AKB48選抜総選挙で3連覇を含む4度の1位達成という偉業を成し遂げた指原莉乃さん(HKT48)が、AKB48グループを卒業します。彼女がセンターを務めるラストシングルのタイトルは『ジワるDAYS』。指原さんと、門出を見送る柏木由紀さん、岡田奈々さん、坂口渚沙さん、矢作萌夏さんの5人のインタビューをお届けします。

指原さんの卒業シングル『ジワるDAYS』、最初に聴いた時の感想は?

指原:タイトルを見た時に「どんな曲なんだろう」と思ったんですが、秋元(康)さんの詞にしては珍しく、タイトルが歌詞の冒頭しか出てこないんです。それもあって、あまり“タイトル感”がないと思いました。
柏木:さっしー(指原)には明るくてアイドルっぽい曲調が似合うと感じていたし、卒業ソングは「明るい曲に切ない歌詞」が一番いいと思っていました。まさにそういう曲で、MV撮影の時はちょっとジワッと来て。
指原:ウソつけ?!(笑)
柏木:ホント、ホント(笑)。特に私は、一応さっしーより年上だし先輩なので(笑)、前へ一歩踏み出す「君」に向けた歌詞がすごく胸に響きましたね。
岡田:歌詞を見た時に、「指原さんを思って書いたのかな」と感じました。卒業シングルはたくさんありますが、ここまでご本人に当てた歌詞ってあまりなかった気がして。振付も、指原さんがセンターをやった曲の振りがたくさん入っているので、本当に指原さんのための曲だなと思います。

MV撮影はいかがでしたか?

指原:今までの衣装が“さしこ”にちなんで3450着も飾ってあって、スタジオに入った瞬間、びっくりしちゃいました。先輩の衣装もあり、特にびっくりしたのがたかみな(高橋みなみ)の水着でした(笑)。
柏木:思い出話も盛り上がったよね。MVを通して見ても、AKB48やさっしーを象徴していると思います。あと、映っているさっしーが全部可愛い。
指原:嬉しい! ゆきりん(柏木)もカメラが来た時にウインクしていたよね。「こういうことができるムードメーカーのゆきりんがいなくなるのは寂しいな」と一瞬思って、「あっ、卒業するのは自分だ」と気づきました(笑)。
坂口:ずらりと並んだ衣装を見て、「歴史が詰まっているな」と感じました。お花を買いに行くシーンは、そのシーンに登場しているメンバーで「指原さんにはどの花が似合うかな」と本当に考えたんです。
矢作:私はメッセージカードを書きました。
指原:カードをもらったんですけど、「11年間ありがとう」と書いてあって。萌ちゃんとは仲良くなってからまだ2ヵ月しか経っていないのに(笑)。
矢作:あと、衣装が床にも敷いてあるから、踏むことが恐ろしくて……。
指原:確かにためらったよね。
矢作:なかなか踏めなかったことが印象的です。でも指原さんの卒業シングルで初選抜になったことは、すごく嬉しいです!
指原:萌ちゃんはグイグイ来てくれるし面白すぎる、最高の後輩です(笑)。

カップリングには、指原さんの卒業ソロ曲が収録されていますね。

指原:つい口ずさんじゃうくらい、めちゃくちゃ好きな曲なんです。すごく明るい、ノリノリアイドルソングです。秋元さんから直接「普通はバラードで卒業するけど、指原はブリブリのアイドルソングで卒業したほうが面白いんじゃない?」と言われて、私もしんみりするよりは明るく終わりたいなと思いました。最初は片思いソングでしたが、私に重なる内容に詞が変わっていました。MVは、私が笑いすぎて死んじゃうという設定です(笑)。

AKB48

さらにカップリングの『坂道AKB』の曲には、坂口さんと矢作さんが参加していますね。

坂口:前作の『坂道AKB』を初めて見た時は衝撃を受けたので、入ることができて本当に嬉しいです。しかもいつもと違う人たちと会えて新鮮でしたし、不思議な感覚でした。
矢作:私は入れると思っていなかったので嬉しかったんですけど、とりあえずみんなにお土産を持って帰ろうと思い、全員と写真を撮るよう頑張りました。ただ、乃木坂46の久保史緖里さんと撮れなくて……。
指原:なんで撮れなかったの?
矢作:先に帰っちゃっていたんです。でも他の人はコンプリートしました!
指原:それはすごいよ!
矢作:MV収録は緊張する中、みくりんさん(田中美久)がムードメーカーになってくれて。
指原:美久も面白いからね。
矢作:なので、みくりんさんと一緒にいました。フックでつなげられる衣装だったので、AKB48メンバーでつないで「きゃ〜、離れられない!」とグルグル回ったりして遊んだり。
指原:そんな面白くない遊びを!?(笑)

指原さんが卒業することに関して、いかがですか?

指原:私自身は、じわじわ実感が来ている感じです。発表してから結構時間が経ったし、卒業するまではまだ時間があるので、今は自分的にもメンバーもちょっと落ちついています。
柏木:『ジワるDAYS』を卒業コンサートで披露する姿を想像したら、ちょっとグッと来ますね。もともとさっしーから卒業するつもりだと聞いていたので、来る時が来たなと思いました。楽屋でずっと一緒にしゃべっていたので、いなくなるのはやっぱり寂しいです。卒業しても楽屋に来てほしいです(笑)。
指原:なんで盛り上げるために行かなきゃいけないんだよ?!(笑)
岡田:私は指原さんの卒業シングルで、隣で歌えると思っていなかったからめちゃくちゃ嬉しくて。寂しさはあるけど、自分にとっては偉大すぎる先輩ですし、指原さんは今後も活躍するだろうから、私たちも頑張ろうと思いました。
坂口:指原さんからは学ぶことが本当に多くて、特に感じたのがMCの上手さです。
指原:やった、褒められた!(笑)
坂口:私がしゃべれなくてもフォローしてくださって、ありがたかったです。指原さんが衣装の上で寝転がるMVのシーンを見て、やっぱり寂しいなと思いました。
指原:ありがとう、嬉しいよ。
矢作:この間、国語の授業で指原さんが出てきたんですよ。
指原:えっ、本当に!? どういう状況で?
矢作:先生が「指原さんは自分のことを覚えてもらいたいから、自分を“指原”と言うんだ」って。
指原:あ、確かにそう。先生、詳しいね(笑)。
矢作:そういうところからも学ぶことが多くて、私も自分を「矢作」と言おうかな、と思いました。
指原:「萌ちゃん」って言うじゃん!(笑)

AKB48

ネットショッピングの経験はありますか?

指原:めちゃめちゃあります! この間、楽天でカニを買いました。カニをしたかったんですけど、どこで売っているのかわからなくて……。近くのスーパーにはないから、困っていたんです。それで「食べ物と言えば楽天だ!」と調べてみたら、すぐにお店が出てきたので買えました。

ネットショッピングがあってよかった、と思う瞬間は?

指原:重たい物を買いたい時ですね。私、溜め込みグセがあるんです。トイレットペーパーが家にたくさんないと不安になるタイプなのですが、ネットショッピングだと大量に買っても家まで運んでくれるので助かります。

最後に指原さん、このページを見ているファンの方へメッセージをお願いします!

指原:11年間、応援ありがとうございました。楽天で売っているカニは本当においしいので、ぜひ食べてください!(笑)

指原さんの愛用品や、オススメのアイテムはありますか?

カニ

カニ
楽天でカニを売っているお店を調べたら、「カニと言えばここ!」みたいなショップが出てきたので、そこで買いました。後輩や友達と一緒にカニ鍋をしたのですが、マジでおいしかったです! 一級品が素早く家まで届くのは、嬉しいですね。(指原)

とり天の素

とり天の素
たまに買って、親が家に来てくれた時に作ってもらっています。楽天さんは、地元の人たちが力を入れているものがスーパーよりもよくわかるので、安心です。 (指原)

コンフォートリップオイル(クラランス)

コンフォートリップオイル(クラランス)
とにかく、潤います。乾燥しないのに色がつくのでメンバーにお勧めしていますし、後輩にプレゼントもよくしています。(指原)

『1830m』(AKB48/キングレコード)

『1830m』(AKB48/キングレコード)
今でもたまに聴いては、懐かしさを感じています。特に思い入れのある曲は『アボガドじゃね〜し…』。まゆゆ(渡辺麻友)と2人で歌った曲で、「アボガドじゃないですよ、アボカドですよ」という内容なんですけど、初めて歌詞を見た時は「秋元さん、疲れているのかな」と思いました(笑)。(指原)

AKB48

AKB48(えーけーびーふぉーてぃーえいと)
(左から坂口渚沙さん、柏木由紀さん、指原莉乃さん、岡田奈々さん、矢作萌夏さん)

2005年、活動開始。
AKB48とは・・・
作詞家・秋元康が総合プロデューサーを務める。2005年12月より活動開始のアイドルグループ。コンセプトは「会いに行けるアイドル」。
AKB48プロジェクトのユニークな点は、アイドルが成長していく過程をファンが共有できること。 東京・秋葉原に彼女たち専用の「AKB48 劇場(シアター)」をもち、日々、歌とダンスを中心とした公演を行う。
メンバーはすべて全国各地からの応募によるオーディションにより選出され、現在5つのチーム( チームA、K、B、4、8) と研究生で構成されている。
姉妹グループは現在、日本国内では、名古屋にはSKE48・大阪にNMB48・博多にHKT48、新潟にNGT48、そして2017年には瀬戸内7 県を拠点とするSTU48が誕生。海外はジャカルタにJKT48、マニラにMNL48など、その他アジアを中心に多くのグループが誕生。
シングルCD リリース時には日本の姉妹グループを含む全メンバーの中から選定される「選抜メンバー」が表題曲を歌唱。
AKB48はこれまでに、ニューヨーク、ロサンゼルス、カンヌ、パリ、モスクワ、マカオ、韓国、台湾など海外のさまざまな場所でコンサートを実施した。
リリースされる新曲は35作連続ミリオンセラーを達成し続けており、日本を代表するアイドルグループとして、テレビ、ラジオ、雑誌と多方面の媒体にレギュラーを持つなど、劇場公演をベースにしつつ、その活躍の場は多岐に亘っている。

指原莉乃(さしはら・りの) 1992年生まれ。
柏木由紀(かしわぎ・ゆき) 1991年生まれ。
岡田奈々(おかだ・なな) 1997年生まれ。
坂口渚沙(さかぐち・なぎさ) 2000年生まれ。
矢作萌夏(やはぎ・もえか) 2002年生まれ。

私のオススメ

カニ

カニ
楽天でカニを売っているお店を調べたら、「カニと言えばここ!」みたいなショップが出てきたので、 そこで買いました。後輩や友達と一緒にカニ鍋をしたのですが、マジでおいしかったです! 一級品が素早く家まで届くのは、嬉しいですね。(指原)
▼詳しく読む

アイテムをCHECK

とり天の素

とり天の素
たまに買って、親が家に来てくれた時に作ってもらっています。楽天さんは、 地元の人たちが力を入れているものがスーパーよりもよくわかるので、安心です。 (指原)
▼詳しく読む

アイテムをCHECK

コンフォートリップオイル(クラランス)

コンフォートリップオイル(クラランス)
とにかく、潤います。
乾燥しないのに色がつくのでメンバーにお勧めしていますし、後輩にプレゼントもよくしています。(指原)

▼詳しく読む

アイテムをCHECK

1830m

『1830m』(AKB48/キングレコード)
今でもたまに聴いては、懐かしさを感じています。特に思い入れのある曲は『アボガドじゃね〜し…』。
まゆゆ(渡辺麻友)と2人で歌った曲で、「アボガドじゃないですよ、アボカドですよ」という内容なんですけど、初めて歌詞を見た時は「秋元さん、疲れているのかな」と思いました(笑)。(指原)

▼詳しく読む

アイテムをCHECK

もっと見る