全てのジャンル

楽天市場ヒット番付2018

2018年の流行やトレンドを東西に分けて、番付形式で一挙に大公開!
ネット購買データから読み取れる今年のトレンドとは?
2019年の流行を予測した「期待株」にも注目!

  • スポーツ特需
  • キャッシュレス化需要
  • クリア系グッズ
  • 男の家時短
  • ライフシフト消費
  • 元年消費
  • 懐古消費
  • 猛暑特需
  • 刺激系グルメ
  • 女の時産
  • eスポーツ需要
  • 増税駆け込み需要

平成最後 「平成」のトレンドを懐かしむ「懐古消費」が活発化!テニス、サッカー、野球…日本人選手の世界の大活躍で加速する「スポーツ特需」!

日本人アスリートが火をつけた「スポーツ特需」と、80年代・90年代の懐かしいアイテムが注目された「懐古消費」が東西両横綱に君臨。「猛暑」や「キャッシュレス」といった今年らしい消費動向も上位にランクイン。
2019年の期待株には、5月に施行される改元や、10月に施行される「消費増税」に絡んだ動きが見逃せない。

懐古消費

今上天皇の生前退位が予定される2019年を控えて、「平成最後の○○」というキーワードであふれた2018年。過ぎ去った平成の30年間を懐かしむように、「パラパラ」「90年代ファッション」「タピオカ」など、一世を風靡した数々のブームが再燃した。多くのブランドから登場した復刻商品も人気を集めた。

猛暑特需

驚異的な猛暑に見舞われた2018年の日本列島。全国各地で猛暑日(※)の日数が過去最高となり、東京都内でも観測史上初の40℃超えを記録した。その影響を受け、暑さを凌ぎやすくするアイテムに注目が集まった。晴雨兼用傘、空調服、ネッククーラーなど、猛暑対策グッズは今も進化を続けている。
(※)最高気温が35℃以上の日

刺激系グルメ

舌が痺れる強烈な辛さが病みつきになる「花椒(ホワジャオ)」等を積極的に取り入れる「麻(マー)活」が注目を集めるなど、今年は刺激の強いグルメを好む傾向が顕著に。単なる甘さではなくチョコミント風味のスイーツが好まれたり、アルコール度数の高いチューハイやハイボールが伸びているのも、その表れと言えるだろう。

女の時産

忙しい毎日の中で、少しでも時間の余裕を持ちたい女性たちに広がっているのが、「時短」を進化させた「時産(じさん)」の考え方。一つひとつのタスクで時間短縮を図ることで、タスクとタスクの間に新しい時間を産み出す。時間がかかる家事の筆頭である料理でも、最新の調理器具や便利食品を駆使している。正に「塵も積もれば山となる」だ。

eスポーツ需要

腕に覚えのあるプレイヤーたちがコンピュータゲームでしのぎを削る「エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)」。スポーツ、格闘、パズル、FSP(※)など多彩なゲームで、賞金総額億超えの国際大会も開催され注目は高まるばかり。ライバルを打ち負かすための、高機能なキーボードやマウスは必需品だ。
(※)第一者視点で行動するアクション

増税駆け込み需要

家計への影響が顕著な消費税率アップ。5%、8%と税率が改定されるたびに、”駆け込み消費行動”がみられてきた。自動車から耐久消費財まで、幅広いカテゴリーの商品が対象となってきたが、2019年10月に10%に引き上げられる消費税は、生活必需品や家電などの高額商品に影響を与えそうだ。

スポーツ特需

過去最多13個のメダルを獲得した世界的スポーツ大会、日本代表のベスト16進出に湧いた国際サッカー大会、100回記念大会で将来のスターが躍動した全国高校野球選手権大会など、2018年はスポーツ界が熱かった。その影響で、自宅テレビ観戦を充実させる商品や、ロシアの女子フィギュア選手効果で注目された秋田犬グッズが人気を集めた。

キャッシュレス化需要

世界的に進む急速なキャッシュレス化の波。欧米各国に比べて普及が遅れていると言われていた日本でも、社会インフラが整備され、小銭はもちろん、財布自体も携帯しないライフスタイルが徐々に広まりつつある。クレジットカードだけを収納するケースや、従来のものより小さいサイズの財布が、大きな伸びを見せている。

クリア系グッズ

ここ数年、SNSで自分を表現する効果的なアイテムとして、他と一線を画す「クリア(透明)系アイテム」に注目が集まっている。透明な傘はコーディネートの邪魔になりにくく、透明なバッグは自慢の品々を見せるショーケースとして機能する。クリア系の流行は飲料にも波及。「見た目はクリアで味はしっかり」というギャップにファンが急増した。

男の家時短

「働き方改革」が推進され、男性の家事参加は当たり前となった。「家事メン」「家事男(かじお)」というキーワードも頻繁に目にするが、家事に不慣れな男性も存在する。そんな男性の強い味方が、家事の手間を減らしてくれる「家時短アイテム」。機能とデザインを両立させた凝った一品は、男性ならではのこだわりも満たしてくれる。

ライフシフト消費

満員電車で朝早くに出社し、夜も終電間際に帰宅する。そんな働き方は過去のものになりつつある。仕事もプライベートも、どちらも同じように大切にする生き方が主流となる今、「自宅で過ごす時間を充実した有意義なものにしよう」というのは当然の考え方。資格取得の勉強ができるのも、趣味に没頭できるのも、ライフシフトの賜物だ。

元年消費

2019年は、今上天皇退位にともなう「改元」の年。「新元号元年」となる2019年は日本全体を包むお祝いムードが盛り上がると期待される。結婚や出産など幸せなライフイベントへの機会感から、「楽天市場」でも結婚式のドレスやおむつケーキなど結婚や出産に関連する商品の検索数が伸びている。

ジャンル賞

各ジャンルの1位を一気に斜め読み!

特別賞

検索ワードやいいね数から2018年のトレンドを紐解く!

  • 楽天市場ヒット番付2018

平成30年間の振り返り

もう少しで平成が終わります。
みなさんは平成をどのように過ごしましたか?
想い出と共に平成を振り返りましょう。

今すぐチェック
【楽天市場】楽天年間ランキング2018|楽天市場ヒット番付2018
社会的責任[CSR]