなんだよね。いいこと歌ってるな」って。あの曲を聴いているときは「恋っていいな」と素直に思えるし、音楽の魔法をすごく感じますね。

大塚さんの代表曲として広く親しまれている「さくらんぼ」はどうですか?

「さくらんぼ」は遠い存在なんですよね。リリースした曲は私の手元から離れていくわけですけど、特に「さくらんぼ」はその感覚が強いし、みなさんの歌になってるので。ライブで歌っていると、他の人の曲をカバーしているような感じなんですよ(笑)。

いま聴いても、すごくパワーがありますよね。

濃いですよね(笑)。アッパーな曲をマスタリングするときに「さくらんぼ」と聴き比べることがあるんですけど、あの曲はちょっと神がかってるというか、音がどんどん前に出て来て、3D感がすごくあるんです。いい音をきれいに配置するだけでは「さくらんぼ」みたいなサウンドにはならないし、あの曲を超えるのは大変だと思います。ライブでも必ず歌ってますね。私のことを知らない人でも「聴いたことある」と思ってもらえるだろうし、ウェルカムドリンクみたいなものかなって(笑)。

「さくらんぼ」のヒットは、大塚さんのキャリアにとっても大きな出来事だったと思います。デビューした当初は、「とにかく売れなくちゃいけない」という気持ちが強かったとか。

そうじゃないと音楽をやる意味がないと思っていたんです。地元の大阪から出て来るときも、「大丈夫だよ」とか「イケるよ」って言ってくれる人はほとんどいなくて(笑)、「ムリでしょ」って人のほうが多かったんです。それなのに、泣かず飛ばすでは帰れないじゃないですか。「売れるしかない。私には“売れない”という選択肢はない」と思い詰めていたし、かなり焦ってましたね。

大塚 愛さん

絶対ヒットするはずだという自信もあった?

うーん…。その当時の私の曲って、ちょっと暗かったんですよ。その頃に売れていたアーティストはアッパーな曲の印象が強かったし、「私もそういう曲を作らなくちゃ」と思ってましたね。自分の声のなかで、勢いのある曲に似合う部分を探して、アップテンポの曲を作って。ただ「さくらんぼ」は最初から売れていたわけではないんです。2003年の12月にリリースして、ヒットしないままお正月を迎えて。だいぶ落ち込んでたんですけど……奇跡が起きました(笑)。私、デビュー曲(「桃ノ花ビラ」)から10枚目のシングル(「プラネタリウム」)までリリースの順番を決めてたんです。そこまでで安定軌道に乗りたいなと思って。

実際、その通りになりましたね。5thアルバム「LOVE LETTER」(2008年)までは1年に1枚のペースでリリースを続けていましたが、その後、数年間のブランクがありました。

「LOVE LETTER」を出したときに、世間のイメージと自分が思い描いていたことのギャップを感じて、落ち込んでしまったんです。「大塚 愛って、こういう感じだよね」って言われるのも怖くなって、「このままのイメージでみんなの記憶に残るのはイヤ」と思って、活動の流れを止めたんですよね。2014年のアルバム「LOVE FANTASTIC」からは考え方を変えて、「自分で自分のことを好きだと思える音楽を作ろう」という意識で制作するようになって。そのスタンスは「LOVE HONEY」(2017年)でひと段落したので、いまは“売れる”と“好きなことをやる”を混ぜてみたいなと思ってます。

いまは楽しく音楽に向き合えている?

いまも葛藤はありますけどね。音楽を作り続けるために何が必要だろう?と考えてみると、私の場合は、何を感じるか?が大事なんですよ。計算や技術ではなくて、そのときにパッと思い浮かんだことをもとにしてエモーショナルに作るタイプなんです、私。だから大人の女性として、母親として安定した暮らしを送っていると、感情が揺さぶられることが少なくなって、なかなか曲が出来なくなるんです。若いときは自分をコントロールできなかったし、感情をオブラートに包むこともできなかったから、気分に波があって、それが曲につながっていたんですけどね。

この先は新しい曲の作り方を見つける必要がある?

はい。いまは子供の目線を参考にしようかなと思ってます。彼女がフレッシュな感覚でいろんなことを体験しているのを真横で見ていると、「ああ、この感情か」と感じることがあって。娘が好きな男の子の話をしてるときに、「それってこういうことじゃない?」と言うと、「そうかも。その言葉を使って曲を作って」ってオーダーされることもあるんですよ(笑)。

大塚 愛さん

大塚さんはネットショッピングを利用することはありますか?

しょっちゅう利用してますよ。まず、はほぼネットで買ってます。洋服屋さんに行ったときに、店員の方に話し掛けられるのが好きじゃないんですよ(笑)。だけど向こうもお仕事だし、しょうがないよね……と思っていたんですけど、あるとき「そうだ、ネットで買えばいい!」と思って。今日の撮影で着た服もネットで選びました。あとはお米とかお水とか、重いものですね。

最近買って「これは良かった」というアイテムは?

カーペットかな。犬を飼ってるんですけど、フローリングだと滑っちゃうから、カーペットを敷きたくて。現物の色とか手触りがわからないのは不安だったけど、繊維の情報とかを細かくチェックしてから購入したら、上手くいきました。でも、犬の毛がどんどん抜けちゃって、今度は掃除が大変になって。ずっとカーペットをコロコロするのが煩わしいので、思い切って“ルンバ”を買ったんです。フローリングとカーペットを認識して、自動で吸引力を替えるんですよ。おかげでお部屋はだいぶキレイになりましたけど、在宅中もずっとルンバが動いているから、ちょっとうるさいです(笑)。

体調管理のためのグッズはどうですか?

この季節は加湿器が欠かせないですね。背が低い加湿器は上のほうまで蒸気が届かないので、背の高いタイプを探していて。いちばん良かったのが“カドー”の加湿器だったんです。去年の誕生日に親にもう1台買ってもらったんですけど、今年、前のマネージャーからもプレゼントしてもらって。加湿器が待機してる状態です(笑)。

いま欲しいグッズは?

ラクに足のマッサージができる器具が欲しいですね。足がむくみがちで、毎日ふくらはぎを揉んでるんですけど、自分でやると疲れちゃうので(笑)。あと、お尻のコリをほぐしてくれるマッサージ器があったらぜひ欲しいです!

大塚 愛さん

大塚さんの愛用品や、オススメのアイテムはありますか?

cado 加湿器

cado 加湿器
背が低い加湿器は上のほうまで蒸気が届かないので、背の高いタイプを探していて。いちばん良かったのが“カドー”の加湿器だったんです。去年の誕生日に親にもう1台買ってもらったんですけど、今年、前のマネージャーからもプレゼントしてもらって。加湿器が待機してる状態です(笑)。

  • #ITEMRNK#位#RANKCHANGEIMG#
  • #ITEMIMGURL#
  • #ITEMNAMEURL#
  • #KAKAKU#
  • #ITEMREVIEW##REVIEWNUM#

ルンバ

ルンバ
ずっとカーペットをコロコロするのが煩わしいので、思い切って“ルンバ”を買ったんです。フローリングとカーペットを認識して、自動で吸引力を替えるんですよ。おかげでお部屋はだいぶキレイになりましたけど、在宅中もずっとルンバが動いているから、ちょっとうるさいです(笑)。

足のマッサージ器

足のマッサージ器
ラクに足のマッサージができる器具が欲しいですね。足がむくみがちで、毎日ふくらはぎを揉んでるんですけど、自分でやると疲れちゃうので(笑)。あと、お尻のコリをほぐしてくれるマッサージ器があったらぜひ欲しいです!

洋服

洋服
服はほぼネットで買ってます。洋服屋さんに行ったときに、店員の方に話し掛けられるのが好きじゃないんですよ(笑)。だけど向こうもお仕事だし、しょうがないよね……と思っていたんですけど、あるとき「そうだ、ネットで買えばいい!」と思って。今日の撮影で着た服もネットで選びました。

大塚 愛(おおつか あい)さん

大塚 愛(おおつか あい)さん

1982年生まれ。大阪出身・シンガーソングライター。
15歳から作詞・作曲を始め、2003年にシングル「桃ノ花ビラ」でメジャーデビュー。「さくらんぼ」「プラネタリウム」などのヒット曲を生み出す。イラストレーター、絵本作家、楽曲提供などクリエイターとしても活躍。

商品名やキーワードで探す
大塚 愛さんとのインタビューで気になったワードは・・・

私のオススメ

cado 加湿器

cado 加湿器
背が低い加湿器は上のほうまで蒸気が届かないので、背の高いタイプを探していて。
いちばん良かったのが“カドー”の加湿器だったんです。去年の誕生日に親にもう1台買ってもらったんですけど、今年、前のマネージャーからもプレゼントしてもらって。加湿器が待機してる状態です(笑)。

▼詳しく読む

アイテムをCHECK

ルンバ

ルンバ
ずっとカーペットをコロコロするのが煩わしいので、思い切って“ルンバ”を買ったんです。
フローリングとカーペットを認識して、自動で吸引力を替えるんですよ。おかげでお部屋はだいぶキレイになりましたけど、在宅中もずっとルンバが動いているから、ちょっとうるさいです(笑)。

▼詳しく読む

アイテムをCHECK

足のマッサージ器

足のマッサージ器
ラクに足のマッサージができる器具が欲しいですね。
足がむくみがちで、毎日ふくらはぎを揉んでるんですけど、自分でやると疲れちゃうので(笑)。あと、お尻のコリをほぐしてくれるマッサージ器があったらぜひ欲しいです!

▼詳しく読む

アイテムをCHECK

洋服

洋服
服はほぼネットで買ってます。
洋服屋さんに行ったときに、店員の方に話し掛けられるのが好きじゃないんですよ(笑)。だけど向こうもお仕事だし、しょうがないよね……と思っていたんですけど、あるとき「そうだ、ネットで買えばいい!」と思って。今日の撮影で着た服もネットで選びました。

▼詳しく読む

アイテムをCHECK

もっと見る