• Share

女流麻雀プロの二階堂亜樹さんをモデルにした映画『女流闘牌伝aki−アキ−』で、主人公の亜樹を演じた岡本夏美さん。麻雀に人生を賭ける実在の少女の凄みを描いたこの物語は、見る者の心に響きます。女優として、またモデルとして飛躍を続ける岡本さんのお仕事とプライベートについてインタビューしました。

最初に『女流闘牌伝aki−アキ−』主演の話が来た時は、どう思いましたか?

率直に「麻雀!?」って思いました(笑)。麻雀の映画自体が珍しいのに、私としては『咲−Saki−』に続いてだったので、「もう2作目!?」って……(笑)。麻雀ファンの方に名前を覚えていただける機会が増えることは嬉しかったですし、亜樹ちゃんは15歳ながら大人に負けない芯の強さや覚悟があって、演じたら楽しそうだなと思いました。

原作のマンガは読みましたか?

はい。「こんなに壮絶なことって、ある!?」とびっくりしました(笑)。マンガの中でも亜樹ちゃんは可愛らしい一面もあれば大人びた瞬間もあって、映画に反映させたいなと思いましたね。いろんな人との出会いで表情が変わっていくところは、マンガから勉強させてもらいました。

撮影で大変だったことは?

他の撮影現場と違うのは、麻雀の手を進めながらセリフを言うので、どのを切るかを覚えておいて、さらにセリフも感情に乗せて言わなきゃいけないんです。左脳と右脳を同時に使う、脳みそ全部を使ってお芝居する感じで、今までにない経験でしたね。麻雀を打つ撮影ではNGを何度か出してしまいましたし、共演者さんもみんな苦労したシーンでした。

お気に入りのシーンはどこですか?

お姉ちゃんと久しぶりに会って「麻雀で生活している」と告白するシーンは、亜樹ちゃんが一番“素”でいられて好きですね。リラックスした亜樹ちゃんの雰囲気を出せたらいいな、と演技しました。完成した作品を見て、姉妹ならではの暖かみが出ていると思いますし、そこはお姉ちゃん役の(中山)絵梨奈ちゃんに感謝しています。

本作がDVDとして発売されますが、アピールポイントを教えてください!

本当の麻雀のプロの方がたくさん出演しているので、麻雀好きな方にしてみたらそこも見どころです。一方で、麻雀をまったくやったことのない人でも楽しめる作品です。それは亜樹ちゃんがとても人間っぽい少女なので、作品を通して感じてもらえることがきっとあるはずで、私は失敗を怖がるタイプでしたが、亜樹ちゃんを演じて失敗を恐れず挑戦することの大切さがわかりました。夢や目標を持っている人にとっては、そのことを考えるきっかけになる作品だと思いますし、大人の方には「こういうパワーが若い頃にはあったな〜」と思い出していただけると、楽しく見てもらえるんじゃないかな、と思います。

オフの日はどんな過ごし方をしていますか?

家族と一緒に過ごすことが多いです! 中でもおばあちゃんととても仲良しなので、一緒に銭湯や買い物に行ったりしますね。友だちといる時は、カメラでお互いに撮り合うことが多いかな。

最近ハマっていることは?

美術館巡りです。芸術に触れることが好きで、他にも本を読んだり映画を観たり、博物館に行ったりもします。最近は草間彌生さんの美術展に行きましたが、自分の考えでは想像もつかないものが見られて面白かったです。美術館に行って作品を見たときに、そこから何も受け取れない自分がいると悔しくて、何かを感じようと頑張っています(笑)。

美容や健康に関して、気をつけていることはありますか?

おばあちゃんがとても美容に厳しくて、「とにかく保湿をしなさい!」と毎日のように言われるので守っています(笑)。なので、化粧水を顔だけじゃなく、全身に塗りますね。あとは日焼け止めを欠かさず塗るようにしています。

ネットショッピングの経験は?

めちゃくちゃ活用しています! 母は楽天が大好きなんですよ(笑)。私はネットだと洋服を買うことが多いかな。例えばワンピースを買うとしたら、ほしいデザインの条件を細かく決めて、いろいろ見てお気に入りがあったら買っちゃいます。

それでは最後に、今後の夢を教えてください。

今はいろんなお仕事をさせてもらっているので、ひとつずつ丁寧に、大切にしていきたいと考えています。女優としての夢は、命をテーマにした作品に出ることです。それと高校を卒業したので、大人の女性をきっちり演じられるようになりたいですね。

岡本夏美さんの愛用品や、オススメのアイテムはありますか?

『小さな恋が、終わった』(Little Glee Monster)

『小さな恋が、終わった』(Little Glee Monster)
同世代のリトグリとは実際に友だちだったりもして、彼女たちがテレビで歌っているのを見ると手拍子をして応援しちゃいます(笑)。とくに好きなのがこの曲で、絶対に誰しもが経験のある失恋ソングで、しかも聴くとすごく勇気が湧くんです。

  • #ITEMRNK#位#RANKCHANGEIMG#
  • #ITEMIMGURL#
  • #ITEMNAMEURL#
  • #KAKAKU#
  • #ITEMREVIEW##REVIEWNUM#

『コンビニ人間』(村田沙耶香著/文藝春秋刊)

『コンビニ人間』(村田沙耶香著/文藝春秋刊)
人間を皮肉った感じが面白くて、ツボに入りました。「眠くなりたくて本を読む」という人が多いと思うんですけど、もう真逆! 面白すぎて、この世界に浸りすぎて眠れないんです。コンビニで働いている気分になりました(笑)。

her/世界でひとつの彼女

『her/世界でひとつの彼女』(監督:スパイク・ジョーンズ)
人工知能が発達して、会話できるコンピューターと恋に落ちる男性の物語です。コンピューターがすごく生々しくて、泣いたり怒ったりと人間味があるんです。遠そうだけど近い未来の話のような気がするし、その生々しさが好きでした。

PENTAX K-S1

PENTAX K-S1
フィルムカメラにハマっています。K-S1は白いボディが可愛くて買いました。白いカメラだと見た目に軽さがあって、洋服とのコーディネイトもしやすいんです。画質もいいので、いい感じにレトロでステキな写真が撮れます。

写ルンです

写ルンです
手軽にフィルム写真が楽しめるので、使っていたことのある人はもちろんですが、まだ『写ルンです』デビューをしていない人はぜひチャレンジしてみてください! 私の周りでは、遊びに行く時はみんな持っていて、お互いを撮り合っています。

豆乳

豆乳
イソフラボンが肌にもいいらしくて、毎朝飲むようにしています。実際に豆乳を飲むようになってから、肌のトラブルが少なくなった気がします。

ヴィヴィアン・ウエストウッドの財布

ヴィヴィアン・ウエストウッドの財布
ずっと長財布を使っていたんですけど、小さなバッグが流行っているので、それに入る小さなお財布がほしくて、この間、グアムにお仕事で行かせてもらった時に、小さなピンクのお財布を購入しました。可愛くてお気に入りです!

ビルケンシュトックのサンダル

ビルケンシュトックのサンダル
ちょっと変わった素材のサンダルがほしくて、今、ビルケンで好みのものを探しています。

岡本夏美

岡本夏美(おかもと・なつみ)さん

1998年生まれ。2011年、『ラブベリー』モデルオーディションでグランプリ受賞、モデルデビュー。
2012年、『おはスタ』(テレビ東京)の“おはガール”として出演。
2015年、『Seventeen』専属モデルとなる。現在、『新しい波24』(フジテレビ)週替わりMCを担当。公開待機作に『セントウ・レコード SideA』。

私のオススメ

『小さな恋が、終わった』(Little Glee Monster)

『小さな恋が、終わった』(Little Glee Monster)
同世代のリトグリとは実際に友だちだったりもして、彼女たちがテレビで歌っているのを見ると手拍子をして応援しちゃいます(笑)。とくに好きなのがこの曲で、絶対に誰しもが経験のある失恋ソングで、しかも聴くとすごく勇気が湧くんです。▼詳しく読む

アイテムをCHECK

『her/世界でひとつの彼女』(監督:スパイク・ジョーンズ)

『her/世界でひとつの彼女』(監督:スパイク・ジョーンズ)
人工知能が発達して、会話できるコンピューターと恋に落ちる男性の物語です。コンピューターがすごく生々しくて、泣いたり怒ったりと人間味があるんです。遠そうだけど近い未来の話のような気がするし、その生々しさが好きでした。▼詳しく読む

アイテムをCHECK

豆乳

豆乳
イソフラボンが肌にもいいらしくて、毎朝飲むようにしています。実際に豆乳を飲むようになってから、肌のトラブルが少なくなった気がします。▼詳しく読む

アイテムをCHECK

もっと見る